カルティエコラム

カルティエ ベニュワールを高く売るためのコツ【買取相場とポイント】

カルティエ ベニュワール

世界でも屈指のハイジュエラーであるカルティエ(CALTIER)は、世界初の腕時計を開発したことでも有名です。「サントス」や「タンク」といった数々の名品もあり、コレクターからは絶大な支持を得ています。

ここでは、歴史長い女性向けのジェリーウォッチ・ベニュワールの買取について見ていきましょう。





カルティエ・ベニュワールとは?

フランスの高級宝飾ブランドのカルティエ

世界五大ジュエラーの一つとして数えられている、フランスの高級宝飾ブランドのカルティエのルイ・カルティエは、1906年にロシアの大皇妃が身につけていた「シャトレーヌ」と呼ばれるベルトに差し込むタイプのジュエリーからインスピレーションを得て、懐中時計を考案しました。

この懐中時計は、後にロシアのパブロヴィナ大皇妃に贈られたことで大変有名になりました。

この懐中時計のオーバルフェイス(楕円形)のケース(時計の機械部分を収める外側の容器)のなだらかなカーブを見たある公爵夫人が、「バスタブのようだ」と評したことがきっかけで、フランス語でバスタブを意味する「ベニュワール(BAIGNOIRE)」と名付けられたといいます。

ベニュワールは、2009年にデザインがリニューアルされました。以前のモデルでは、イエローゴールドも使われていましたが、現在のモデルは、ホワイトゴールドとピンクゴールドがメインとして使われています。

オーバル型のフェミニンなケースに、18Kやダイヤモンド、サファイアといったジュエラーらしい贅沢な素材が使われており、女性用のラグジュアリーウォッチを象徴するコレクションになっています。

時計として、また、ジュエリーとしての魅力をも兼ね備えたカルティエのアイコン的時計です。

素材について

ベニュワールのバンドの素材は、モデルごとに異なりますが、主にゴールドを用いたブレスレットタイプと、レザーやファブリックが使われたリストバンドタイプがあります。ブレスレットタイプのベニュワールに使われるゴールドは、ピンクかホワイトの18Kになります。

また、リストバンドタイプのベルトに使われるのは、アリゲーターのブラウンレザー、ベージュやダークグレーのファブリック等で、これらのベニュワールにはケースの素材に合わせてピンクゴールドかホワイトゴールドのバックルがついています。

シーンによって選べる豊富なサイズ展開

ベニュワールのサイズには大きく分けて3種類あります。

一つ目が2011年に発表されたミニベニュワールで、3種類の中で一番小さいモデルです。ブレスレット部分も細身にできており、女性が細い手首につけて美しく見える、フェミニンでエレガントなデザインになっています。

二つ目がスモールモデル(SM)です。これは、ミニベニュワールよりも若干大きく作られているため、腕につけると存在感が際立ちます。小さすぎず大きすぎず、ほどよい大きさのため、カジュアルにもフォーマルにもつけることができ、大変便利です。

三つ目がラージモデル(LM)です。これはもっとも大きなモデルとなり、ケースのサイズは4センチを超えますので、女性の手首を簡単に覆い隠してしまうほどの大きさです。とてもインパクトがあり、メンズライクな一面も魅力的なモデルとなっています。

ベニュワールの最大の特徴と言えるのが、名前の由来とも言われているオーバル型のケースです。この部分には18Kのピンクゴールドまたはホワイトゴールドが使われています。また、ケース部分にダイヤモンドがあしらわれたものもあります。

ベニュワールの文字盤には、光沢のある乳白色のサファイアクリスタルが使われています。ミニベニュワールとSMサイズのベニュワールにはローマ数字のみ、LMサイズにはローマ数字の内側にメモリのインデックスバーも刻まれています。

レディース腕時計に人気のミニベニュワール

ミニベニュワール

上述のとおり、ベニュワールには3種類のサイズがあります。その中でもミニベニュワールは、ケースのサイズが25.3ミリ×20.79ミリ、厚さが7.73ミリ、リストのサイズは162ミリと大変小さく、きゃしゃなデザインになっています。きゃしゃなこのデザインは、女性らしさに加え、エレガントさを演出できるアイテムとして、大変な人気を集めています。

とりわけ、欧米に比べてきゃしゃな体格の日本人の腕には、大きな時計はあまり似合わないという意識もあり、小さくてきゃしゃなミニベニュワールは日本でも大変人気が高くなっています。また、ミニベニュワールは、小さく控えめでシンプルなデザインですので、着物を着た時に着用していても違和感なく馴染みます。

ミニベニュワールには、様々なデザインがありますが、ベゼル(風防の周りに取り付けられるリング状のパーツ)部分にダイヤモンドをあしらったタイプのものは、華やかで高級感もあり、ジュエラーとしてのカルティエならではの腕時計と言えるでしょう。

ベニュワールの買取相場は?

ベニュワールの買取相場

カルティエの時計の中古市場では、定番モデルやアンティークモデルの相場が安定している一方で、新作モデルなどは流行に左右されて値段が上下する場合があります。

しかしながら、カルティエ自体が人気のあるブランドですので、買取価格は全体的に比較的安定して推移しているといえるでしょう。

実際に買取された実績から見てみると、ホワイトゴールドのブレスレットとベゼル部分に一重に大粒のダイヤモンドがちりばめられた、定価330万円程のミニベニュワールは、100万円~150万円程で買取された実績があります。

また、定価200万円程のクロコダイルレザーのベルトのついたLMシリーズのベニュワールは、状態にもよりますが、過去には80万円前後で買い取られています。

また、ストラップタイプのピンクゴールド製のベニュワールは、定価が120万円程になりますが、35万~50万円程で買取された実績があります。

カルティエ・ベニュワールを売るときに

カルティエ・ベニュワールを売るときに

ブランドの腕時計の買取は、リサイクルショップなどでも可能ですが、ベニュワールのような高級腕時計を売る際には、時計買取専門店で売却することがおすすめです。

リサイクルショップなどでは、腕時計の査定経験が豊富な査定士がいるとは限りませんので、そうした場合、その時計の価値を正しく判断することができず、適正な価格がつけられないということがあるからです。

時計買取の専門店であれば、ベニュワールの買取実績もありますし、中古市場の最新の動向もつかんでいるため、その時点で最も適正な価格をつけてもらうことができるでしょう。

ベニュワールを高値で買取ってもらうために押さえておきたい2つのコツを見ていきましょう。

1,付属品も一緒に査定へ

まずはカルティエの保証書や説明書、ブレスレットのコマ、箱など、購入した際についてきた付属品はすべてそろえて買取に出すということです。その他に、オーバーホール(分解掃除)や修理をおこなった場合にはその証明書も必ず一緒に出して査定をしてもらいましょう。

2,故障品でも買取可能

また、時計自体のコンディションも買取価格に大きく影響します。時計は使用していなかったとしてもしまっておくだけでコンディションが悪くなることがあります。時計買取専門店では、修理技師がいてメンテナンスをおこなう場所を併設している場合があります。

このような買取店であれば、電池が切れてしまっていてもお店で電池を入れ替えて動作確認をして査定をしてもらえます。また、ガラスが割れていたり部品がなくなってしまったりしている場合でも、お店で修理をして再度販売することができますので、買取してもらえます。

まとめ

カルティエのベニュワールは、楕円形のケース部分の曲線が美しく、世界中の女性たちを虜にする、ジュエリーのような腕時計です。多くの女性たちから称賛されており、不動の人気がありますので、買取価格も安定しています。

不要なベニュワールをお持ちでしたら、売却することを考えてみるといいかもしれませんね。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!