ブランド買取について

ブランド買取ポイントまとめ!アイテム別の査定ポイントや買取価格アップのコツ紹介!

男性

みなさんは、ブランド品と聞いてどんなアイテムをイメージしますか?

ブランド品といっても様々なブランド名とともに、バッグから財布、時計やアクセサリーまで多岐に渡る品物があります。

コラムをご覧のみなさんも、若い頃愛用していたけれど使わなくなったブランドバッグをお持ちかもしれませんね。

そこで使ってみたいサービスこそ、ブランド買取。

ブランド品の買取は、ちょっとしたコツやテクニックで、買取価格を高くすることができます。

そこで今回はブランド品の買取を依頼するうえで試していただきたいコツやポイントについて、深く紹介していきますので是非参考にしてみてください。





ブランド買取査定のチェックポイント

女性

ブランド品を売る際、ネットオークションやフリマアプリなどを除き、査定をして買取ってもらうケースが多いのではないでしょうか。

ここでは、少しでも高く買い取ってもらうために、査定をしてもらう際のチェックポイントについて紹介していきます。

ブランド買取前の付属品等の確認

買取前に査定してもらいたい商品の箱や付属品等を確認しておいた方がよいでしょう。

また、これは本物であると正規店が証明する『ギャランティカード』や、代理店、非正規店などが証明する『証明書』などの有り無しを確認しておくのも大切です。

ここで注意しておきたいのは、箱や付属品、証明書などがあるからといって必ずしも買取価格が上がるわけではありません。

商品の箱・付属品・証明書がある=本物であるという証明になるため、「買取価格を下げにくくする重要なアイテム」とお考え下さい。

商品の箱や付属品等は普段使うことが無いため、失くしてしまったり、押入れの奥に眠らせてしまったりするケースが多いですが、査定前に準備できるかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。

査定時に出すブランド品は極力綺麗に!

皆さんはブランド品を買う時、どんな品物を手に取るでしょうか。

好きなブランドはもちろん、見た目が綺麗だったり、スマートなデザインだったり、第一印象で購入を決めることもあるのではないでしょうか。

少なからず査定も、上記に通ずる部分があり、査定する品物の第一印象はとても大事なポイントと言えます。

査定員は一目見て、査定する品物が大切に扱われてきたのがわかると、他の品物も大切に扱われているのだろうと判断したりすることも少なくないようです。

ブランドバッグの買取ポイント

ブランドバッグ

仕事や遊び、スポーツなど様々な場面で活躍するバッグは、ライフスタイルにおいて重要なアイテムとして親しまれています。

バッグをブランド品として所持している方は多く、中古市場でも活発に取引が行われています。

そこで以下ではブランドバッグの買取ポイントについて、紹介していきます。

ブランドバッグの買取について

日々の生活シーンで活躍するバッグの需要は高く、ブランドバッグは、高額で取引されている品物のひとつと言えます。

そのため、ブランドバッグの買取は、各買取業者が積極的に行っています。

とくにシャネル(CHANEL)やエルメス(HERMES)等のハイブランドと言われているブランドのバッグは、状態にもよりますが、高額買取が期待できるブランド品のひとつとなっています。

査定のチェックポイント

以下では、過去にあった中古買取市場にて、ブランドバッグの買取価格を決めるうえで、決め手のひとつとなったチェックポイントの一例について、いくつか挙げていきます。

バッグの持ち手

持ち手を見ることで、使用感などの判別を行います。

バッグの底の擦れ

バッグの底の部分にある4つの角の擦れ具合を判別します。

接合部分の金具やファスナーの状態

サビや傷などの有り無しを判別し、正常に動くか、締まり具合はどうか、剥げてはないかなどを確認していきます。

バッグ内部、ポケット内部のべたつき

長い間放置されてしまっていたり、日光等に当たってしまっている環境下では、べたつきが起こってしまい、そのべたつきの具合を確認します。

上記はあくまでも、買取価格を決めるうえで決め手のひとつとなった一例となります。

買取を依頼する際の、参考のひとつにしてみください。

買取価格をアップさせるために少しでも綺麗に見せるコツ

上記のチェックポイントから、バッグの持ち手や底の四つ角、接合部分の金具は、査定において重要な項目となります。

そのため、これらについているホコリや汚れは、軽く水を付けた布で水拭きをし、極力取り除いていきましょう。

また専用のオイルで乾き拭きをして、少しでもきれいに見せる工夫をしても良いでしょう。

買取不可な例

  • 品物に欠陥があったり、偽物であったりするケース
  • シリアルナンバー(固有番号)に故意につけられたような傷があり盗品の疑いがあると判断されたケース
  • 著しい破損や大きな汚れや色落ちにより、修復が困難と判断されてしまうケース

など、過去にあったブランド買取市場にて買取不可となってしまった一例となります。

上記のケースに当てはまるからといって、必ず買取が不可になってしまう訳ではありません。

状態が好ましくない場合でも高額買取に至ることもあるため、少しでも気になる物がある場合には、一度査定に出してみることをオススメします。

ブランド財布・小物の買取ポイント

財布

普段、お金や貴重品などをしまうことが多い財布や小物。

小さいため、容易に持ち歩くことができ、身近なアイテムとして、多くの人に親しまれています。

以下では、これらの買取ポイントについて述べていきます。

ブランド財布・小物の買取について

貴重な物を入れる財布や小物の需要はとても高いです。

そのため、ブランド財布やブランド小物は高額で取引されている品物のひとつとなっています。

とくにシャネル(CHANEL)やルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)等のハイブランドと言われているブランドの財布や小物は、状態にもよりますが、高額買取が期待できるブランド品のひとつとなっています。

査定のチェックポイント

以下では、過去にあった中古買取市場にて、ブランド財布や小物の買取価格を決めるうえで、決め手のひとつとなったチェックポイントの一例について、いくつか挙げていきます。

角の擦れや汚れ

何度も出し入れする財布や小物は、四つ角がとくに傷みやすい部分となっており、使用感を判別するうえで大切な項目となります。

内ポケットやカードケース部分の状態

小銭やカードを出し入れする際に、汚れや傷がつきやすく、こちらも、査定をするうで大切なチェックポイントとなっています。

ボタンやファスナーなど、接合部分の状態

何度も開け閉めを行う品物のため、正常に動くか、締まり具合はどうか、剥げてはないかなどを確認していきます。

上記はあくまでも、買取価格を決めるうえで決め手のひとつとなった一例となります。

買取を依頼する際の、参考のひとつにしてみください。

少しでも綺麗に見せるコツ

バッグ同様、ホコリや汚れは、軽く水を付けた布で水拭きをして、極力取り除いていきましょう。

また、専用のオイルで乾き拭きをして、少しでもきれいに見せる工夫をしても良いでしょう。

特に財布や小物は内ポケットが汚れやすい品物なので、大きな汚れはなるべく目立たないような工夫が必要です。

買取価格をアップさせるポイント

ブランド財布や小物の場合、全体の面積が狭いため、状態の管理がしやすい品物と言えます。

そのため、専用のオイルやブラシなどを使い、傷やシミが付かないよう細心の注意をしながら、汚れを磨いてみるのも良いでしょう。

買取不可な例

内ポケットが破れてしまっていたり、ファスナーやボタンが破損し、財布や小物として機能しない状態になってしまっているケース。

また財布や小物はバッグに比べて、比較的安価に全体をリフォームしやすい品物となっており、革やボタンなどを取り換えるようなリフォームがなされてしまっているケース

など、過去にあったブランド買取市場にて買取不可となってしまった一例となります。

上記のケースに当てはまるからといって、必ず買取が不可になってしまう訳ではありません。

状態が好ましくない場合でも高額買取に至ることもあるため、少しでも気になる物がある場合には、一度査定に出してみることをオススメします。

ブランド腕時計の買取ポイント

時計

携帯やスマートフォンの登場により、時間の確認をしやすくなった今でも、腕時計は多くの人が時間確認のアイテムやステータスを象徴とするファッションとして身に着けている方が多いようです。

そのため、腕時計の需要は高く、高額買取になりやすい品物のひとつとなっています。

以下では、腕時計の買取をする際にチェックしておきたいポイントについて述べていきます。

ブランド腕時計の買取について

腕時計は、ブランド品の中でも、特に精巧に作られている品物のひとつです。

複雑な作りの物が多く、価値を見極めるのが難しいため、買取を依頼する際には、信頼のおける査定士にみてもらうことをオススメします。

査定のチェックポイント

以下では、過去にあった中古買取市場にて、ブランド腕時計の買取価格を決めるうえで、決め手のひとつとなったチェックポイントの一例について、いくつか挙げていきます。

オーバーホールの有り無し

精密機器である腕時計は定期メンテンナンスが必要なため、時計の機能を維持するためには、オーバーホールと呼ばれる分解点検掃除が必要となります。

そのため、腕時計の査定では、オーバーホールの有り無しは大切なチェックポイントとなります。

全体的な傷の有り無し

全体的な傷の有り無しを確認していきます。

とくに文字盤の傷は目立つため、文字盤の傷確認は丁寧にしていきます。

リューズ(竜頭)の状態

リューズとは、文字盤の横にあるゼンマイのことを指し、主に時刻やカレンダーの設定などを行います。

リューズは、出っ張っていることが多く、洋服などに引っ掛かりやすいパーツとなります。

そのため、リューズがちゃんと機能するかとともに、損傷具合などを確認します。

上記はあくまでも、買取価格を決めるうえで決め手のひとつとなった一例となります。

買取を依頼する際の、参考のひとつにしてみください。

買取価格をアップさせるポイント

買取価格をアップさせるためには、オーバーホールをしておいた方が良いでしょう。

しかし1~2ヶ月時間がかかってしまうのと、数万円の費用がかかってしまうため、買取価格によってはマイナスになってしまうので、注意が必要です。

また時計は年号やモデルを把握するために、購入時についてきた箱や付属品が査定における重要な参考資料となるため、用意できる場合には予め準備しておいた方が良いでしょう。

買取不可な例

クオーツと呼ばれる電池式の時計で、3年以上止まってしまっているものは、内部で液体漏れの可能性があると判断され、買取を断られてしまうケース

リューズの大きな破損や、時計のベルトがそのブランドの物でないがために、買取不可になってしまうケース

など、過去にあったブランド買取市場にて買取不可となってしまった一例となります。

上記の事例でも高額買取に至ったケースもございます。

そのため、ブランドの腕時計はどんな状態でも高額買取になる可能性があります。ご自身のみで判断せず、一度査定に出してみることをオススメします。

ブランドアクセサリー・貴金属の買取ポイント

アクセサリー

小さなアクセサリーや貴金属もブランドの付加価値によって、さらに高額買取になる可能性があります。

以下では、ブランドアクセサリーや貴金属の買取ポイントについて述べていきます。

ブランドアクセサリー・貴金属の買取について

アクセサリーや貴金属は、金やプラチナを使用している場合、素材だけでも高額買取になる可能性があります。

そこに、ブランドが付加価値として加われば、高額買取の可能性はより高まってきます。

査定のチェックポイント

以下では、過去にあった中古買取市場にて、ブランドアクセや貴金属の買取価格を決めるうえで、決め手のひとつとなったチェックポイントの一例について、いくつか挙げていきます。

シリアルの有り無し

アクセサリーでは、ブランドの品番を証明するシリアルの有り無しを確認します。

ただでさえバッグや財布に比べて小さいサイズが多いアクセサリーですが、小さく刻まれていることが多くシリアルを探すのは、容易ではありません。

また、シリアルがないからと言って、ブランドではないという訳ではないので、注意が必要です。

素材の種類

アクセサリーは、金やプラチナを始め、シルバーなど様々な種類の素材で作られています。

この素材の種類によって、買取価格が変わってくるため、どんな素材であるかを確認します。

アクセサリーの重さ

高価な素材である場合には、その素材の重さを計っていきます。

金やプラチナなど高価な素材の場合、状態にもよりますが、重ければ重いほど買取価格は上がっていきます。

上記はあくまでも、買取価格を決めるうえで決め手のひとつとなった一例となります。

買取を依頼する際の、参考のひとつにしてみください。

少しでも綺麗に見せるコツ

査定に出す際に、ブランドアクセサリーや貴金属を少しでも綺麗に見せるため、専用の洗剤などで、手の脂や化粧品による汚れを洗い落としておきましょう。

また、宝石がついているアクセサリーの場合、汚れ具合によって輝きが変わったりもします。

ただし、洗剤によっては変色や傷などをつけて劣化させてしまう場合があるので、注意が必要です。

買取価格をアップさせるポイント

買取価格をアップさせるため、上記でも述べたように、査定前に予め綺麗にしておくことをオススメします。

また、ブランドが「本物である」と証明する証明書や鑑定書などがある場合には、事前に準備しておき、査定の際に見せることで買取価格がより高まる可能性があります。

買取不可な例

ブランドのシリアルなどが確認できなかったり、メッキ素材のアクセサリーは買取不可になってしまうケース

また、素材としての買取価格がつけられないブランドアクセサリーが、使用不可能なほど損傷している場合も買取不可になってしまうケース

など、過去にあったブランド買取市場にて買取不可となってしまった一例となります。

上記に当てはまっても、高額買取になった事例もあるため、ご自身のみで判断するのではなく、一度査定に出してみることをオススメします。

ブランド品は高く売れるもの?買取業者はどこに決める?

実際にブランド品を売る際には、どんな業者に依頼をするのが良いのでしょうか。

また、どんなブランド品が高く売れるのでしょうか。

下記では、ブランド買取における業者選びのポイントについて述べていきます。

ブランド買取で高く売れるもの、価格の付きにくいものの特徴

どんなブランド品が高く買い取ってもらえるのかを探るには、そのブランドが何をメインに作っているかを知るのもひとつのポイントとなります。

例えば、HERMES(エルメス)やCHANEL(シャネル)、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)などのブランドは他の商品も幅広く展開しているものの、メインがバッグであるため、バッグの買取価格はより高額になりやすい傾向にあります。

一方で、cartier(カルティエ)やBVLGARI(ブルガリ)などのブランドは、メインがアクセサリーやジュエリーのため、バッグをメインにしているブランドに比べて、バッグの買取価格が低くなってしまう傾向にあります。

上記のことから、そのブランドがメインとしている品物は、高額買取になる可能性がより高まります。

また参考までに、中古買取市場において値段が付きやすい有名ブランドの一例を以下の表にまとめましたのでご覧ください。

ブランド名(英語表記) ブランド名(日本語表記) ブランド設立年
HERMES エルメス 1837年
CHANEL シャネル 1910年
LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン 1854年
VERSACE ヴェルサーチ 1978年
BURBERRY バーバリー 1856年
cartier カルティエ 1847年
GUCCI グッチ 1921年
COACH コーチ 1941年
chloe クロエ 1952年
CELINE セリーヌ 1945年
Chiristian Dior クリスチャンディオール 1946年 
PRADA プラダ 1913年
FENDI フェンディ 1925年
FURLA フルラ 1927年
HUNTING WORLD ハンティングワールド 1965年
BVLGARI ブルガリ 1884年
BALENCIAGA バレンシアガ 1919年
Yves Saint Laurent イヴ・サンローラン 1961年

ブランド買取の業者選びのポイント

ブランド買取の業者選びでは、その業者の評判を調べるのが、一番の近道です。

インターネットだけでなく、知人や友人の意見も参考にし、直接足を運んで店頭での販売価格を調べてみるのも良いでしょう。

各業者、それぞれ買取った商品を再販売する販路が違うため、ブランドの種類によっては買取価格に若干の差異があります。

そのためひとつの業者のみに依頼をするのではなく、複数の業者に依頼をし、一番納得できる買取価格を提示してくれた業者に買い取ってもらうことをオススメします。

ブランド買取のまとめ

ブランドと言われているものは、千差万別です。

そのため買取の依頼をする前に、「ブランド」と「そのブランドの品物」をある程度調べておくことをオススメします。

業者によって、それぞれ展開している相場も変わってくるので、1円でも高く売りたい場合には、事前準備をしてから買取に臨みましょう。

また、今回ご紹介した「ブランド買取におけるポイント」をしっかり押さえておけば、大切なブランド品の買取価格を今まで以上に高くできるかもしれませんので是非ご活用ください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!