遺品・生前整理コラム

遺品を片付ける時期はいつから?遺品片付けの際のチェックポイント

遺品を片付ける時の必須ポイントは何?

遺品整理は遺族の大切な仕事です。

大切な方が使っていたものを捨てるのは辛いかもしれませんが、ものによって劣化してしまうので早目に片付けるのが理想的です。

しかし、遺品整理をする機会はそんなに多くないので片付けの方法が詳しく分からないかもしれません。

そこで今回は片付けの流れ、片付けを始める時期、さらに処分方法についてまとめていきますのでぜひ参考にしてください。

遺品整理の流れ

遺品整理の流れ

遺品整理を始める前に必ず遺言書を探しましょう。

遺言書には整理の仕方や遺品の相続の方法について書かれている場合があるので、それに沿って片付けを進める必要があります。

その次は遺品の仕分けです。

そのままの状態で残すもの、売るもの、処分するものとそれぞれの片付け方を決めていきます。

分け方が決まったら実際に処分していきます。

片付けを始める時期

片付けを始める時期

気持ちが落ち着いてから

亡くなってからすぐに遺品を整理するのは故人を思い出して辛くなるので難しいと思います。

そのため遺品整理はご自身の気持ちが落ち着いてからするのが理想的です。

亡くなった直後はお葬式や諸手続きに追われるので、なかなかゆっくりする機会もありませんので、やるべきことを終えたあとで時間が経ってから始めましょう。

目安は四十九日

遺品整理の時期として多いのが四十九日です。

親戚が集まるので、形見分けもしやすく、遺言書も全員で確認出来るのでこのタイミングが望ましいのです。

四十九日でなくてもみんなが集まれる機会があればもちろんそれでも構いません。

賃貸ならば急がなければいけない場合も

故人の家が賃貸の場合は契約内容によっては早目に家をあけなければいけない場合があります。

ただし契約内容は住んでいた本人でなければ分からないことがほとんどだと思いますので、まずは大家さんや管理会社に聞いてみるのがいいでしょう。

遺品を置いたままにしていると家賃もそれだけかかるので様々な条件を踏まえたうえで適切な時期に行いましょう。

相続税の申告を加味する

故人の遺産を相続する場合は相続税の申告が必要になります。

現金、有価証券などは相続できるものなので、早目にどれくらいの遺産があるかを把握しなければなりません。

決められた期間を過ぎて申告すれば加算税も発生します。

相続に必要な書類の準備も想像以上にかかるので、申告の時期を把握した上で片付けに取り掛かる日を決めましょう。

遺品を片付ける際のポイント

遺品を片付ける際のポイント

生前から少しずつ片付けておく

故人が亡くなってから片付けるとなると、物の量も多いですし、どう処分したらいいかも分からず困ることが多いです。

そのため生前から少しずつ片付けておくのがおすすめです。

もう使わないものは処分してもいいですし、価値が高いものを予め聞いておくことも出来ます。

本人が納得出来るよう、一緒に片付けをするのが1番望ましいですね。

出来るだけ相続人みんなで行う

遺品整理では相続が関わってくるので、相続人は出来るだけ片付けに参加した方が良いでしょう。

遺産をどう分けるかを全員で話し合っておけばあとからトラブルを防ぐことが出来ます。

遺産をめぐるトラブルはかなり多く、長期化する恐れもあり、さらには親戚間で関係に亀裂が入ることもあります。

そうなれば故人も悲しい思いをするでしょうから、全員が納得するように整理しましょう。

スケジュールを決める

遺品整理をする際は予めいつ片付けを始めるかを考えておきましょう。

先ほど挙げたように賃貸に住んでいる場合は早目に退去する必要があるかもしれませんし、相続税の申告のために遺産を早目に把握する必要があります。

そうした様々な条件をまずはリストアップし、他の相続人との調整もしながら適切な時期を決めましょう。

遺品の処分方法

遺品の処分方法

遺族だけで行う

遺品整理を行える親戚が多い場合は遺族だけで行うことも可能です。

遺産をみんなで把握出来るというメリットがあります。

形見分けについても話し合える良い機会になります。

ただしどうしても都合があるのでそれだけの人数が集まることはなかなか難しいでしょうし、どれだけ人数がいても大型の家具や家電を処分するのが難しいというデメリットがあります。

誰が片付けを手伝ったか、誰が1度も関わらなかったかという点で親族間にモヤモヤが残ってしまう可能性もあります。

遺品整理業者に依頼する

最も一般的なのは遺品整理業者に依頼することです。

家が広い場合でも業者に任せることで手間がかかりません。

取っておかなければならないものや残すものを予め決めておいたほうがいいですが、もしも整理中に現金や貴重品が見つかっても教えてもらえます。

中には質が悪い業者もいるので、評判を見て様々な会社を比較しながら良い遺品整理業者にお願いしましょう。

まとめ

まとめ

遺品の片付けでは遺言書を参考にしながら残すものや処分するものを決めていきます。

片付けを始める時期は一軒家であれば気持ちが落ち着いてから、または親戚が集まる四十九日が望ましいでしょう。

賃貸の場合は契約内容によっては早く退出する必要があるので大家さんや管理会社に尋ねましょう。

整理はもちろん自分ですることも出来ますが、処分するものが多くて大変な場合がほとんどなので遺品整理業者に任せるのが一般的です。

まずはお近くの業者に見積りを依頼してみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!