遺品・生前整理コラム

遺品整理のコツを解説!ポイントは買取を賢く活用する事

「買取」を賢く利用!遺品整理のコツ紹介

家具から電化製品、アクセサリーや宝石、本や雑誌、パソコン類、アンティーク、農具や工具まで遺品整理と一言に言っても整理するものはたくさんあります。

生前にある程度片付けていたり、もともと遺品が少ない場合は整理するのも楽ですが、そうでない場合も多いですよね。

突然他界してしまった場合は生活感もそのままに、一気に片付けるものが増えてしまいます。

悲しく沈んでいるかもしれませんが、新しく気持ちを切り替えるためにも遺品を整理することは良い事だと思います。

ですが、いざ遺品整理するとなると何から手をつけて良いか分からなくなる方も多いと思います。故人の思い出が詰まったものはなるべく処分したくないし、かといって自分でも使わない不要な遺品もたくさんある・・・捨てる事自体は簡単ですが、遺品となるとそう簡単にはいきませんよね。

今回スポットを当てたいのは遺品整理のコツです。整理するだけなのにコツなんてあるの?と思う方もいると思いますが、賢く無駄なく整理していく事によってスムーズに片付けができるのと同時に、今の生活の足しにすることができます。

遺品整理のコツ3条

遺品整理のコツ3条

「遺品」は故人が生前使っていたもの、縁のあるものなので簡単に捨てる事なんてできませんよね。

かといって整理しないままでいるのも何だか良くない気がする・・・とっておくスペースなどが無い場合や、そのまま引き受けて使わない場合は不要になる事も多いので、思い切って重い腰を上げてみるのも良いかもしれませんね。

遺品を眺めて懐かしみながらゆっくりと遺品整理していけるのが理想ですが、心に余裕が無い時などは部屋にすら入れなくなります。

放っておいてもいつかは整理しなければいけない日がやってきます。

故人を思って捨てる、という考えも間違ってはいません。

思い出を形で残しておくか、気持ちで残しておくかは本人の考え次第なので、遺品整理に踏み切ったのであれば、きちんと最後まで片づけできるよう意識してみると良いでしょう。

初めての方向けの意味も含めて遺品整理のコツ3条をお教えします。

コツその1「気持ちを切り替える」

コツその1「気持ちを切り替える」

一番簡単そうで難しいのが気持ちを切り替える事。

部屋や家に入る前まではやる気があったのに、遺品を見た途端に悲しい気持ちになって作業する事ができなくなったなんて事もよくあります。

そんな時は無理に整理せず、落ち着いて時間をかけてから気持ちを切り替えて行うようにしましょう。

見るだけ触るだけでも心が傷むのに捨てるなんてできないかもしれませんが、お部屋の空気の入れ替えのように気持ちを切り替える事ができればポジティブに考える事ができ、整理もはかどるようになるかと思います。

考え方を変えるのも良いかもしれません。

故人が大切にしていた遺品でも、残しておかないとと思っているのはあなた自身だけかもしれません。

もしかしたら故人の方は思い出だけで十分だと思っているかもしれない、遺族が元気で生活できるよう売って少しでも足しにして欲しいと思ってるかもしれないと考えると少し楽な気持ちで買取をお願いできるのではないでしょうか?

遺品整理の日程を組むより先にまずは「気持ちの切り替え」!これが1つ目のコツとなります。

コツその2「中途半端な仕分けはしない」

コツその2「中途半端な仕分けはしない」

気持ちを切り替える事ができれば、悲しみの気持ちに押しつぶされる事なく落ち着いた目線で遺品を仕分けることができます。

仕分けの際に重要となるのが「本当に残しておきたいものだけ残しておく」という事。

思い出に残しておきたい《かもしれない》、故人が大切にしていたもの《かもしれない》という中途半端な基準で仕分けしたものはその後不要になる可能性も高いので、思い切って処分する方に仕分けて行くと良いかと思います。

本当に大切にしていた遺品は一緒に生活していた人なら大体分かっているので、数個程度だけ残して後は処分・買取に回すという方も少なくありません。

せっかく気持ちを切り替えても仕分けが上手くできなければ遺品整理する意味が無いですよね。整理してスッキリしたいのであれば中途半端な仕分けはしないようにしましょう。

どちらか分からない遺品は処分の方へ!

コツその3「業者(第三者)に依頼する」

コツその3「業者(第三者)に依頼する」

気持ちの切り替えも仕分けもできないという方は無理に自分で整理せず、第三者である業者にすべて任せるのもスムーズに遺品整理するコツになります。

持っていて辛い気持ちになるような遺品は残しておいてもしょうがないですし、捨てる行動自体ができないという場合も自分が見ていない間に誰かに処分してもらえば気が楽になりますよね。

無くなってしまえば見る事も触る事もなくなるので、辛い気持ちが軽減される事もあるんです。

先ほども言いましたが、全ての故人が遺品を残しておいて欲しいとは思っていないと思うので、気持ちだけ残して後はさっぱり片付けるのも悪くないのではないでしょうか。

遺品整理を依頼できる業者の数は多くはありませんが、ネットの専門業者だと幅広いエリアの出張遺品買取整理に対応しており、遺品整理からクリーニング、そして買取まで一連の流れを行ってくれる場合がほとんどなので便利だと、現在利用する方が増えてきています。

まとめ

遺品整理のコツ3条のまとめ

今回は遺品整理の際のコツや、買取事業者の有効活用についてご紹介していきましたが如何でしたでしょうか?

遺品整理のコツは気持ちの切り替えと仕分け、そして「買取依頼」です。ぜひ参考にしてみてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!