遺品・生前整理コラム

遺品整理を始める最適なタイミングはいつから?おすすめなタイミングについて

遺品整理を始める最適なタイミングはいつから?

家族、親族、大切な方が亡くなったあと、いつまでも悲しみに明け暮れているわけにはいきません。

相続税の問題や賃貸契約の期限などがあり、遺品整理に早く取り掛からなければならないということもあるでしょう。

遺品整理はいつから始めるのがベストかについてご紹介いたします。

遺品整理はいつから行う?

遺品整理はいつから行う?

遺品整理を行うタイミングはそれぞれですが、ある程度の目安がなければいつまでも放置してしまいます。

遺品整理に伴う手続きなどを予め知っておくことで、余裕を持った行動ができるようにしましょう。

遺品整理を始める一般的な時期をいくつかご紹介いたします。

四十九日のころ

故人の気持ちを優先したいという方は、四十九日を過ぎたころから遺品整理を始めるケースが多いようです。

四十九日は仏教で使用されている言葉で、聞いたことがあるという方がほとんどですね。

人の魂は四十九日の間、現世をさまよい、その後成仏するという考え方です。

故人の魂があの世へ旅立ってから遺品整理を始めるという考えが広く浸透しています。

四十九日には親族が多く集まり故人を偲ぶので、このタイミングで親族で形見分けを行い、遺産の相談を行うという方も多いです。

様々な手続きを済ませた後

人が亡くなった後に様々な手続きが必要になってきます。

死亡届だけでなく、その人が住んでいた家の電気、水道、ガス、年金、保険金など、様々な手続きを行わなければなりません。

このバタバタしている間に遺品整理を同時に進めるのは非常に難しく、そこまで頭が回らないという方がほとんどでしょう。

これらの手続きを済ませてから、ゆっくりと遺品整理を始めるという方も多いようです。

葬儀のあと

葬儀の前後は非常に慌ただしい日が続きます。

葬儀や手続きが終わると一息ついて、すぐに遺品整理に取り掛かるという方もいます。

故人が地方に住んでいた場合は、自分と離れて住んでいた場合は何度も訪れられない場合があります。

そのような場合、何度も訪れられないので、葬儀の後に時間を確保して一気に終わらせる方もいます。

相続税の支払いに間に合わせるタイミング

相続する遺産には税金がかかります。

故人の財産が相続税の課税対象になっていた場合、申告書を作成して税務署に届ける必要があります。

この相続税の申告書は、非相続人が亡くなってから10ヶ月以内と期限が決められています。

この期限をすぎると滞納税を支払うことになります。

相続税を算出するには遺品整理を行い、どれくらいの遺産があるのかを確認する必要があります。

そのため、遅くとも10ヶ月以内には遺産整理を行わなければなりません。

親族との遺産の分割などを考えるともっと早く済ませておく必要があるでしょう。

ゆっくり遺品整理をしたいという方でも、相続税のことを考えて前もってスケジュールを立てておく必要があります。

賃貸契約が切れる前

故人が賃貸に住んでいた場合は、賃貸契約を確認しておかなければなりません。

翌月の家賃が発生する前や更新料が発生する前に遺品整理を済ませ、賃貸物件を明け渡せば無駄な出費が抑えられます。

市営や県営の住宅に住んでいた場合は14日以内に退去しなければ延滞費用がかかってしまうというケースもあります。

無駄な出費を避けるためにも、この契約期間内に遺品整理は済ませましょう。

遺品整理はいつから始めるのがおすすめ?

遺品整理はいつから始めるのがおすすめ?

遺品整理を始めるタイミングは人それぞれで、一概にこの時期に始めなければならない!という決まりはありません。

亡くなってからすぐに遺品整理を開始するのはスムーズですが、まだ精神的に辛いということもあるでしょう。

冷静な判断ができず、なかなか物を捨てられないという方も多いです。

故人への気持ちに整理がついたタイミングで遺品整理を開始することで、客観的に何が必要で何が不要なのかを判断していくことができます。

しかし、長くそのまま放置しておくと片付けるのが面倒になってしまうので要注意。

部屋の状態も悪くなり、ごみ、ほこりなどが溜まってますます整理が大変になってしまいます。

自分の気持ちを優先しつつも、ある程度のざっくりとした予定は考えておくようにしましょう。

余裕をもって「月末までには終わらせる」といった計画を親族と共有しておくといいですね。

遺品整理業者に依頼する前に

遺品整理業者に依頼する前に

相続税や賃貸契約の期限までに自分で遺品整理を終わらせることができないケースもあるでしょう。

そんなときに便利なのが遺品整理業者です。

遺品整理業者に依頼すれば、素人なら数日かかる作業も短時間で済ますことができます。

中には遺産に関する相談に乗ってくれる業者もあるので、わからないことが多いという方はぜひ利用してみるようにしてください。

しかし、このような遺品整理業者を利用する際には、事前にいくつかの項目を確認しておく必要があります。

まずは、決められた期限までにすべての工程を済ませてくれるかという点です。

地方には遺品整理業者の数は少ないので、前もって予約をするようにしましょう。

また、遺品整理業者にどこからどこまでを手伝ってもらいたいのかも決めておきましょう。

すべて丸なげすることも可能ですが、中には自分で整理したい部分もあるでしょう。

また、ある程度片付いている状態から整理してもらう方が、費用も安くなります。

自分のニーズに合った遺品整理業者を呼べるように、前もって何が必要なのかをしっかり把握しておかなければなりません。

まとめ

遺品整理のタイミングを考えよう

遺品整理のタイミングについてご紹介いたしました。

自分の気持ちが落ち着いてから遺品整理を行いたいところですが、契約や手続きの期間に間に合うように準備を進めていきましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!