ブランド買取について

ブランド品の高価買取を叶えるために知っておきたい基本とノウハウ

ブランド品

ブランド品を売却したいけれど、どの業者に買取ってもらうか迷っている人もいるでしょう。買取業者によって買取価格に大きな違いはあるのでしょうか?

ブランド品を少しでも高値で買取してほしいなら、ブランド買取業者や高額査定が出やすい商品の特徴を知っておくことが大切です。

今回は、ブランド品買取の基本情報や高価買取のノウハウをご紹介します。





知っておきたいブランド買取の基本

ブランドバッグ

買取業者ごとに得意なブランドや商品が異なる

ブランド品の買取価格は、買取業者によって異なります。高額の商品の場合、査定額に数万円以上の差額が発生することもあります。 なぜなら買取業者によって転売先が異なり、業者ごとに得意とするブランドや商品が違うからです。

業者が得意なブランドや商品は高値を付けやすいですが、得意でない分野の商品は買取額が安い傾向にあります。 そのため、ブランド品を売るなら、その商品を欲しがっている業者を選んでください。商品の需要によっては、かなりの高額買取が実現する場合もあります。

それでは、買取業者の得意分野はどのように見分けられるのでしょうか?

業者のホームページやチラシなどを確認すれば、その業者が力を入れているブランドや商品を知ることができます。

買取だけでなく販売のための店舗も持っているのであれば、実際にそのお店に行ってみるのも手です。売りたい商品の買取実績や販売実績を調べるのもよいでしょう。

査定価格は買取業者の業種によってもかわる

買取業者によって買取価格が異なる背景には、買取業者の業種の違いもあります。「買取専門店」は、買取を専門にしているお店で、買取った商品を売る店舗を持っていません。そのため、買取専門店は買取った商品を他の業者に販売して利益を得ます。

業者への売却を前提にしているため、幅広い商品を安定した価格で買取ってくれる傾向があります。しかし、オークション落札手数料なども考えて買取価格を決定するため、小売りもしている買取店より買取価格が下がってしまう場合があるでしょう。

「小売・買取店」は、小売りも、買取も行っている業者です。自社でオークションを運営している場合もあります。多くの小売・買取店は得意分野がはっきりしており、得意分野の商品は他の買取業者よりも高価買取の可能性が高いでしょう。

「小売専門店」は、買取専門店などから仕入れた商品を販売する店舗です。ヴィンテージ品など、扱う商品にこだわりを持っているお店もあります。買取の宣伝はしていないものの、商品がお店のコンセプトにあっていれば買取をしてくれる場合もあるでしょう。

「質屋」では、ブランド品などを一時的に預けることで、お金が借りられます。期間内に借りたお金と利息を返金すれば、商品が戻ってくる仕組みです。

しかし返済期限が過ぎると、その商品は質屋のものとなり、借りたお金を返済する必要はなくなります。「急に現金が必要だけど、商品は手放したくない」という場合には便利ですが、買取と比べると、査定金額は低いのが一般的です。

ブランドごとに異なる買取の傾向と高価買取が期待できるブランド

箱

エルメス

最高級の皮革とクラフトマンシップを誇るエルメス。特に正規店での入手が難しい「バーキン」や「ケリー」は、中古での需要も高く、高価買取が期待できるでしょう。定番の黒やグレー系、エトゥープなどベーシックカラー、ヴォーエプソンやトリヨンクレマンス、トゴやヴォースイフトなどの素材を使用したモデルが人気です。

製造年代が新しいほど需要が高く、未使用品の最新モデルや高級素材を使ったモデルなど、希少価値の高いモデルは定価以上の高値がつく場合もあります。

ルイ・ヴィトン

国内で圧倒的な人気を誇るルイ・ヴィトンは、中古市場でも流通量が多く、買取価格が安定しています。高額査定を狙うなら、できれば発売から1年以内、新作が発表される前に売却するのがおすすめです。

特にルイ・ヴィトンのLとVをデザインに使用した「モノグラム」や、市松模様の「ダミエ」は高価買取が期待できるでしょう。上質な革を使用した「エピ」も人気があります。

グッチ

「オールドグッチ」や「GGキャンバス」、「ソーホー」や「シマ」は中古市場での需要が大きく、高値がつきやすいでしょう。「ディオニュソス」や「バンブーバッグ」なども人気があります。

財布やキーケースなどの小物類なども需要が高く、高価買取が期待できます。定番カラーの黒、レザーやPVCコーティング、2WAYバッグが人気です。

プラダ

プラダは定番商品が多く、人気も安定しています。「PRADA」のロゴ入りの三角プレートがついた、軽く丈夫なナイロン素材「ポコノ」のバッグはブランドのアイコンです。

「カナパ」や「ガレリア」も人気があります。ガレリアは、もともとなめし革の皮革製品を扱っていたプラダが誇る、定番レザー素材「サフィアーノ」を使用しており、高級感があります。

シャネル

シャネルは世界中にファンが多く、中古市場でも需要が高いため、高価買取してもらえる可能性が高いブランドです。中でもヴィンテージシャネルは、当時の定価を上回る価格で買取される場合もあります。

「マトラッセ」や「ボーイシャネル」、「カンボンライン」や「マドモアゼル」などの定番ラインも人気があります。「ココマーク」のついているアクセサリー類も、高価買取の可能性が高いでしょう。

コーチ

アメリカを代表するブランド、コーチのレザー製品には高級レザーが使われています。使うほど美しくなるように開発されたのが「グラブタンレザー」で、野球のグローブか開発のヒントになりました。

頭文字「C」をあしらったデザインの「シグネチャー・コレクション」は、コーチの定番商品として人気があります。シーズンごとに新しいデザインが発表されるため、査定では製造年代や状態が重視されます。

ボッテガヴェネタ

イタリア・ヴェネト州の伝統的な皮革加工技術と手作業にこだわった、最高品質の革製品が誇りのボッテガヴェネタ。「イントレチャート」は、イタリア語で「手編み込み」を意味する定番ラインです。バッグや財布、キーケースなどの小物類まで、高額買取が期待できるでしょう。

流行やデザインに左右されるブランド品と異なり、イントレチャートの買取価格は比較的安定しています。しかし、商品の状態によって査定額に差がでやすいでしょう。

カルティエ

カルティエは、世界各国の王室御用達として、多くの王族や貴族に最高品質のジュエリーを提供してきました。カルティエの腕時計やジュエリーは、特に高価買取が期待できるアイテムです。

腕時計なら「サントス」や「タンク」などが高額になりやすい傾向にあります。中古市場で特に需要が大きいジュエリーは、「ラブシリーズ」です。ピンクゴールドやダイヤモンドがついているモデル、ブレスレットやネックレスなどは高額になりやすいでしょう。

ブルガリ

長い歴史を誇るイタリアの老舗ブランド・ブルガリ。中でも人気なのがダブルロゴが特徴の「ブルガリ・ブルガリ」はブルガリを代表する時計で、高額買取が期待できるでしょう。自社製ムーブメントを使った高い技術力が魅力的なモデルから、ダイヤモンドやアリゲータなどを使用したジュエリーのようなモデルまで、さまざまなデザインの時計があります。

「ブルガリ・ブルガリ」や「ビー・ゼロワン」シリーズのジュエリーも人気があり、高額買取になりやすいでしょう。「パレンテシ」や「セルペンティ」も高額で取引される人気アイテムです。

ティファニー

「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されたティファニーのジュエリーは、世界中の女性たちを魅了してきました。「オープンハート」や「バイザヤード」、「ラビングハート」は人気があり、買取相場も高いラインです。「アトラス」や「1837」などのリングも人気があります。特に、ゴールドやプラチナ、ダイヤモンドなどの高級素材を使ったモデルは高額買取を期待できるでしょう。

ブランド買取で高価買取を叶えるには?

ブランドバッグ

ここでは高額買取のコツを見ていきましょう。

正しい買取業者・買取方法を選ぶ

ブランド買取で高価買取を叶えるには、買取店をしっかり選ぶことが大切です。売りたい商品を得意とする買取業者を選んでください。

また自分の都合に合った買取方法を選択することも大切です。「持込買取」は、直接お店に商品を持ち込んで買取ってもらう方法です。すぐに正確な査定額が知りたい場合や時間に余裕がある場合に便利です。

直接お店に行く時間がないなら、「宅配買取」を利用するとよいでしょう。電話かメールで宅配キットを依頼し、商品と必要書類を送ります。メールや電話などで査定結果を聞き、納得すれば、買取金額を振り込んでもらいます。キャンセルも可能です。事前に、保険に加入しているかを確認してください。特に、高額の商品を送る場合には、補償額の上限まで確認しておくとよいでしょう。

「出張買取」は、査定員が家に来て、商品を査定してくれます。その場で現金が支払われる場合もあれば、後日振り込まれる場合もあります。出張買取なら、値段交渉も可能です。不安があるなら、家族などに立ち会ってもらうとよいでしょう。また、女性査定員を依頼できる場合もあります。

見積もりを比較する

買取店を選ぶ前に、複数社に見積もりを依頼して買取価格を業者ごと比較しましょう。オークションやフリマアプリなどを使って、売りたい商品の価値を事前に調べてください。

貴金属を売却する場合は、事前に重さを測り、その日の貴金属相場を調べておくとよいでしょう。査定額や内訳を比較してください。

交渉する

買取額を上げてもらえるように、交渉することも可能です。希望の価格を伝えてみてください。他店の査定額を伝えるのもよいでしょう。

複数の商品をまとめて売ったり、包装箱やギャランティカードなどの付属品がそろっていたりすると、値上げ交渉がしやすくなります。特に、腕時計ならベルトのコマ、バッグならショルダーストラップなどを忘れないようにしましょう。

用心するべき悪質業者や担当者の特徴

悪質業者

気持ちの良い買取をするために、不必要なトラブルには巻き込まれたくないものです。事前に注意事項を確認し、スムーズな買取を目指しましょう。

訪問買取(押し買い)

消費者の同意や依頼なしに自宅を訪問し、買取の勧誘を行うことは法律で禁止されています。同意なしで訪問し、無理やり家の中に入ろうとしたり、居座ろうとしたりする場合は、警察に通報しましょう。

1点ごとの価格をつけないまとめ買い

業者が複数商品の価格をまとめて提示し、1点ごとの価格を提示したがらない場合も注意が必要です。価格をごまかされている可能性があります。

即決を迫る

「今売るのが一番お得」とか、「今決めないと損をする」など、即決を迫られる場合も注意してください。中には、現金をちらつかせて即決を迫ったり、脅迫まがいのことをしたりする業者もいます。

予定外のものを見たがる

「消費者が依頼していない品物の査定や買取はしてはいけない」と法律で定められています。「不用品や古着の買取」と言いながら、「貴金属もありませんか?」などと他の商品も見たがる業者には注意してください。しつこく聞かれても、査定をしてもらうのは目的の商品だけにしましょう。

書類を見せない、作らない

「訪問購入をする際に、業者は身分や目的を明らかにする義務があります。また、公安委員会から「古物営業許可」を受けている業者しか買取業務はできません。「古物商許可証」か「行商従業者証」を携帯しているか、確認してください。ホームページに記載されている、本社や店舗の住所・電話番号などを確認するのもよいでしょう。

また、買取に際し、買取の内容を記載した書面や契約書を作ることが法律で義務付けられています。しっかり書類を確認してください。

クーリング・オフの説明をしない

買取にも「クーリング・オフ」が適用されます。取引終了後8日以内なら、返金し商品を返してもらうことが可能です。クーリング・オフについての説明をしてもらってください。 ただし、店頭買取や質屋の利用などはクーリング・オフの対象外です。

怪しい業者の訪問を受けたり、違法行為をされたりした場合には、警察や消費生活センターなどに相談しましょう。また、高価なブランド品の査定中は、商品から目を離さないでください。

まとめ

女性

今回は、ブランド品を高価買取してもらうための基本やノウハウをご紹介しました。高価買取を叶えるために、売却したい商品を専門に扱っている、信頼できる買取業者を選んでください。悪質買取業者や担当者の特徴を知って、買取で被害にあわないようにも注意しましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!