• 世代や性別を問わず有名な高級ブランド、ルイ・ヴィトン。ひと目で分かる特徴的なデザインを持つモノグラム。チェック柄風のダミエ。型押しされたラインが特徴のエピ。さまざまなルイ・ヴィトンのラインにバリエーションを持つ、大人気なトートバッグが「ネヴァーフル」です。

                         

    ネヴァーフルとは?

    ネヴァーフルはアルファベットで”Never full”と書きます。これは、「どんなにたくさん入れてもいっぱい(full)にならない(never)バッグ」という意味です。2007年の発売当初はリーズナブルな価格設定もあり、完売が続出したことでも有名です。ヌメ革製の一見華奢に見える細身のハンドルは、100kgの荷重にも耐えられるように2重縫製になっているという実用的な面もあります。単なる装飾品ではなく、機能的なトランク・メーカーから出発したルイ・ヴィトン。その伝統が生かされたネヴァーフルは、エレガンスと実用性を兼ね備えた人気の高いアイテムとなっています。

    3つのサイズ・バリエーション

    ネヴァーフルには3種類のサイズがあり、小さい方からPM(W28.5×H22×D13 cm)、MM(W32×H29×D17 cm )、GM(W39.5×H32.5×D20 cm)となっています。生地は定番のモノグラム、落ち着いた印象のダミエ、さらにシックなイディール、近年ラインナップに加わったエピなど、好みに合わせて自由に選べます。ルイ・ヴィトンの品格を保ちつつ、とにかくたくさん物が入るトートバッグなので、オシャレに敏感でアクティブな人にピッタリのバッグです。A4サイズの書類が横にして入れられるMMは、学生やオフィスワーカーにオススメのサイズです。育児中のママであれば、荷物が多いのでGMでも良いかもしれません。ただし、かなり大きめですので、ご自分の体格とのバランスも考えてサイズを選びましょう。

    とにかく目立つ限定ライン

    さらにこだわりたい人には、限定ラインも見逃せません。期間限定と販売店舗限定があって、タイプによっては超レアのアイテムとなっています。例えば、モノグラム系の限定版はルイ・ヴィトン・ファンならひとつはコレクションに入れたいところです。某有名女性芸能人も愛用しているというモノグラムにバラのプリントが施された「モノグラム・ローズ」は華やかに人目を引きます。海外でも評価が高い日本人アーティスト村上隆がデザインした、大きなロゴがプリントされたモノグラムのネヴァーフル。これはロサンゼルス現代美術館での2007年の回顧展限定版でした。モノグラムの上にアーティストであるスティーブン・スプラウスの手書き文字がプリントされた「モノグラム・グラフィティ」。2009年に限定発売されたその蛍光色バージョンは買取ショップなどでは高値で取引されたようです。

    直営店購入の限定ラインが「実質半額」になる賢い購入方法とは?

    ルイ・ヴィトンのファンで、海外旅行に行く予定があったら、出発前に出張買取ショップに相談してみるとよいでしょう。多くのショップは限定版の発売情報を押さえています。運良く旅行の時期が限定ライン発売日に重なったら、最大のチャンスです。自分の欲しい限定品バッグを2つ購入して、ひとつは自分用に、もうひとつは買い取ってもらうのも良いでしょう。パリ本店などではショップ限定品を出すことが多く、これは国内では購入できないため高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。さらに、海外旅行者は免税手続きをすれば付加価値税相当分が返還(リファンド)されますので、さらにお得です。もし、2つ以上購入できたら「実質半額」で限定ラインが手に入るかもしれません。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報