ブランド買取について

箱なしでもブランド買取可能!箱より重要な査定基準とは?

箱なしでもブランド買取可能!箱より重要な査定基準とは?

ブランド品を売ろうとしたとき、「付属品の箱がない!」と焦ってしまうことがあるかもしれません。ですが、ご安心ください。

箱なしでもブランド買取は可能です。やや査定額が下がる可能性はありますが、買取不可にはなりません。ブランド買取では、箱の有無より重要な査定基準がいくつかあります。本記事でまとめてご紹介しましょう。





ブランド買取は箱なしでも売れる!

箱なしのブランド品でも買取は可能です。ここでは、箱なしが買取価格へどう影響するかなどをまとめていきます。

箱なしでも買取可能な理由

ブランド買取業者は、品物本体をメインに査定し、買取価格を決めます。付属品の箱があればプラス査定になりますが、箱なしは少しマイナス査定されるだけです。

買取業者のなかには、箱ありと箱なしで査定額が変わらないところもあるため、比較してみましょう。

ちなみに、人気のエルメス、ルイヴィトン、グッチなどは常に強化買取していることが多いブランドであり、箱なしでも大きな減額にはなりません。

付属品、ギャランティ(保証書)がなくても買取可能

箱以外の付属品、ギャランティがない場合でも、買取業者に買取ってもらえることがほとんどです。

ただし、偽物のブランド品が多く出回っているブランドだと、査定に時間がかかったり、証明するシリアルナンバーや保証書がないと買取ってもらえなかったりするところがあるため、事前確認しましょう。

ブランド買取の取り扱い品目

買取業者ごとに取扱品目の数は異なりますが、一般的に多く見られるものを紹介します。

品目1.バッグ、財布、小物類(キーケースなど)

バッグと財布は特に需要があるため、状態がよいものは高額買取が期待できます。ルイヴィトン、エルメス、シャネル、グッチ、コーチなどのレディースが人気です。

品目2.時計

ロレックス、オメガ、カルティエ、ブルガリなどの高級ブランドは人気が高く、買取価格相場も高額な傾向があります。

品目3.アクセサリー、ジュエリー

最近はメンズも増えていますが、やはり多いのはレディース物です。カルティエ、エルメス、ブルガリ、シャネル、グッチ、ティファニーなどが人気となっています。

品目4.服、靴など

ウェアについては、ルイヴィトン、シャネル、バーバリーなどを強化買取している買取業者が多いようです。トップス、ボトムス、ハット、マフラーなど幅広く買取るところもあります。

ブランド買取で箱なしよりも重要な査定基準

ブランド買取で箱なしよりも重要な査定基準

ブランド買取では、箱なし以上に重要な査定ポイントがあります。箱の有無より気にすべき査定基準とは何なのでしょうか。以下で見ていきましょう。

基準1.状態

ブランド品に限らず、品物の状態の良し悪しは査定に大きく影響します。新品同様にきれいなブランド品は高額買取の対象となります。一方、傷が多くボロボロになったものはマイナス査定され、ひどいケースだと買取不可とされる場合もあります。

買取業者が査定時にチェックするポイントは、品目に応じて異なります。

買取品目 査定チェックポイント
バッグ 四つ角、持ち手、金具、ファスナー周辺、ポケットなど
時計 傷、よれ、電池切れ、予備のコマなど付属品など
洋服 襟、首元、脇、裾の汚れ。そのほかシミ、破れ、ほつれなど
財布 表面の美しさ、四つ角の汚れ、内側の擦れやよれ具合、ファスナーの開閉など

これらの状態の良し悪しに応じて査定額が決定されます。

基準2.売れるアイテムか

少し抽象的な表現となりますが、買取業者も再販して利益を出すことが目的で買取るため、確実に売れるアイテムかどうかを重要視する傾向にあります。

たとえば、人気ブランドの定番アイテムであれば、確実に売れる商品であるため、買取価格も高めです。しかし、人気があまりないブランドだったり、個性が強すぎてニーズがなさそうなアイテムだったりした場合、高額査定になりにくいと言えます。

基準3.最新モデルか

ブランド品はすぐに流行遅れになってしまうのが特徴です。鑑定士はブランドの最新アイテムかどうかも査定基準に入れ、新しいものは積極的に買取ります。型落ちしたものは査定額が下がる傾向があるため、注意しましょう。

ブランド買取における注意点

ブランド買取してもらう際には、以下の点に注意しましょう。

注意点1.ブランド買取業者は比較して選ぶ

ブランド買取業者は、それぞれ得意とするジャンルがあります。手持ちのブランド品を得意としている業者を探せば、高額買取が期待できるでしょう。

また、強化買取をしているブランドにも違いがあるため、複数の業者に査定してもらい、比較したうえで決めるのがおすすめです。

注意点2.無理に箱を用意しなくていい

インターネットなどでブランドの箱だけ販売していることがありますが、慌てて購入する必要はありません。

買取業者に箱なしと箱ありでどのくらい差が出るかを問い合わせ、ほとんど金額に違いがない場合は箱を用意しなくても大丈夫です。差額が小さく、箱を買った金額が高く付くと損になってしまいます。

注意点3.宅配買取の落とし穴

ブランド品買取の場合、偽物(コピー商品)は買取ってもらえません。店頭や出張ならその場で買取不可とわかり返却されますが、宅配買取のときだけは注意が必要です。

買取業者によっては、返送代を「着払い」で行うため、送るときは無料でも、返送代金を支払わなければならなくなることがあります。損にならないよう気を付けましょう。

まとめ

ブランド品買取は、箱なしよりも本体の状態やブランド力などの審査ポイントに重きを置いている買取業者が多いようです。

付属品の有無より、本体を大事に保管し、きれいにしてから査定してもらうようにしましょう。箱がなくてもあきらめず、高価買取を目指してください。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!