ダイヤモンドコラム

ダイヤモンドの価値を決めるグレードとは?

  • ダイヤモンドは4Cと呼ばれるグレードで評価されます。4Cのグレードが満遍なく高いほど価値が高いとされています。鑑定書を失くしたけれど、自分のダイヤモンドの価値が知りたいという人もいるのではないでしょうか。ここでは、ダイヤモンドのグレードについて説明していきます。

                           

    ダイヤモンドの価値を決める4Cのグレードとは?

    4Cとは、ダイヤモンドの「カラット」「カラー」「クラリティ」「カット」の4つの評価基準のことです。4Cは国際基準で評価されるため、自分の持っているダイヤモンドは世界的に見ても同じ評価が得られるところがポイントです。一般的に、4Cすべてのグレードが高いほど価値が高くなるとされています。「カラット」は重さを表し、1カラットは0.2グラムとされます。「カラー」はダイヤモンドの色を表し、アルファベットのDからZまで等級分けされています。「クラリティ」はダイヤモンドの透明度を表し、最高品質のFL(フローレス)を含め11段階あります。「カット」は輝きを表し、職人技が決め手となります。カットの深さや直径、角度などが総合的に評価されます。最上級のカットは「エクセレント」と呼ばれ、5段階で判断されます。

    ダイヤモンドは輝きが命!重視されるカットグレード

    4Cのグレードの中で、唯一「カット」だけが人間の手によって美しさを引き出せるポイントです。カットグレードが優れているダイヤモンドほどよく輝きます。ダイヤモンドに傷があったり、内包物が目立ったりする場合は、光の屈折を邪魔してしまうこともありますが、そうでない場合は「カット」のグレードが輝きを決めるといっても良いでしょう。ダイヤモンドはたくさんの光を取り込んで7色に輝くところが魅力です。職人によって日々カッティングの技術は進化していますし、できるだけ「カット」のグレードが良いものを買い求める人が増えてきています。

    グレードとは関係ないけど蛍光性にも注目

    天然のダイヤモンドに紫外線を当てると蛍光性を発します。ダイヤモンドの4Cとは関係ありませんが、蛍光性は本物のダイヤモンドである証しとなります。「キュービックジルコニア」などの合成ダイヤモンドには紫外線での強い蛍光性がないため、天然のダイヤモンドかどうかを見分ける一つの指標として有効です。ダイヤモンドの紫外線の蛍光性も、その程度によって4段階に分類されています。ダイヤモンドは一生物で、大変人気がある宝石です。合成ダイヤモンドは見た目が本物と変わらない美しい輝きを放つので、誤って偽物を選ぶことがないように注意しましょう。

    眠っているダイヤモンドのグレードを調べるには?

    ダイヤモンドのリングやペンダントを持っているけど、身につけずに眠ったままになっている人もいるのではないでしょうか。鑑定書を失くしてしまっている場合でも、買取ショップに査定して貰うことで自分のダイヤモンドの価値を調べることが可能です。リングなどのデザインによっては、グレードを判断しにくい場合もありますが、ベテランの鑑定士が丁寧に宝石を取り外して査定してくれるところもあります。ダイヤモンドのグレードを決める4Cはもちろん、天然・合成を見極める蛍光性もチェックして貰えるでしょう。自分のダイヤモンドがどのくらいの価値になるのかを知りたい人や、ダイヤモンドを売ろうと検討している人は、買取ショップに持ち込んでみるのをおすすめします。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報