ブランドコラム

日本は世界第2位の高級ブランド品市場

  • 何かひとつは手に入れたいと憧れる人も多い高級ブランド品。実は、日本は世界第2位の高級ブランド品市場ということを知っていますか。ブランド品は時間が経っても価値が下がることが少ないので、投資と同じ感覚で購入するケースも少なくありません。

                           

    世界の高級ブランド品市場

    高級ブランド品市場とは、一般的にアクセサリー・アパレル・時計・ジュエリー・化粧品などを指し、もともとは家族経営でしたが、現在は大規模化が進んでいます。世界の3大高級グループといわれているのは主な高級ブランドにルイ・ヴィトンやブルガリ、フェンディがある「LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」、グッチやイヴ・サン=ローランの「PPR」、カルティエやクロエの「リシュモン」です。購入したことはない人でも、一度や二度は名前を聞いたことがあるブランドではないでしょうか。ラックス・リサーチ・ジャパンの情報によると、この高級ブランド品市場で日本は約227億ドルと、世界第2位の規模を占めています。都市別でみても東京は世界第4位の市場なので、世界の中でも日本の高級ブランド品市場は上位といえます。

    なぜ高級ブランド品が人気なのか

    高級ブランド品は確かにセンスの良い商品が多く発表されていますが、それだけでは長い間人気を保つことは難しいでしょう。では、なぜこれだけ人気があるのでしょうか。その理由のひとつに、「長く使える」ということがあるようです。しっかりした素材を使い技術を持った職人が丁寧に作るので、長い間使用しても壊れにくいのです。特に財布やバッグなどの革製品は使い込んだ方が、味が出て良いという方も多いので、気に入ったものを使い続けることができます。さらに、定番のデザインのものをひとつ持っているだけでも、さまざまなシーンに活用できます。また、世界中のセレブからも愛されているブランドが多いので、テレビや雑誌で見て憧れて購入するという事も多いようです。

    人気の高級ブランド品は?

    女性に人気の高級ブランド品は「バッグ」「ジュエリー」「靴」です。バッグの中でも人気が高いのはエルメスやルイ・ヴィトンやプラダで、自分で購入するだけではなく、プレゼントとして貰うことも多いようです。一方、男性に人気の高級ブランド品は「腕時計」「財布」「ネクタイ」で仕事でも使えるものが人気です。男性の場合もプレゼントで貰うというケースがあり、男女ともに誕生日や記念日に高級ブランド品を贈る事が多いようです。多少値が張る物でも長く使える良いものを贈りたいという気持ちがこもっているのではないでしょうか。

    使用する機会がなくなったら?

    大切に使用している高級ブランド品も生活スタイルや状況によって使用しなくなる場合もあります。また、大量に持っているのでほとんど使用する機会がないアイテムがあるというケースもあります。プレゼントとして受け取ったものを大切に持ち続けたいという人も多いかもしれませんが、しまっておくスペースがなくなってしまったり、新しい何かを購入したいと考えていたりする場合は業者に買い取りしてもらうことも可能です。特に高級ブランド品は人気が高く、価値が落ちにくいため、時間が経過していても買い取りしてもらえることが多いのです。バッグや財布はもちろん、アクセサリーなども買い取りしてもらえるので査定に出してみてはいかがでしょうか。

ブランド買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報