グッチコラム

グッチ(GUCCI)の財布の買取価格や相場は?買取事情をまとめて解説

グッチ シマ 財布

ロゴマークを見ればブランドが分かるほど日本で人気があるグッチ(GUCCI)。

バッグや財布、アクセサリーなど、幅広い品目を取りそろえているハイブランドです。

今回は特に人気がある財布に着目し、グッチの財布の買取価格や相場などを解説していきます。





グッチの歴史と財布の特徴

グッチ パイソン 財布

グッチの財布にはどのような特徴があるのでしょうか。以下で見ていきましょう。

グッチの始まり

グッチは、1921年にイタリアのフィレンツェで、レザーショップとしてオープンしたブランドです。

戦時中、革不足で苦労したグッチは、コーティングした代用品を発売して成長しました。

グッチのアイコン(乗馬)から緑・赤・緑の配色を用いたデザインを発表し、現在でもトレードマークになっています。

グッチの財布の特徴

革素材へのこだわりはもちろん、デザイン性にもすぐれているのがグッチの財布の特徴です。

キャンバス地、塩化ビニールなど長く使える素材を中心に使用し、汚れに強いピッグスキンを用いた財布もあります。縫製もしっかりしているため、老若男女問わず人気です。

形状は2つ折り長財布やWホックの財布などがあり、お札入れ、小銭入れ、カードポケットなど収納しやすい構造です。

種類は型押しモノグラム、ツートンカラーなど、伝統を守りながら斬新なモデルが多数あり、次々と新作が発表されています。奇抜なデザインも取りそろえている一方で、エレガントでキュートなアイテムも幅広くリリースされており、ファンを惹きつけて離しません。

人気のモデル

グッチの財布の中でも、特に人気が高いモデル(ライン)を紹介していきます。

【GGキャンバス】

キャンバス素材にGGのモノグラムパターンがデザインされています。ブラック、ベージュ、ブラウンなどシックなカラーが用いられており、どんな人にも合わせやすい財布です。

全体のトーンが統一しており、カジュアルかつラグジュアリーな印象があります。

【シマ (シマレザー)】

GUCCIの財布の中でも最上級ラインに位置している財布です。上質でやわらかいカーフスキンを使用し、レザー全面にGGの型押しが施されています。

高級感があり主張しすぎないデザインが人気です。

【レザージップアラウンド】

上質なレザーにGGマークの型押しがあるシンプルなモデル。40~50代の大人にも人気があります。

【プリンシー】

2本のリボンを交差させたデザインです。シックな色合いにリボンを合わせることで、女性らしさやキュートな雰囲気が出ています。

【オールドグッチ】

1980年代以前に登場したモデル。伝統的で品のあるデザインが多く、中古市場でも注目を集めています。状態がよい財布だと、高額買取も期待できます。

財布の材質

グッチの財布に用いられている素材にも注目してみましょう。

【キャンバス地】

丈夫な布地で、グッチのモデルに多く使用されています。財布だけでなく、小物やバッグにも使われている素材です。

【塩化ビニール×カーフ】

一般的にGGプラスと呼ばれているものが、この素材。汚れや水に強く、かなり丈夫な素材です。

【レザー】

丈夫な革素材で、グッチでは幅広く使用されています。男性用の財布に用いられる傾向にあります。

グッチの財布の買取市場と買取相場について

グッチ フローラル 財布

グッチの財布の買取は、中古市場でどのような位置付けにあるのでしょうか。グッチの財布の買取状況や買取相場を見ていきましょう。

グッチ財布の買取市場の状況

知名度が高く人気もあるグッチの財布ですが、買取市場ではあまり評価が高くありません。

ルイ・ヴィトン、シャネル、エルメスと比べると、低い評価になることが多くなっています。

高額買取されるブランド財布の買取率(定価に対する買取価格の割合)が30%だとすると、グッチの財布の買取率は15~20%が相場です。

なぜグッチの財布の買取価格は安くなるの?

グッチの財布には並行輸入品があります。市場で販売価格10万円の財布が、並行輸入品だと7万円くらいで流通しています。

並行輸入品があるモデルの場合、買取市場では評価されにくくなる傾向があります。

ただし、近年発売されているモデルには並行輸入品が少なく、中古のグッチの財布でも高額買取の対象になるものが増えているようです。

ブランド全体に大きな変化があり、若者受けする派手で奇抜なデザインが増え、価格帯が高い財布も登場しています。

最近発表されたモデルになると、買取率30%近くになる財布も増えています。若者を中心に人気に火が付き、買取市場での評価も上昇しているようです。

高く売れるモデルは?

グッチの財布の買取で相場が高いものをご紹介します。

【シマ】

GG柄の型押しが特徴的な高級感のあるレザーの財布。多くの男性から支持されている人気モデルです。

【GGマーモントシリーズ】

グッチの新ロゴマーク「GG」が中央に配置された人気シリーズです。比較的新しいモデルであるため、グッチの財布買取でも高額になりやすい傾向があります。

【ゴーストシリーズ】

新しいモデルで、男性から人気です。買取率が20~25%くらいになる場合もあります。

【バンブーシリーズ】

買取率が30%近くになることもあるシリーズです。竹を使った個性的なデザインが人気で、販売価格が比較的高いことが影響し、買取相場も高値が付きやすくなっています。

【オールドグッチ】

30年以上前の財布で状態がよいものが少ないため、希少価値があります。グッチコレクターに人気があり、買取市場では高額買取の対象になります。

高く売れないものは?

グッチの定番シリーズGGキャンバスは高額買取になりにくく、相場は買取率10%程度と言われています。

低評価の理由としては、並行輸入品が多く出回っていることと、素材が傷みやすいことが考えられます。

ただし、キャンバス地の状態がよいものであれば、定番モデルとして人気が高いことから、高い買取価格になる可能性があります。リボンライン、プリンシーラインも同様です。

形状による買取相場の傾向

形状によっても、買取相場に違いが出てきます。

長財布ではジップアラウンドのGGキャンバス、シグネチャー、ヴィンテージウェブなどが人気で、ほかのモデルに比べてやや買取価格は高めです。

買取率の平均が15~20%に対し、30%前後が相場となっています。

2つ折り財布は、フレンチフラップとレザーフラップの2種類があります。いずれもWホックで、片面がコインケース、もう片面が札入れカード入れになっています。

グッチ財布の買取価格を決める査定ポイントと注意点

グッチ スタッズ 財布

グッチの財布の買取価格は、査定次第で大きく異なります。ここでは、査定ポイントと査定時の注意点について解説します。

査定ポイント

まずは本物のグッチであるかどうかをチェックされます。次にモデルの新しさ、財布の使用状態などを査定していく流れとなります。

査定に影響を与えるものとして「シリアルナンバー」が挙げられます。これは財布に印刷または焼き印で刻まれた数字で、刻印があれば正規品として評価されますが、数字がないものは基本的に偽物扱いになります。

財布の状態が悪く、シリアルナンバーが消えていた場合も買取不可にされることがあります。

査定時の注意点

オールドグッチは需要があるため高額買取の対象になりますが、単にモデルが古いタイプの財布だと、安い買取価格になるか、買取自体を拒否される可能性もあります。モデルが古すぎると思ったら、事前に買取業者に問い合わせ、買取の可否を聞いておくと安心でしょう。

査定時は財布の傷みやすいところ(ボタン、ファスナー、四隅、小銭入りの汚れ、シワなど)をチェックされるため、よい状態をキープしたまま査定に出しましょう。

グッチ財布の買取価格を高くする方法

グッチ インプリメ 財布

グッチの財布の買取価格を少しでも高くするためには、いくつかコツがあります。どうすればグッチの財布の買取相場より高く売れるか考えていきましょう。

【コツ1】型落ちの前に売る

新品でも型落ちしていると買取価格は下がります。新モデルが出る前に売れば、高額買取になりやすくなります。

【コツ2】付属品

箱や保証書、説明書は保管しておき、査定時に持ち込みましょう。グッチの箱や袋は、それ自体に一定の需要があり、オークションサイトに出品されることもあり、査定ポイントをアップする要素のひとつと言えます。

また、付属品があると丁寧に財布を扱ってきた証拠になり、鑑定士の印象もよくなります。

【コツ3】よい状態を保つ

査定ランクを上げるためには、状態のよし悪しが大きく影響します。縫製のほつれ、汚れ、傷があると買取価格は下がるため、よい状態を保って査定に出すことが大切です。

淡い色は特に汚れが目立つため、手垢の汚れなどをきれいに落としましょう。

汚れを落とす方法についても触れておきましょう。まずは、財布がきれいな状態のうちに、ローションと防水スプレーで汚れを防止します。

ローションで拭いたあとに防水スプレーをかけるだけで、汚れ防止になります。

もし汚れたら、革専用の固形クリーナーで落とす方法も有効です。軽くこするだけで汚れを落とせます。

雨などで濡れた場合は、乾いた布で水分を拭き取り、しっかりと乾かしましょう。濡れた状態でスプレーやクリームを使うと傷みや色落ちの原因になるため、注意が必要です。

財布の場合、型崩れにも配慮しましょう。小銭、カード、レシートなどを大量に入れると革が伸び、傷みを早めます。別のケースに入れるなどの工夫をして、よい状態をキープしましょう。

【コツ4】販売力がある買取業者を選ぶ

販売力のある買取業者は買取価格も高く付ける傾向があります。買取業者が扱うブランド品の種類、量、品目などをホームページや店頭でチェックし、販売力を確認しておくとよいでしょう。

【コツ5】よいタイミングを狙う

ブランド財布は、流行遅れになると買取価格が下がります。なるべく早い段階で売却したほうが、高額買取になりやすくなります。グッチの定番モデルの財布は、買取価格が安定していますが、早めに査定へ出すことで高額買取につながる可能性が高くなります。

また、セール前や夏冬のボーナス時期、クリスマスなどのイベント前を狙う手も有効です。グッチの財布を、プレゼント用や自分のご褒美用に購入する人が増える時期は、在庫を多く確保しようとする買取業者が増えるため、買取価格がアップする傾向にあります。

【コツ6】まとめ売り

グッチの財布だけでなく、ほかのブランド品もまとめて査定してもらうと、買取価格が上がることもあります。

買取品数が多い場合に高く買取る「おまとめ査定」を行っている買取業者もあるためです。キャンペーンなどを細かくチェックしてみると、お得な買取になる場合があります。

おわりに

グッチ GGキャンバス 財布

グッチの財布の買取価格、買取相場についてまとめてきました。

グッチの財布は買取価格が比較的安くなる傾向がありますが、モデルによっては高い買取価格になることもあります。破損や汚れがなく、よい状態の財布は相場より高い査定額が期待できます。

使わなくなった財布は早めに買取してもらい、高額買取を狙いましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!