ブランド買取について

ネット査定のメリットとデメリット~賢く利用してブランド品を高く売ろう!~

PC

ブランド品の買取には、買い取り専門店の店頭での買取や、出張買取、宅配買取など、さまざまな方法があります。

こうした買取を利用する前に売ろうとしているブランド品のおおよその値段が分かると、買取手続きもスムーズにできますよね。ここでは、買取の前段階のネット査定について見ていきましょう。





ブランド買取におけるネット査定とは?

ブランド買取におけるネット査定とは

自宅にあるブランド品を買取してもらいたいとき、どのような方法があるでしょうか。思い浮かぶのは、実店舗の買取専門店に持ち込み査定をしてもらうという方法や、利用者の自宅に買取業者の査定員が訪問し、その場で査定を行う出張買取、そして商品を段ボール等のキットに入れて宅配便で買取店に送り、査定してもらう宅配買取でしょう。

こうした買取の実際の手続きを始める前に、ネット査定では写真や商品の情報から、買取金額の目安を算出してもらえます。

ネット査定とは?

ネット査定は、実際にブランド品の査定を申し込む前に、売りたい品物の写真やその他の情報をメールフォームやLINEなどで買取業者に送り、仮の査定額を算出してもらうものです。

メールやLINEに売りたい商品の写真を添付して送付するとともに、傷や汚れの状態、購入時期などの商品の情報を細かく報告することで、店舗に出向くことなく実際の査定額に近い金額を教えてもらえますので、とても便利なサービスであると言えるでしょう。

ネット査定の流れ

ネット査定の手順としては、まず、ブランド買取の専門店でネット査定をやっている業者を探します。そしてネット査定の申し込みフォームやメール、ラインなどに必要事項を記入します。

記入する内容は買取店によって異なりますが、基本的には氏名、連絡先のメールアドレス等、商品のブランド名、商品名、購入した時期、商品の状態などになります。

そして、査定してもらいたい商品を写真に撮り、メールフォームなどに添付します。通常、1つの商品につき、4~5枚の写真を添付します。そしてフォームを送信すると、買取業者が査定し、見積額が知らされるという仕組みです。

ネット査定では、複数の買取店に査定の申し込みをすれば、複数の見積額を入手することができます。したがって、売る側の我々としては、目安であるとはいえ、最も高く売れる可能性のある店を簡単に探すことができるのです。

ネット査定のメリットとは?

ネット査定のメリットとは

ネット査定は、パソコンやスマホを持っている人ならば誰でも利用することができます。直接店舗に出向いたりすることなく、スマホや携帯のカメラで商品を撮影し、フォームに必要事項を入力して送信するだけで、家に居ながら査定をしてもらえることは最大のメリットと言えるでしょう。

また、ネット査定では、多くの買取業者が加盟している一括査定のサイトを利用することもできます。このようなサイトでは、買取店同士の競争が働きますので、実際に一店一店個別に持ち込んで査定してもらうよりも、高い査定金額がつく可能性があります。

また当然ですが、一店一店持ち込む方法に比べて、時間や手間、交通費といったものを抑えることができるため、効率的に査定をしてもらえます。

業者によっては、電話番号の登録をせずに査定をおこなってもらえるため、こうした業者のサイトを使うことで個人情報が守られるというメリットもあります。しつこく電話勧誘などがかかってくることもありません。

ネット査定のデメリットとは?

ネット査定のデメリットとは

上述のように、ネット査定は手軽で大変便利ですが、もちろんデメリットもあります。まず、写真と記述内容から査定額を簡単に算出してもらえますが、この査定額はあくまでも目安であり、実際の買取額と同じではないということです。

事前にネット査定をしてもらっていても、実際に売る際には現物を査定員の目で査定してもらう必要があります。そのため、写真では伝えきれなかったり、持ち主が気づいていなかった傷や汚れなどがあったりすると、ネットでの査定額よりも実際の買取額が低くなってしまうことがあります。したがって、ネット査定で提示された金額は、あくまでも目安であることを理解しておく必要があります。

こうしたことがありますので、ネット査定の結果だけで判断してお店を1店に決めてしまわず、実際に買取の手続きを始める際には、複数店舗で査定をしてもらい、見積もりを取って比較することが大切です。

当然のことながら、ネットによる査定はインターネットに接続できる環境が整っていなければ利用することができません。若い世代の人は、PCは持っていなくてもスマホは持っているという人が多いのは事実ですが、スマホを使っていたとしても、店によってはラインやメールのアカウントを持っていなければ、ネット査定に申し込むことができませんので、こういった環境が整っていない場合には利用することができません。

ネット査定を利用して賢くブランド品を売ろう!

ネット査定を利用して賢くブランド品を売ろう!

ここではネット査定を利用するときに押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

複数店舗での査定を

上記でも説明した通り、ネット査定はあくまでも仮の査定です。実際にお店に持ち込んで査定をしてもらうと、ネットでの査定額とは異なる金額を提示されることもありますので、ネット査定の金額はあくまでも目安であるという点を忘れないようにしましょう。

したがって、ネット査定だけで売る店を一つに決めてしまわず、実際に売りたいと思う店をいくつか絞り込み、複数店舗で査定を申し込むことを心がけてください。

商品の状態を正直に開示する

ネット査定を申し込む際には、商品について正確な情報を入力して送ることが重要です。アピールポイントを強調するのはもちろんですが、傷や汚れなどがある場合にも、隠さずに正直に伝えることが大切です。

ここでマイナスポイントを隠して、高い査定額を提示されたとしても、実際の査定で査定員の目をごまかすことはできません。実際の査定額により近い金額を算出してもらうためにも、正確で分かりやすい情報を開示しましょう。

付属品もお忘れなく

ネット査定に限ったことではありませんが、ブランド品を購入した際についてきた紙袋や箱、ギャランティーカードなどの付属品はすべて捨てずにとっておき、査定の際に一緒に出すことも重要です。

ネット査定の際には、備考欄などに付属品がそろっていることをアピールすることを忘れないようにしましょう。それだけで査定額が上がる可能性が高くなります。

商品写真も確実に

添付する商品の写真は、鮮明に写っているものを選ぶようにしましょう。ピントが合っておらず、ぼけているような写真はNGです。商品が小さく映っている写真では査定がしにくいので、指輪やピアスなどの小さなものは、マクロ機能を使って商品を近くから接写し、状態がよく分かるようにしましょう。

さらに撮影する際には部屋を明るくし、フラッシュをオフにして撮影することも、商品をきれいに写すコツです。写真を撮る際には、いろいろな角度から商品を撮影し、傷や汚れの部分もあえて写真に写して査定士に伝わるようにすることも大事です。フォームに記入したダメージ等の部分は写真でも分かるようにしましょう。

査定前のセルフケアも大事

商品のダメージはやむを得ないものですが、多少の汚れなどは査定に出す前に自分でクリーニングするなど、最低限の手入れをしておくことも大切です。素材によっては自己流でクリーニングをするとかえって商品を傷めてしまうこともありますので注意が必要ですが、バッグや靴、アクセサリーのホコリや汚れなどは、柔らかい布でふき取るなど、見た目をよくするだけで査定額が上がる可能性があります。

まとめ

ネット査定のメリットとデメリット

ブランド品を売却する際に、おおよその金額を知る方法としてネット査定は大変便利です。最低限のクリーニングや写真の撮影方法など、上述した注意点をふまえて賢くネット査定を利用し、売却の際の手間や時間を省いて効率的に納得できる値段で買取してもらうようにしたいものですね。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!