ブランド買取について

ブランド買取は汚れていても大丈夫!買取できないものや買取不可となった場合の対処法

ブランド買取は汚れていても大丈夫

高いお金を出して買ったブランド品。

もう使わないからと買取に出してみたら、汚れていることが原因で、買取不可にされてしまった、という声をよく耳にします。

しかし、ブランド品は、汚れていても高額買取になる可能性があります。

何度か買取を断られてしまったからと言って、売却を諦めるのはまだ早いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、買取を断られてしまったブランド品について述べていきます。





汚れ・箱無し・破損・古くてもブランド買取は可能!

びっくりしている男性

売りたいブランド品に汚れが付いてしまっていたり、箱が無くなってしまっていたり、一部が壊れてしまっていたりしても買取の可能性が無くなった訳ではありません。

状態の良くないブランド品でも買取はもちろん、高額買取にだって期待できます。

ブランド品は付属品がなくても買取は可能

汚れ・箱無し・イニシャル・破損・古い・ギャランティが無いなどの状態に当てはまっているからといって、買取が不可になる訳ではありません。

ブランド品によっては、高額買取に期待できるものもあります。

状態が悪くても買取できるブランド

希少性の高い商品や、エルメス(HERMES)やシャネル(CHANEL)などのハイブランドと呼ばれる高級ブランド品は、汚れや箱無し、破損などしている場合でも高額買取に期待ができます。

そのため、どんなに状態が悪くても、一度買取査定の依頼をし、プロの査定士に見てもらうことをオススメします。

状態が悪くても買取できる理由

ハイブランドと呼ばれるブランド品は、高価で希少性があるため、汚れていても欲しいという方が多数います。

そのため買取業者にとっても再販売しやすい品物である場合は、たとえ状態が悪くても買取してもらえる可能性は高いと言えます。

また状態が悪くても、買取業者によっては、買取価格にさほど影響がでないケースもあるため、一度査定に出してみることをオススメします。

買取価格が極端に下がってしまうものの状態

落ち込んでいる女性

過去にあったブランド買取における中古買取市場では、汚れていたり、破損していたりと、状態が良くないブランド品でも買取ってもらえるケースは多数あります。

しかしこの場合、必ずしも相場価格で買い取ってもらえるわけではないので注意が必要です。

以下、詳しく説明していきます。

買取不可ではなくても極端に価格が下がってしまうもの

状態が悪くても、そのブランド品に需要があるため、買取を可能とする場合もあります。

しかし状態によっては、相場の買取価格よりも下がってしまうこともあるため、注意が必要です。

汚れ、破損など状態ごとの買取について

ブランド品の汚れや破損が著しい場合、買取を断られてしまったり、買取価格が極端に下がってしまったりするケースがあります。

一方で、箱が無い場合や、正規店が本物であると証明して発行するギャランティカードが無い場合でも、買取価格が下がってしまうケースがあります。

しかしあくまでも上記は、過去にあった買取市場の一例となります。

上記のパターンでも高額買取に至ったケースもあるため、一度プロの査定士に見てもらうことをオススメします。

ブランド買取で買取できないもの

否定を示している女性

ブランド買取では、稀に買取できないケースがあるので、注意が必要です。

では、どんなケースだと買取できないのでしょうか。

その事例も含め、下記で詳しく紹介していきます。

ブランド買取で買取できないもの

上記でも説明してきた通り、汚れや破損など状態によっては、買取不可の場合もございます。

また、商標権違反のコピー品(ブランドロゴの偽造やギャランティカードの偽造など)だと判断されてしまった場合には、買取ってもらうのはほぼ不可能であり、コピー商品の買取には注意が必要です。

状態悪化により買取できないブランド

状態の悪化(品物の用途として機能できないほどの破損状態や、ブランドロゴやシリアルナンバーを確認できないほどの劣化状態など)によっては、買取に至りにくいブランドもあるので、注意が必要です。

また、比較的安価に手に入れることのできるブランドは、中古を買うよりも新品を買った方が良いと判断する方が多い傾向にあります。

そのため、中古買取市場によっては、買取を断られてしまうケースもあるので注意が必要です。

ブランド買取で取り扱うブランド一覧

ブランドイメージ図

ブランド買取と言っても、買取となる対象ブランドは実に多くの種類があります。

そこで以下の表では、ブランド買取市場でも特に人気と言われているブランドの一例をまとめてみました。

参考までに、ご覧ください。

ブランド名(日本語表記) ブランド名(英語表記) ブランド設立年
エルメス HERMES 1837年
ルイ・ヴィトン LOUIS VUITTON 1854年
グッチ GUCCI 1921年
プラダ PRADA 1913年
シャネル CHANEL 1910年
コーチ COACH 1941年
ボッテガヴェネタ BOTTEGA VENETA 1966年
カルティエ cartier 1847年
ブルガリ BVLGARI 1884年
バレンシアガ BALENCIAGA 1919年
セリーヌ CELINE 1945年
フルラ FURLA 1927年
ロエベ LOEWE 1846年
フェンディ FENDI 1925年

汚れや状態が悪く買取不可になってしまったら諦めるべき?

悩んでいる女性

売りたいブランド品の汚れや状態が悪いがために、業者に買取を断られてしまった場合は、売却を諦めるべきなのでしょうか。

しかし、答えは違います。

まだ、諦めるのは早いです。

下記では、買取を断られてしまったブランド品について詳しく述べていきます。

買取不可となってしまったブランド品でも他店で買取れる可能性

買取を断られてしまった品物を、他店にも見てもらいましょう。

業者によって、それぞれ買取った商品を再販売する販路が違うため、買取れる品物にも若干の差異があります。

ブランド買取は複数査定を受けることでより高額買取が可能

複数の業者に当たることで、一度は買取を断られてしまった品物を買取ってもらえる可能性は高まります。

また買取ってもらうだけでなく、複数の業者に当たることで、高額買取で買い取ってもらえる業者もいるかもしれません。

複数の業者に依頼をして、買取価格に納得できる業者に買い取ってもらいましょう。

ブランド品を高く買取ってもらうためには

ブランド品と女性

いざブランド品を買取ってもらえるとわかったとき、だれもが少しでも高く買い取ってほしいと思うのではないでしょうか。

そこで下記では、お手元にあるブランド品を1円でも高く買い取ってもらうために、いくつかポイントを紹介していきます。

是非、参考にしてみてください。

付属品や箱やギャランティカードは捨てずにしっかり保管しておく

ブランド品を購入する際、今後売却を予定しているのならば、正規店での購入をオススメします。

正規店で購入される場合、商品の箱や付属品はもちろん、購入した日付や店舗、購入者情報を記載したギャランティカードをつけてくれます。

ギャランティカードや商品の箱、付属品などは、売却の際に高額買取の可能性を高めます。

売却を考慮してブランド品を購入される場合は、正規店での購入をオススメします。

買取前に状態を確認し少しでも綺麗にしておく

『状態の悪いブランド品も買取ります』と宣伝している業者に見積もりを出す際にも、汚れているよりは綺麗な方が買取価格は高いでしょう。

そのため、目に見えるホコリを乾いた布で拭いたり、専用のブラシで汚れを取り除いたりして、自分でできる範囲で極力綺麗な状態にし、査定に出すことをオススメします。

複数の業者に依頼をしよう

複数の業者に依頼を行い選択肢を増やすことで、より自分が納得できる業者に買い取ってもらえます。

また複数の業者に依頼をしていることで、他の業者と価格交渉をする際にも、「あそこの業者は○○円だった」と言うことができるので、交渉を有利に進めやすくなります。

汚れたブランド品の買取まとめ

汚れているがために一度買取を断られてしまったブランド品でも、他の業者に出せば買取ってもらえることがあります。

そのため、買取を断られてしまっても、諦めずに他の業者にも依頼をしてみましょう。

その際は是非、この記事を参考にしてみてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!