ルイヴィトンコラム

ルイヴィトン・タバコケース(エテュイシガレット)の買取相場の目安とは?

ルイヴィトン・エテュイシガレット・モノグラム
ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) エテュイシガレット “モノグラム” M63024

タバコ愛好家の方の多くが使っているタバコケースですが、世界的な高級ブランドとしても人気のルイヴィトン(LOUIS VUITTON)からも販売されています。

タバコを吸われる方で、「ルイヴィトンのタバコケースを持っている」といった方も多いのではないでしょうか。

ルイヴィトンのタバコケースを売却をお考えの方へ、買取相場の目安や高く売るコツをご紹介していきます。





ルイヴィトン・タバコケースについて

ルイヴィトン・エテュイシガレット・ダミエ・エベヌ
ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) エテュイシガレット “ダミエ・エベヌ” M63024

喫煙者の方で煙草を持ち歩いている時に、ふとした瞬間に「パッケージが潰れてしまい、鞄やポケットに葉が散らばってしまった」なんて経験はないでしょうか。

タバコが潰れて葉っぱがバッグやポケットの中に散らかると、掃除がすごく大変ですよね。

そのようなことを防止するためにあるのがタバコケースです。

タバコケースはグッチやシャネルなど多くのブランドから販売されていますが、ルイヴィトンからも「エテュイシガレット」というモデル名で、レギュラーアイテムの一つとして展開されています。

ルイヴィトンのタバコケースはグッチやシャネルといった他のブランドと比べても、基本的に細身でコンパクトな仕様になっており、持ち運びやすく人気があります。

他の理由として、世界的な有名ブランドであるルイヴィトンのタバコケースを持つことはステータスと考える人も多く、またルイヴィトンのタバコケースの大半にブランドを代表する柄である「ダミエ」や「モノグラム」が使われており、ブランドをアピールしたいユーザーに選ばれています。

ルイヴィトン・タバコケースにはコピーも多い?正規品の見分け方

ルイヴィトン・タバコケースの見分け方

世界的にも高級ブランドとして人気があり、世界中に多くのファンを持っているルイヴィトンですが、需要が高い分コピー品も多く流通しており、中には一見見ただけでは分からないほど精巧なものまであります。

また、ルイヴィトンのアイテムは高額なものが多く、またブランドの方針でセールやアウトレット展開も行っていません。

そういった背景もあり、世の中には並行輸入品や海外正規品と謳い、定価よりも安い商品がたくさん売られており、その大半がコピー品と言えます。

実物が手に取れないショッピングサイトでは、精巧なコピー品に騙されてしまう人も大勢いるのが現状です。

では、コピー品に騙されないために、簡単に見分けられるコピー品の多くに見られる特徴をご紹介していきます。

ルイヴィトン・タバコケースのコピー品の特徴

縫製が荒い

縫製の間隔や糸の太さがバラバラであるもの、縫い方が汚いのはもちろんですが、カット部分の処理が雑でほつれているものも多いです。

コバの塗り方が雑

コバとは革製品の端っこ(切れ端・切り口)の部分のことで、そのコバ部分にニスなどでコーティングすることをコバ塗と言います。

コピー品には正規品と比べてコバの塗りがぶ厚かったり、塗り方にムラがあるものが多く、不自然なテカりがあるものは基本的にコピー品の可能性が高いです。

これはコーティング方法や素材が正規品とは異なっているためです。

ビニールの匂いがする

本物のルイヴィトンの製品であれば、本革に塩化ビニールコーティングがされているもので、嗅いでみると革の匂いがします。

しかし、コピー品の場合は安価なビニールコーティング生地が多く、ビニールの匂いが主で革の匂いがしないことが多いです。

ルイヴィトン・タバコケースの本物とコピーの見分け方

シリアルナンバーを確認しましょう

基本的に刻印の構成は「製造国を表すアルファベット2文字+製造年月を表す4桁の数字」のため、それ以外の法則を持ったシリアルナンバーらしきものが打たれていた場合、コピー品であると言えます。

ブランドロゴの刻印を確認しましょう

ブランドロゴの刻印のされ方やフォントの種類、傾きなどが雑に作られているモノは偽物の可能性が非常に高く、「LOUIS VUITTON」というフォントの「O」の部分が丸に近い形ものが正規の刻印で、コピー品の多くが「0」といった細いフォントのものになります。

縫製の状態を確認しましょう

本物のルイヴィトンの製品は「黄色の糸」を使い、やや斜めにに右肩上がりで縫製されていますので、使っている糸の色が違うのはもちろんですが、縫い目が荒いものやほつれがあるもの、逆に直線で縫われているものもコピー品である可能性が高いです。

ルイヴィトン・タバコケースの買取相場の目安とは?

ルイヴィトン・タバコケースの買取相場

タバコケースとして男女問わず人気があるルイヴィトンですが、実際の買取価格はいくらになるのでしょうか。

モデル名 型番 参考買取価格
エテュイシガレット “モノグラム” M63024 ~¥15,000
エテュイシガレット “ダミエ・エベヌ” M63024 ~¥15,000
エテュイシガレット ポシェット “モノグラム・ヴェルニ” M91156 ~¥15,000
エテュイシガレット “モノグラム・ヴェルニ・フューシャ” M91242 ~¥15,000

上記はあくまでも参考買取価格となります。

付属品の有無や、年式によっても金額が異なっていくため、新品未使用のものでも買取価格は変動する可能性が高いです。

また、定価からの買取率でいうと以下が目安になります。

  • ・新品未使用のもの 80%前後

  • ・新品同様のもの 60%前後

  • ・使用感があるもの 35%前後

  • ・壊れがあるもの 10%前後

タバコケースはルイヴィトンのレギュラーアイテムではありますが、マイナーチェンジをしているケースもあり、年式の新しいものであればあるほど、買取価格も高くなります。

ルイヴィトン・タバコケースを高く売るための3つのコツ

ルイヴィトン・タバコケースを高く売るためのコツ

ルイヴィトンのタバコケースを売るなら、高く売れたほうが良いですよね。

ルイヴィトンのタバコケースを高く売るためには、気を付けるべき3つのコツがありますので、ぜひご売却する際の参考にしてください。

早く売却しよう

近年、禁煙ブームが進んできており、街中でもアイコスやプルームテックを利用するユーザーが増えてきており、紙たばこを吸うユーザーも以前より少なくなってきました。

それに伴い、シガレットケースを使うユーザーも減ってきているため、買取価格もそのニーズの減少の影響を受ける可能性が高いです。

そのため、ご不要になったルイヴィトンのタバコケースがありましたら、早めの売却をお勧めしています。

状態をよりキレイにしておきましょう

タバコケースは内側に埃が溜まりやすくなっていますし、煙草の葉が落ちているケースも多々あります。

素材や汚れの程度にもよりますが、掃除機で埃や煙草の葉を取り除いたり、簡単に落ちる汚れであれば、柔らかい布などで拭きましょう。

少し綺麗にしておくだけで、見栄えも良くなり高価買取にもつながりやすくなります。

付属品を取っておきましょう

付属品の有無は査定額を大きく左右するものになります。

その品物が購入時に入っていた保存箱や保存袋を捨ててしまっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、付属品の有無は査定額を大きく左右します。

購入時に入っていた保存箱や保存袋が揃っていたほうが、買取業者が再販する際に売りやすくなるため、プラス査定となりやすいです。

付属品は大切に保管しておきましょう。

まとめ:ルイヴィトンのタバコケース(エテュイシガレット)の買取相場の目安とは?

ルイヴィトン・エテュイシガレット・ダミエ・エベヌ
ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) エテュイシガレット “ダミエ・エベヌ” M63024

ルイヴィトンのタバコケースは、年代性別問わず使える人気のアイテムです。

アイコスやプルームテックの流行に伴い、昔よりもタバコケースを利用するユーザーも減少傾向にあります。

もし、ご自宅に不要になったルイヴィトンのタバコケースがありましたら、今のうちに売ることをお勧めします。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!