ダイヤモンドコラム

ダイヤの価値は4Cで決まる!

ダイヤの価値は4Cで決まる!

ダイヤはアクセサリーに欠かせないものですが、価値はさまざまです。

ダイヤの価値を決める要素はカット、カラー、クラリティー、カラットの4つがあり、それぞれの頭文字をとって「4C」と呼ばれています。

この4Cについてご紹介しましょう。





ダイヤの「4C」その1:カットとは?

カットとは?

ダイヤの価値を決める4つのCの1つ目は「カット」です。

カットとは、ダイヤの形と仕上げの評価を表すもので、ダイヤのプロポーションのことです。

カットは、他の3つのCと違い、加工技術によって決まるグレードである点が特徴です。

ダイヤのカットの形状はさまざまで、グレードの高いものはエクセレント、その下はベリーグッド、グッドと続き、フェアー、プワーとグレードが下がってきます。

グレードの高いカットは、ダイヤがよく輝きます。

ダイヤは、光が入り込んで屈折することによって輝きますが、カットはこの輝きを決める重要な要素です。

カッティングの技術は日々進化していますので、一般的には昔のダイヤと今のダイヤを比較すると形状に違いがあります。

 

ダイヤの「4C」その2:カラーとは?

カラーとは?

ダイヤの価値を決める4つのCの2つ目は「カラー」です。

カラーとは、文字通りダイヤの色のグレードです。

最も無色に近いグレードがDで、EとFグレードまでが無色に区分されます。

その下はほとんど無色とされるグループで、グレードの高い順にG、H、I、Jとされています。

そして、K、L、Mになるとわずかな黄色、さらに黄色に近づくにつれてNからZまでグレードが決められています。

色が付いたダイヤを好む人もいますが、一般的には無色に近いものほどグレードが高くなります。

ただし、DとEのグレードでは素人では分からない程度の差しかなく、専門家でなければ2グレードの違いが肉眼で見分けられる限界だともいわれています。

ダイヤの「4C」その3:クラリティーとは?

クラリティーとは?

ダイヤの価値を決める4つのCの3つ目は「クラリティー」です。

クラリティーとは、インクルージョンと呼ばれる内包物などのキズがどの程度あるか、どの位置にあるかを表すものです。

磨かれたダイヤを鑑定士が10倍に拡大検査して判断します。

インクルージョンが少ないほどグレードが高いとされています。

FLグレードは10倍拡大検査で無キズ、IFグレードは微小な表面のキズがある状態を表します。

VVS、VS、SIとグレードが下がっていき、Iグレードになると肉眼で容易に見つけられるインクルージョンがあることを表します。

また、同じ大きさのインクルージョンでも、それが目立つところにあれば価値が下がることになります。

ダイヤの「4C」その4:カラットとは?

カラットとは?

ダイヤの価値を決める4つのCの最後は「カラット」です。

カラットとは、ダイヤなどの宝石の重量を表す単位です。

ダイヤは重ければ重いほど価値がありますので、カラットの数値が高いものは価値が高いことになります。

また、重量と重さは比例しますので、大きなダイヤほど価値があると理解してもよいでしょう。

ダイヤの4Cと買取価格は比例する?

ダイヤの4Cと買取価格は比例する?

ダイヤの4Cはダイヤの価値を決める重要な指標であり、「カット」「カラー」「クラリティー」「カラット」のグレードが高い程、買い取りに出した時の評価も高くなります。

加えて、大きなダイヤほど希少性が高くなりますので、大きさが倍になると価格も比例して高くなります。

4Cのグレードが高いダイヤですと使用する機会が多くない場合ですとクローゼットに眠らせてしまうというケースもあるかもしれませんね。

しかしダイヤの価値は年々高まっており、今後身につける予定がないダイヤの指輪などは、4Cのグレードが良ければ高く買い取ってもらえる可能性がありますので売却を検討してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込