エルメスコラム

エルメスケリーは定価以上も狙える?!高額買取のために知っておきたいケリーのこと

エルメス ケリー ボックスカーフ

エルメスといえば、バーキンとケリーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。エルメスケリーは、これまで多くの世界中の女性たちを魅了してきました。

正規店での入手が難しいケリーは、中古での需要も高く、中には、定価以上の高値がつくモデルもあります。今回は、買取相場や査定ポイントなど、売却前に知っておきたいケリー情報をまとめました。





エルメスケリーの基本情報

エルメスケリーは、しっかりした台形のフォルムにシングルハンドル、カデナ(南京錠)が特徴のシンプルかつエレガントなデザインです。ショルダーストラップをつけると、ショルダーバッグになるモデルもあります。美しいだけでなく、底には鋲がついており、強度や機能面も考えてデザインされました。バーキンよりも上品なイメージで、フォーマルはもちろん、カジュアルなスタイルから和装にまで合わせられます。

もともとケリーは、「サック・ア・クロア」と呼ばれていました。しかし、妊娠中だったモナコ公国グレース・ケリー公妃が、このバッグを使ってパパラッチからおなかを隠した姿が雑誌に掲載され、注目を浴びます。後に、モナコ公国の許可を得て改名し、「ケリー」として知られるようになりました。

エルメスケリーは、金具の取り付けから刻印まですべて手作業で行われ、1人の職人が全工程を担当します。生産自体が少なく、新品は優良顧客やVIP顧客に優先的に案内されるため、正規店での入手が困難です。

そのため、中古品での需要が高く、新しく状態が良いケリーならかなりの高額買取が期待できるでしょう。定価に近い、もしくは定価を上回る金額で買取してもらえる場合もあります。ルイ・ヴィトンやシャネルなど、他のブランドバッグと比べても、エルメスバーキンとエルメスケリーの買取率は優れています。

幅広いサイズ展開

エルメスケリーは、エルメスバーキンよりもサイズが豊富です。一般的なのは、横幅25cm、28cm、 32cm、 35cmの4サイズでしょう。ケリー25は、フォーマルシーンに合うサイズです。ケリー28は、大きすぎず小さすぎず、A5手帳が収納できる上品な大きさです。ケリー32は、タンブラーも入る大きさで、必須アイテムを入れてもゆとりがあります。ケリー35は、A4サイズの書類が入り、ビジネスにも使える大きさです。

小さいサイズでは、横幅15cmの「ミニミニケリー」から、19cmの「ミニケリー2」や20cmの「ミニケリー」、大きいサイズでは、横幅40cmのモデルや小旅行にも使える50cmのモデルもあります。

内縫いと外縫いによるデザインの違い

エルメスケリーには、内縫いと外縫いの2デザインがあります。外縫いのケリーはよりシャープでフォーマルな印象を与え、ビジネスシーンにも合うでしょう。内縫いのケリーは縫い目が見えない仕様になっており、丸みがあり、よりフェミニンな印象です。

人気のデザインは、色や素材によって異なります。素材やサイズによっては、外縫いデザインしかないものもあるため、内縫いデザインがあるモデルなら内縫いを選んでおく、という人もいます。

ケリーの買取価格や相場の傾向

エルメス ケリー 素材

ここではモデル・カラー・素材ごとに、買取価格や相場の傾向を見ていきましょう。

モデル

流通数が少いサイズや、需要が大きいサイズは高額買取が期待できます。例えば、相場が高いのはケリー32やケリー28などです。

外縫いと内縫いのモデルでは、買取価格はほぼ同じです。ただし、内縫いの方が傷がつきやすいため、どちらかといえば、外縫いの方が買取価格は高額になりやすいでしょう。

カラー

高額買取が期待できるカラーは、定番の黒やグレーなどベーシックカラーです。エトゥープやゴールドなどの人気カラーや、流行のカラーも高額買取が期待できます。金具の色はゴールドの方が高額になりやすい傾向です。

素材

エルメスケリーは、素材も豊富です。新しい素材を使用したものや、貴重な素材を使用したケリーも、高額買取を期待できるでしょう。素材ごとに詳しく見ていきましょう。

他にも、エルメス・メンズ時計では、シリーズに関わりなく、クロノグラフ付きやダイバーウォッチも人気があります。時計好きや機械好きには、スケルトンタイプの時計も魅力的でしょう。

<牛革>

定番の「トリヨンクレマンス」は、柔らかい質感で高級感のあるオスの牛革で、カラーバリエーションが豊富です。「ヴォー・クリスぺ・トゴ」も定番素材で、適度な柔らかさが魅力のオスの小牛革です。「トリヨンクレマンス」よりも目が細かく型崩れしにくいのが特徴で、血筋がみられます。

「ヴォー・スイフト」は、マットな質感が特徴のオスの小牛革です。「ヴォー・エプソン」は、細かな型押しが美しいオスの子牛革で、硬めで軽い素材となっています。型崩れしにくいのも魅力でしょう。

<特殊素材>

「オーストリッチ」は、丈夫で軽く、発色も良いダチョウ革です。羽毛を抜いた部分にできるクイルマークという斑紋が特徴で、耐久性にも優れています。

「リザード」は、きめ細かくきれいに並んだ班と光沢が魅力のトカゲ革です。「リザード・ナチュラ」は、色加工にほとんど手を加えず、天然の革の美しさをいかしています。「-」はリザードニロティカス、「=」はインドネシア産のリザードを示す刻印です。

ケリーの査定ポイントと高額買取のコツ

ケリーを高額で買取ってもらうために、事前に注意しておきたいコツは3つあります。

刻印

ケリーの査定ポイントの1つは、「刻印」です。刻印によって、製造年数や特殊素材の種類がわかります。製造年数の新しいものや、特殊素材のケリーは高額買取してもらえる可能性が高くなります。

ロゴの近くに「馬蹄刻印」があれば、パーソナルオーダー品である証です。とても希少価値が高く、高額で買取してもらえるでしょう。

「スターマーク」は、ロゴの近くにある流れ星の刻印で、ごく一部のエルメス関係者向けに作られたケリーである証です。希少価値が高いため、高額で買取してくれる業者もあれば、国内正規店でのメンテナンスができないためエルメスの正規品ではないとみなし、買取不可としている業者もあります。

付属品

付属品がすべてそろっているかも確認しましょう。箱や保存袋、レインカバー、カデナやクロシェットはしっかり保管しておいてください。

特に、ショルダーストラップは、使用していなくてもしっかり保管しておきましょう。特殊素材のエルメスケリーでは、ストラップがないだけで大きく減額される場合もあります。

商品の状態

商品の状態も査定ポイントです。ケリーを査定に出す前に、きれいにしておきましょう。香水やたばこなどのにおいもケアしておいてください。

未使用なら未開封のまま査定に出しましょう。今季刻印のものは需要が高いため、できるだけ早めに査定に出してください。

製造年が新しいもの、定価の高いもの、状態の良いものほど、高額での買取が期待できるでしょう。

定価以上が狙えるケリークロコ

定価以上の高額査定を狙えるケリーは、クロコダイル(ワニ革)のケリーです。

クロコダイル・ポロサス

「クロコダイル・ポロサス」は、艶やかな光沢と小さめの班が特徴で、クロコダイルの極上の部位が使用されています。おもに東南アジア原産のクロコダイルが使用され、刻印は「∧」です。マット加工の施された「クロコダイル・ポロサス・マット」はさらに手間がかかっており、高価です。

クロコダイル・ニロティカス

「クロコダイル・ニロティカス」は、ポロサスよりも班が大きめで、アフリカナイル川原産のクロコダイルを使用しています。「‥」が刻印です。特に、「クロコダイル・ニロティカス・マット」の中でも、雪解けのヒマラヤ山脈をイメージしたカラーリングの革は「クロコダイル・ヒマラヤ」と呼ばれ、希少価値が高く、高額買取が期待できます。

クロコダイル・アリゲーター

「「クロコダイル・アリゲーター」は、アメリカミシシッピー川原産のクロコダイルを使用しています。班が大きめで、刻印は「□」です。

高額買取してもらえるケリーの関連商品

他にも高額買取を期待できる、時計や財布など関連商品も多数あります。

ケリーラキ

「ケリーラキ」は、ケリーのフロントとバックにファスナーポケットが3つついたモデルです。すでに製造中止になっており入手が難しいため、状態が良ければ、当時の定価以上での買取も期待できます。

ケリードール

エルメスケリーの金具を鼻に見立て、目と口をつけたユニークでキュートな、エルメスの遊び心あふれる逸品です。ベルト部分が手になっており、自由に動かせます。2000年を記念して限定生産された商品で、プレミア価値が高く、高額買取が期待できます。

ケリーウォレット

ケリーをモチーフにしたエルメスの財布です。通常、ウォレットはバッグより買取率が下がる傾向がありますが、特殊素材を使用したケリーウォレットは、定価以上の価格での買取も期待できるでしょう。

ケリーウォッチ

ケリーウォッチは、ケリーバッグのカデナ(南京錠)をモチーフにした腕時計です。女性らしく、アクセサリー感覚で身に着けられます。エルメス時計の定番ですが、他のケリー関連商品と比べると、買取率は低くなります。

ケリー売却で注意したい買取業者の選び方

エルメス 業者 選び方

エルメスケリーは、定価が高いぶん買取金額も高額になります。そのため、業者間の買取金額の差がひらいてしまうことも考えられます。ケースによっては、数十万円もの差が出ることもあり得るため、買取業者は慎重に選ぶようにしましょう。複数業者の見積もりを比較してみるのも方法です。

一般的に、再販ルートが豊富にある買取業者は、より高い金額で買取してくれる傾向があります。インターネットなどで、業者の買取実績や、買取相場を確認しておくのもよいでしょう。

普段は高額査定を出す業者でも、すでに同じ商品の在庫が複数あると、査定額が下がってしまう場合があります。また、業者ごとに得意分野や専門分野が異なります。ブランド品の買取に強い業者を選ぶことも大切です。

おわりに

今回は、定価以上になるものもあるエルメスケリーの特徴や、買取相場などをご紹介しました。

エルメスケリーには、製造年や素材、カラーやサイズによって、たくさんの種類があり、買取金額はそれぞれのポイントを考慮して決まります。特に、新しいものや特殊素材を使用したもの、人気のある定番サイズ・カラーのケリーは高額買取を期待できるでしょう。 使わないエルメスケリーがあるなら、買取査定に出してみるのはいかがですか?

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!