• 本来であればダイヤモンドは無色透明であるほど珍重されますが、最近ではカラーダイヤも人気を集めています。どんな色でも良い訳ではなく、鮮やかで美しい色合いのものが好まれます。希少な色で発色が鮮やかなほど価値があるとされています。

                           

    価値があるのは無色透明なダイヤ

    ダイヤモンドの等級を決める4Cの1つにカラーがあります。全くの無色のダイヤモンドを最高評価のDカラーとしてEFGと続きZまで等級が分かれています。Gくらいから「ほぼ無色」とされ、徐々に黄色みが濃くなります。Zでは薄い黄色や茶色です。カラーグレードは基準となるマスターストーンを用いて評価されます。このように、ダイヤモンドは本来無色透明なものほど価値があるとされています。実際には、ほとんどのダイヤモンドに色味があるということの裏返しでもあります。

    自然が生み出す美しい色合い

    最近では無色透明なダイヤモンドだけでなく、様々な色合いのダイヤモンドが出回るようになり、今までのものでは飽き足らない愛好家たちがコレクションするようになり、その価値が再評価されています。カラーダイヤは正確にはファンシーカラー(変わり色)・ダイヤモンドと言います。普通ダイヤモンドは無色や青白色で価値が高いとされています。黄色や茶色がかるとその価値は下がります。しかし、カラーダイヤの場合は鮮やかな色調を持つほど希少で価値が高いとされます。

    カラーダイヤが生まれる訳

    同じダイヤモンドでも全く異なる色となるのはどういった仕組みなのでしょうか。色ごとにその理由は違ってきますが、窒素や水素、ホウ素などが混入することである特定の波長を吸収してしまうことがあります。また、結晶の構造の欠陥によって特定の色だけが表出したり、自然放射線にあたったりすることで結晶構造に狂いが生じ出る色もあります。カラーダイヤを購入する際に気を付けたいのが天然のものかどうかということです。ダイヤモンドは放射線で人工的に色を付けることは難しくありません。それだけに天然を証明する鑑別書が付いているものを選びましょう。

    色によって価値が違うカラーダイヤ

    具体的にどんな色があるのでしょう。レッド、ピンク、ブルー、グリーン、パープル、オレンジ、グレーなどその種類は豊富です。その価値は色によって変わります。一番珍しいのはレッドとグリーンです。色が暗く適度な彩度を持つカラーダイヤは非常に希少です。次いでオレンジ、パープル、ピンク、ブルー、バイオレットです。イエロー、ブラウン、ブラックはその石の色の出方によります。ブラックは人工的につくられた石が多いので価値は低いです。ファッションと割り切って購入するなら良いでしょう。希少で美しいブルーやグリーンのダイヤは大変高価でなかなか購入する機会に恵まれないかもしれませんが、ピンクダイヤなどは小さくても存在感があります。普通のダイヤモンドに飽きた人にはおすすめです。鑑定書が付くようなダイヤモンドとカラーダイヤは別物として考えると気軽にジュエリーを楽しむことができます。高価で良質なダイヤモンドなら子供や孫にと代々伝えていく価値があるでしょう。信頼できる団体の鑑定書付きの作りがしっかりしたものならば、代々受け継いでいくのも素敵です。カラーダイヤは財産とまでいかずに好みで普段使いできるものが使いやすいでしょう。そして、ファッションや流行に合わなくなったならば手放しましょう。出張買取で手軽に買い取ってもらえます。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報

もっとコラムをチェック

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報