ティファニーコラム

ティファニー1837リングは中古でも人気?買取相場や高額買取のコツ

ティファニー1837リング

多くの女性の憧れジュエリーブランド、ティファニー。1837コレクションやオープンハートなど、定番コレクションも人気があります。1837リングの売却を考えているなら、少しでも高額で買取してもらいたいものですよね。

1837リングは中古市場でも需要があるのでしょうか?今回は、ティファニー1837リングの特徴や買取相場、高額買取に役立つ情報をまとめました。





ティファニー1837リングとは?

ティファニー1837リングとは?

世界五大ジュエラーのひとつに数えられる「ティファニー」。1837年に、ティファニーの創業者チャールズ・ルイス・ティファニーと友人ジョン・B・ヤングが、「ティファニー&ヤング社」を立ち上げたのが始まりです。もともとは文房具や装飾品を扱っていましたが、米国を代表するジュエリーブランドに成長しました。ティファニーが用いていたプラチナやシルバーの純度基準は、米国の公式基準として採用されています。

チャールズ・ルイス・ティファニーは、「キング オブ ダイヤモンド」と呼ばれたほどのダイヤモンドへの情熱の持ち主でした。ティファニーが生みだしてきた数々の美しいダイヤモンドは、現在でも世界中の人々を魅了しています。

1886年には、「ティファニーセッティング」と呼ばれる、ダイヤモンドを6本の小さな爪で支える、ダイヤモンドリングのデザインを開発しました。ダイヤモンドを高い位置に留めることであらゆる方向から光を取り込むことができ、ダイヤモンドがより美しく輝きます。1999年には、「ルシダ」と呼ばれる新たなダイヤモンドのカット法も発表しました。

さらに、2012年には、創業175周年を記念し、「ルべドメタル」と呼ばれる新素材を発表しました。ローズピンクのヌーディなカラーは、肌にさりげなくなじみ、多くの女性たちを魅了しています。ティファニーのクラフトマンシップと斬新で美しいデザイン、輝くダイヤモンドやジェムストーンは、多くの人たちに愛されてきたゆえんでしょう。

1837リングの買取相場

そんなティファニーの美しいコレクションの中でも、スタンダードな人気を誇るのが「1837」コレクションです。1997年に、創業160周年を記念して発売されたコレクションで、ネックレスやリング、ブレスレットやピアスなどがあります。滑らかなフォルムや、ブランド名「T&Co」と創業年「1837」の刻印が特徴です。限定版には、創業者チャールズ・ルイス・ティファニーの署名が刻まれています。

素材は、スターリングシルバーから、チタンやルべドメタル、プラチナやゴールドまであり、バリエーションが豊かです。ダイヤモンドやサファイヤがついたデザインのリングもあります。スターリングシルバーとは、銀の含有率が92.5%のシルバーのことで、「925」とも呼ばれます。高品質シルバーであることの証です。ゴールドは18K(750)で、ホワイトゴールドやローズゴールドなど、色味によって印象がかわります。

シンプルながらアイコニックなデザインは、年齢や流行を問わず身に着けられ、どんなファッションにも合わせやすいのが魅力です。ティファニーは多くの女性の憧れの的ですが、1837リングには比較的安価なシルバー素材のタイプがあるため、ファーストティファニーとして選ばれることも多いでしょう。チタンのブラックは男性にも人気があります。また、1837リングのデザインは男性でもつけやすいため、ペアリングとして選ばれることも多いでしょう。特に、高級素材の指輪は、結婚指輪としても選ばれます。

インターロッキングサークルリングは、2つのリングがつながったデザインの指輪です。2つのリングがクロスしているため、華奢な印象を演出できます。2つともスターリングシルバーのデザインや、シルバーとルべドメタルの組み合わせ、シルバーとイエローゴールドの組み合わせなどが人気です。4mmのナローリングや7mmのミディアム、12mmのワイドなどがあり、太さによって印象も大きく変わります。2つのリングがつながっていることから、「強く結ばれた愛」や「2人の愛の証」という意味で、贈り物にも向いているでしょう。

1837リングの買取相場はどれくらい?

1837リングの買取相場

ティファニーの指輪は、中古市場でも比較的高額で取引されています。ティファニーというブランドとしての信用度、使用されている素材の質の高さ、流行や年齢に左右されないデザインなどが人気の理由でしょう。

特に、1837など定番の人気コレクションは、安定した需要があります。急激に相場が下落する可能性が少なく、比較的高額査定が出やすいでしょう。未使用品なら定価の20%~40%ほど、中古品(美品)なら定価の10%~30%ほどが買取相場です。ゴールドやプラチナなどの高級素材が使われている1837リングは、定価の40%~50%ほどの値段がつく場合もあります。

大きな傷がついていたり欠けていたりして、デザインに価値がつかない場合は、指輪として再販するのではなく、地金として再利用することになるでしょう。ブランドとしての価値は付加されません。

リングの種類と買取相場を下の表にまとめましたので、ご覧ください。

リングの種類 買取相場
ゴールドリング ~30,000円
スターリングシルバーリング ~4,000円
ルべドメタルリング ~10,000円
チタンリング ~6,000円

ティファニー1837リングを少しでも高く売るために

ティファニー1837リングを少しでも高く売るために

指輪の買取査定額には、地金や宝石の価値、デザインやブランド、需要と在庫状況が影響します。人気モデルや人気素材、需要が多いサイズのリングは、高額査定が出やすいでしょう。

ゴールドやプラチナのリングは、貴金属の純度と重さが査定額を大きく左右します。ダイヤモンドがついている場合は、ダイヤモンドのグレードによって査定額がかわるでしょう。カラーストーンは、流行色によって査定額がかわる場合があります。

ティファニーで使用されている貴金属は、高品質が保証されており、高額査定を見込めます。しかし、ゴールドやプラチナの相場は日々変動するため、こまめにチェックしておくとよいでしょう。金やプラチナの価格が高騰しているときは、高額買取のチャンスです。新品や美しい状態の指輪は、高額で買取してもらえます。使用していない1837リングがあるなら、早めに査定に出しましょう。

高額買取を狙うなら、日頃から指輪をきれいにしておくことも大切です。ティファニーのお店のクリーニングを利用するのもよいでしょう。

ティファニー製品を購入した人だけが手に入れられる、特別な「ティファニーブルーボックス」も、高額査定には欠かせません。ティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーは、「こまどり」のたまごの色に由来しています。古くから、こまどりのたまごの青色は、大切なものの象徴、真実さや高潔さの象徴として好まれてきました。箱や袋などの付属品、ギャランティーカードもしっかりそろえておきましょう。

また買取業者をよく選ぶことも大切です。買取実績が豊富な業者か、特に、ティファニーの買取実績が豊富かを確認してください。再販ルートがある業者は、高額買取してくれる可能性が高くなります。少なくとも2社~3社の査定額を比較してみてください。貴金属の相場価格に加え、ブランドとしての価値や宝石の価値もしっかり評価されているかを確認しましょう。

前もって、売却したい商品の買取相場を知っておくことも必要です。インターネットなどで、同じ素材・モデルの指輪の買取実績を調べてみましょう。通販サイトやネットオークションなどで、中古品の販売価格を調べるのもよい方法です。買取も行っている業者なら、買取相場は、販売価格の50%ほどとして考えるとよいでしょう。

まとめ

まとめ

人気ジュエリーブランド「ティファニー」の「1837」は、定番で人気のあるコレクションです。素材やサイズ、カラーが豊富で、さまざまな年齢層の人に、さまざまなシーンで選ばれています。中古市場でも安定した需要があり、特に高級素材のリングは高額査定になりやすいでしょう。買取相場をしっかり把握し、高額買取を狙ってみるのはいかがですか?

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!