ブランド買取について

長年の愛用で傷や使用感のあるブランド品買取の注意点と対処法

ブランド品の傷と汚れ
バッグは縁や底の四角に擦れができやすく、査定時にまず最初に見られるポイント。

ブランド品は長年愛用すると、傷や汚れができてしまうかもしれません。

実は傷や汚れなど使用感のあるブランド品でも買い取ってもらうことは可能です。それでは買取に出すときにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか?

今回は傷や使用感のあるワケありブランド品の買取について、買取価格に与える影響や、査定ポイントをご紹介します。





傷のあるブランド品は買取できる?

ブランド品の擦れ
シャネルマトラッセ フラップ裏の擦れ

結論から言うと、傷や汚れのあるブランド品も買取可能です。

とはいえご想像の通り、使用感の程度や、ブランドによっては金額が付かないこともあります。

ただ、ここで覚えていただきたいのは、「思っているより値段は付きやすい」ということです。

特にエルメスやルイヴィトンといったいわゆるラグジュアリーブランドは、ボロボロの状態でも買取価格を付けてもらえる可能性は極めて高いです。

取っ手の付け根、ファスナーの破損したバッグ、革にシミや変色がある財布、動かない時計など、諦めるのはもったいないかもしれません。

一般的に買取業者は、買い取ったブランド品を独自のメンテナンスやクリーニングで修理を行い、販売したり、業者に卸したりするのです。

加えて近年、ECサイトの進歩などで販売チャネルは多様化しています。多少の傷や汚れのあるアイテムでも買い手がつくため、買取することも可能なのです。

傷やシミは買取価格に大きく影響

シミありブランド品の買取
ルイヴィトンのモンスリ。手入れをしないと、ヌメ革部に雨染みができてしまうことも。

当然ですが、状態は綺麗な方が買取価格は高くなり、買取に出すなら、取り扱いに注意して状態を保つことも非常に重要なのです。

とはいえバッグなどは、電車などで人に触れることもありますし、雨に濡れれば、革にシミができてしまいます。

時計や財布、キーケース、バッグなどは、取り扱いに注意したとしても傷やシミができてしまうこともあります。

それでは傷やシミのあるブランド品はどのくらいの買取価格になるのでしょうか?

傷やシミと一口に言えど、程度には幅があります。あまりに酷い傷の場合、ジャンク(壊れている)品扱いされ、最悪買取不可となってしまう可能性もあります。

しかし、バッグの内側の傷やシミなら張替えで修理できますし、2割も影響を与えないケースもあります。

一般的に、内側よりも外側にできたシミや傷の方が買取価格には影響があるといわれています。

いずれにせよ、新品に近い状態であるほど買取価格が高額になるのは間違いありません。取り扱いには注意してできるだけ状態を維持するようにしましょう。

傷やシミをつけてしまったときの対処法

傷やシミをつけてしまったときの対処法

取り扱いに注意して使っていたとしても、傷やシミが付いてしまうことはあります。

その際には、ブランドアイテムの修理店を利用するのもいいかもしれません。

しかしここで注意が必要です。

ブランドの保証期間内で、正規店で修理を受けれる場合を除き、基本的には修理代金がかかってしまいます。

もしも修理後に買取してもらう予定であれば、買取価格よりもクリーニング代の方が高くついてしまう可能性もあるのです。

あらかじめ修理をした場合の買取価格がいくらくらいになるのかを確認しておくのも一つの手といえるかもしれません。

イニシャルサービスを受けたブランド品の買取はどうなる?

イニシャル入りブランド品の買取
イニシャルの入ってしまっているルイヴィトンの財布。
イニシャル入りブランド品の買取
ブランドロゴの上部などに入っているパターンも多い。

プレゼントとして譲り受けた品や、記念に購入したものであれば、イニシャルサービスを受けたものもあるのではないでしょうか?

特にルイヴィトンでは、バッグや財布、トランク、ネームタグにホットスタンピング(焼き印)やペインティングを施してくれるので、中古市場でもイニシャル入りのアイテムは多く流通しています。

ところが実はイニシャル入りのブランド品も基本的には売ることができます。

もちろん買取価格に全く影響がないというわけではありませんが、傷やシミと比べるとそこまでマイナスには働かないようです。

また「イニシャル一文字の場合」、「苗字・名前の二文字の場合」、「フルネームの場合」でも需要が変わるとも言われていますが、あくまで、商品の状態や人気、色、形などが主たる査定ポイントになるので、あまり気にする必要はありません。

ブランド買取の査定ポイント

ブランド買取の査定ポイント

ブランド品の査定ではどのような点がチェックされるのでしょうか?以下ではブランド買取における査定ポイントを見ていきましょう。

状態(傷やシミ、使用感)

ブランド品査定ポイント
大切に使用していても、こすったり、引っ掛けたりすればすぐに擦り傷となってしまう。

傷やシミ、使用感のチェックはその買取業者に依頼しても必ずチェックされる項目です。

バッグや財布であれば、角擦れや内ベタ(内側のべた付き)、革製品であればシミや使用感など、買取業者それぞれの査定基準に沿ってチェックされます。

同じアイテムでも大きく差がついてしまうこともあるので取り扱いには注意しましょう。

付属品や保証書の有無

ブランド品査定ポイント付属品
エルメスの査定では、クロシェット・鍵・カデナ・ショルダーストラップ・保存袋・箱・レインカバーなどが重要。

保証書などの付属品は一緒に査定してもらうことをおすすめします。

付属品の有無によって極端に買取価格が変わるというケースは稀ですが、ショルダーストラップや腕時計のベルトのコマなど重要度の高い付属品は有無により価格は変わってきます。

付属品をお持ちの方は、大切に保管し、査定の際には品物と合わせて査定してもらい高額査定を狙いましょう。

需要のあるブランドや人気モデルか

需要のあるブランドや人気モデル
ルイヴィトン カイサ・クラッチ ダミエ

ルイヴィトン・エルメス・シャネル・プラダといった、いわゆるラグジュアリーブランドは中古であっても需要が高く、高額査定にも期待が持てます。

中古市場における需要は人気は、買取価格を決めるうえで、重要な査定ポイントでもあります。

また高級ブランド以外では、定番アイテムや、使用する人の多いアイテムには高値が付きやすい傾向があります。

時計の場合

ブランド時計の付属品
ロレックス デイトジャスト サンビーム 116238

時計においての査定ポイントは上記のものと大きくは変わりませんが、「可動するか」という点が加わってきます。

動かないものでも自動巻きであればオーバーホールによって修理可能なので、買取は可能なようです。

しかしクオーツ(電池式)で動かない場合、止まってから数年が経過していると電池の液漏れのリスクもあるので、買取できないこともあるようです。

ブランド買取は早めが吉!

ブランド買取は早め

ブランドの買取は “早めに売る” のが基本です。

ブランド品の買取では、「二年以内」が売り時と言われていて、二年を過ぎると買取相場も大きく下がってしまう傾向があります。

流行遅れの型落ちモデルとなってしまう前に買取に出すのが得策でしょう。

また不要なブランド品をタンスやクローゼットにしまい込んでいると、経年により状態は少なからず劣化してしまいます。

使用後には汚れを取り除いたり、保管の際にもこまめにメンテナンスをしてあげるといいでしょう。

おわりに

ブランド品の買取では、傷やシミも査定額を決める上では重要なポイントです。程度によっては、買取不可となったり大きく価値を下げてしまうこともあります。

しかし買取業者によってはボロボロの品でもしっかりと査定額が付くケースも少なくありません。

諦めるのはもったいないです。まずは無料査定などで価値を把握しみてはいかがでしょうか?

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!