グッチコラム

グッチ(GUCCI)の時計の売却は時計買取専門店で!高額買取のコツもチェックしよう

グッチ 時計

ブランドの元祖とも言われるグッチ(GUCCI)は、品質にこだわりを持ったハイブランドです。

その品質の高さは、バッグなどの服飾品だけにとどまらず、時計作りにも反映されています。

日本にもグッチファンが多くいるため、グッチの時計は中古市場でも人気があります。ここでは、グッチの時計の買取について見ていきましょう。





グッチの買取事情について

グッチ ロゴ

グッチは、冒頭でも述べたとおり、「ブランドの元祖」とも言われるほど有名で人気のあるブランドです。

ただし、買取市場では、ルイヴィトンやシャネルなどのブランドに比べてあまり高い額がつかないと言われてきました。その理由は、グッチの商品のほとんどに並行輸入品があるからだとされています。

日本に入ってくる海外ブランドの商品には、正規のルートを通して国内直営店(正規代理店)で売られているものと、業者が海外から直接買い付けをしたり、輸入をしたりして売られているものが存在します。

後者のほうは並行輸入品と呼ばれており、正規代理店における商品の7割程度の価格で売られています。

並行輸入品は、基本的には正規品と同じものですが、その輸入ルートの途中で偽物が混ざる可能性があります。したがって、買取店のほうでは、偽物の買取を阻止する意味もあり、グッチの買取に消極的になる傾向がありました。

ただし、近年の新しい製品には並行輸入品が少なくなっているため、以前に比べて買取価格も高めになることが多くなってきています。

グッチの時計~人気のモデルは?~

グッチ 時計

グッチは1997年から本格的に時計の製造に参入しました。グッチの時計は、文字盤の形によって4つの基本デザインがあります。

なかでもブランドロゴの「G」をモチーフに取り入れた「Gクラス」や「Gタイムレス」、「Gラウンド」といったシリーズは、その斬新なデザインと、シンプルでありながら、美しさとスタイリッシュさを兼ね備えたデザインが、多くの人から人気を集めています。

グッチの時計は、価格も数万円から数十万円と幅広く、比較的手に入れやすい価格帯のシリーズが多くあるため、若者からも支持されています。

買取市場では、定番のベゼルウォッチやシェリーが人気となっているようです。

グッチ時計の売り時・売るタイミング

グッチ ディスプレイ

グッチの時計の買取相場は常に変化しますので、買取価格が高い時期を見計らって、売却するのが理想です。買取価格が高くなるタイミングには以下があります。

円安で定価が高くなったとき

為替が変動し、円安となっているとき、外国製の時計の値段は相対的に高くなるため、円で購入する際の値段が上がることになります。こうしたタイミングでは、買取価格も上がる傾向があります。

あるモデルの生産が終了したとき

モデルの生産が終了してしまうと、それ以降の入手が困難となるため、価値が上がり、結果として買取価格も上がります。

メディアで話題になったとき

有名な芸能人やスポーツ選手が身につけていたことが、テレビやインターネットで話題になると、ある特定のモデルの人気が急に上がることがあります。こうしたときにも買取価格が上がります。

グッチの時計の買取価格上昇には、以上のようにさまざまな要因がありますが、実際、これらのことがいつ起こるかは誰にもわかりません。

もし、売りたいグッチの時計があるのなら、いつ来るかわからない買取価格上昇時を待つよりは、売りたいと思ったそのときに売却するのがよいかもしれません。

グッチ時計の買取価格の相場は?

グッチ 時計

グッチの時計の買取相場は、先述したとおり日々変動しています。また、時計の状態や付属品の有無によっても買取価格は異なってくるため、一概にいくらで買取ってもらえると断言するのは難しいのが現状です。それでも、シリーズによっておおよその目安があります。

たとえば、「パンテオンシリーズ」のメンズラインや、ダイヤ入りのモデルは人気が高い種類です。

「パンテオンクロノグラフ」の時計は、2万円~7万円程度の買取相場になります。

また、スポーツモデルの時計は、需要が高いため、高額で買取をしてくれる場合が多くなっています。たとえば、「グッチダイブ」で、使用頻度が低く、状態がよいものだと、3万円~6万円程度の買取相場になります。

高額買取されるシリーズがある一方で、並行輸入品が多く出回っているシリーズだと、定価9万円程度の時計でも、買取の際には数千円となってしまうケースもあるようです。

グッチの時計を高く買取してもらうためには

グッチ ロゴ

グッチの時計を高く買取してもらうためには、以下のポイントに注意しましょう。

付属品はすべてそろえる

箱や説明書、保証書やメーカーのオーバーホール証明書、ブレスレットを調整した際に残ったコマなどの付属品はすべてそろえて、査定をしてもらいましょう。付属品が足りていないと、減額されることが多くなっています。

コンディションを良好に保つ

時計の状態は買取価格に大きく影響します。時計はたとえ使っていなくても、置いておくだけで、オイルが変質したり、クオーツの場合は液漏れをしたりしてしまうなど、コンディションが悪くなってしまうことがありますので、査定に出す前に必ず確認しておくようにしましょう。

また、過去に正規メーカーの修理やメンテナンスに出したことがあれば、その際の証明書もつけるようにします。

グッチの時計はどこで売却すればよい?

時計の売却と言うと、買取専門店やリサイクルショップ、またはインターネットオークションなどが思い浮かぶと思います。

もちろん、リサイクルショップやオークションでも売却できますが、グッチの時計の売却は時計の買取専門店で行うのがおすすめです。

時計の買取を専門に行っているお店の多くは、グッチの時計の査定を数多くこなしたベテランの査定士が所属しています。

このような査定士は、グッチ時計の中古市場の動向にも詳しいため、希少性や人気の度合いを考慮して、適正な価格をつけてもらえます。

時計買取の利用方法

時計買取は、以下のようにして行います。

査定

売りたい時計がある場合、まずは査定をしてもらうことです。最近ではLINEで写真を送ると、その商品のおおよその買取相場を教えてくれる買取店もあります。細かい傷や傷み具合によって、実際の査定額は変わってきますが、目安を知ることはできるでしょう。

買取

時計の買取でもっともオーソドックスだと言る方法は、商品を買取店に持ち込むやり方です。その場で査定士が査定して買取金額を提示してくれますので、金額に納得がいけばその場で現金と交換できます。

また、宅配買取というのもあります。これは買取業者に電話やメールなどで連絡をすると、宅配キットが送られてくるものです。

キットのなかに売りたい時計と付属品など一式を入れ、お店に返送し、査定をしてもらいます。商品を送って数日で買取金額が提示されますので、金額に納得がいけば、即日または数日で自分の銀行口座に入金してもらいます。

そのほか、査定員に自宅に来てもらい、商品を査定してもらう訪問買取が利用できるところもあります。ご自身の都合に合わせて、利用しやすい方法を選びましょう。

電池切れや動かない時計の買取詳細

電池式の時計の場合、電池切れで動かなくなっている場合があります。動かない時計の買取はできないという店もあるので、そのような場合は、電池交換をしたあとに売却することが必要です。

店によっては電池切れの時計でもそのまま買取ってくれるところもあります。ただし、電池が切れたまま数年間放置しておくと、液漏れしてしまうことがあり、買取に応じてもらえない場合も出てきますので、保管には注意が必要です。

また、自動巻きの時計で動かなくなっている場合は、オーバーホール(分解掃除)する必要があります。

オーバーホールでは、時計を完全に分解し、洗浄、組立、注油、調整、仕上げ、各種テストを行うため、その費用数万円を差し引いた額での買取となりますが、買取不可になることは少ないようです。

おわりに

グッチ ロゴ

グッチの時計は、価格帯が広いため、シリーズやモデルによって買取額に差が出てきます。

売却を考えている場合には、おおよその相場を確かめ、時計の状態をよく確認したうえで、確かな実績のある時計の買取専門店で査定をしてもらうことが、高額買取のカギになるでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!