ブランド買取について

買取率の高いブランド品と高値がつきやすいブランドの特徴を解説!

買取率の高いブランド品と高値がつきやすいブランドの特徴を解説

「買取率」という言葉は、あまり耳慣れない方も多いと思います。
ここでは、ブランドの買取で、査定額や買取価格よりも重要といっても過言ではない「買取率」についてお話します。





ブランド品の買取率とは?

まずは「買取率」の意味について、例を挙げてご説明します。

例えば、ブランドのバッグを50万円で購入したとします。時間が経過し、このバッグを買取に出した時の査定額が25万円だったとすると、その買取率は、25万円÷50万円の計算から、50%ということになるのです。

せっかく高額のブランド品を購入したわけですから、買取してもらう際にも、なるべく購入時の価格に近い査定額をつけてほしいと思うのが正直なところです。

査定の買取額が同じ25万円でも、そのブランド品の元の値段によって価値は異なってきますので、ブランド品の買取で重要なのは、買取額よりも買取率ということになります。

また同じブランドの同じ商品でも買取率が変わってくる場合があります。なぜ同じ商品で買取率が変わってしまうのでしょうか。

買取率はその商品がどこで販売されたかによって変動することがあります。基本的に「国内正規店>正規店アウトレット>並行輸入」の順で買取率が高くなる傾向があります。

同じモデルのブランド品でも、タグや刻印などで、その商品がどういうルートで販売されたものかがわかるようになっていて、買取業者はそれらのポイントをチェックして買取価格を算出します。

ただしアウトレット品や並行輸入品でも、素材や状態を確認して需要が見込めると踏んだ場合には、国内正規店販売の品と変わらない買取率で買取がおこなれることもあります。

業者によって買取率は違う

業者によって買取率は違う

販売ルートによってブランド品の買取率が変動する場合があることをお話しましたが、更に、買取率はその商品を買い取る業者によっても異なります。これには、ブランド品は状態によって査定額が大きく変わってしまうため、買取率のガイドラインのようなものは無いことが関わっています。

また、業者ごとに査定基準が異なることも原因の一つです。小売り店舗では在庫の関係で、買取価格を控えめに提示することもあります。在庫が溢れていては高額買取には繋がりにくいと伺えますね。

そして、高額商品に多い例ですが、費用対効果が合わずしていくら高額のバッグでも控えめの金額提示をする買取店も多いようです。

また買取店の業態(買取専門店か小売り店か)によっても査定基準は異なります。

買取専門店は、販売実店舗を持たずに買取のみを行い、業者への売却(卸販売、オークションなど)を前提としている業者です。業者へ売却できることもあり、商品の状態がよければほとんどのものを買取してくれる場合が多いです。

買取専門店に対して、小売買取店は、店舗で買取も小売りも行っている業者です。特徴として、小売買取店はその業者で得意な分野があることが多く、その得意分野の商材の買取などでは高めの査定額をつける場合もあり、買取率も高くなる可能性が期待できます。

ブランド買取の査定価格の決め手

ブランド買取の査定価格の決め手

持っているブランド品を査定に出すのなら、少しでも高く査定してほしいものです。もし、新品もしくは未使用同然の状態であれば、余計な傷や汚れがつかないよう、普段から丁寧に扱い保管場所にも気を付けましょう。中古品であれば、ほこりや汚れなど自分で綺麗にできるところは、クリーニングを行った方が比較的高めの査定額が期待できます。

中古品でも、需要の高い商品には値段が付く場合があります。これは買い取った後に、業者でクリーニング代を負担しても利益がとれることが見込める場合などです。とはいえ、自分で可能な限り綺麗にしておけば、その分高い査定額が期待できるので、自分でできるクリーニングは施しておいた方がよいでしょう。

また、新品・中古品にかかわらず、元から付いていた付属品は、揃っているほど査定額が高くなる可能性があります。どこにしまったか忘れてしまっていても面倒くさがらずに、準備できる付属品は全て用意して査定当日に備えましょう。

高値がつきやすいブランド品の特徴

例えば同じ新品のブランド品でも、高値が付きやすい商品とそうでない商品があります。

これは市場の需要によるところですが、高値が付きやすいブランド品というのは、一般的に「定番商品」と呼ばれるものです。この理由としては、一目見てそのブランドの品だと認識しやすいデザインのほうが好まれる傾向にあるためと思われます。

それに対して、記念モデルなどの「限定商品」には希少性はあるのですが、せっかく高い金額を支払って購入するのであれば、まずは使いやすい定番商品を求める方が多いようです。また、使いやすいという意味から、カラーが「黒」のものには人気があり、高値が付きやすい傾向にあります。

買取率の高いブランドとは?

買取率の高いブランドとは?

それでは、具体的に買取率の高いブランド品は何なのでしょうか。

ルイ・ヴィトン

ブランドバッグのカテゴリで、一般的に買取率が高いといわれているのは「ルイ・ヴィトン」です。同じ価格帯のイタリアブランドでグッチやセリーヌがありますが、並行輸入店やアウトレットなどでの購入が可能なため、そういった購入ルートがないルイ・ヴィトンの買取率のほうが高いのです。

またルイヴィトンの中でも、「ネヴァーフル」「イエナ」といった流行中の人気モデルであれば、状態によっては80%を超える買取率となることもあるようです。

ロレックス

またブランド時計のカテゴリで買取率が高いといわれているのは「ロレックス」です。ブランド時計で有名なブランドには、他にブルガリやオメガ、タグ・ホイヤーなどたくさんありますが、これらは取引相場の影響が出やすいのに対して、ロレックスは影響が小さく、影響が出たとしても、査定額の下がり度合いは小さいのです。

その中でも更に買取率の高い商品とは?

さらに買取率の高いブランド品とは

次にブランド買取においてさらに高い買取率が期待できるアイテムをご紹介します。

ルイ・ヴィトン/ダミエ

ルイ・ヴィトンには人気の定番柄の「モノグラム」がありますが、買取率から考えると「ダミエ」の方が高い傾向にあります。これは、ダミエ柄の方がモノグラムと比較して、汚れや変色が目立ちにくく査定の際にも全体的にきれいな状態に見えるためです。一般的に、汚れ等がつきにくいモデルのほうが、買取率が高い傾向にあるといえます。

エルメス/バーキン、ケリー

またブランドの定番「エルメス」のなかでは、「バーキン」や「ケリー」の買取率が高い傾向にあります。これは、バーキンやケリーのバッグは、エルメスのショップに行っても普通に購入できる商品ではなく、ある程度エルメスでの商品購入歴がある人など、いわばエルメスの店員に認められた人のみが購入できる商品であるということから、エルメスで商品を購入した経験がない人には、買取品でも必ずと言っていいほど売れることがわかっているためです。その中でも、新品未使用で定番色の黒やパッションカラー(ピンク・レッドなど)は元値100%以上の査定額が付く場合があります。

ロレックス/サブマリーナ、デイトナ、GMTマスター

ブランド時計「ロレックス」では、「サブマリーナ」や「デイトナ」「GMTマスター」などの買取率が高いといわれています。ロレックスには他にもデイトジャストなどのドレスモデルが存在しますが、買取率が高いといわれているのは、サブマリーナやデイトナ、GMTマスターなどのステンレススチール製スポーツモデルです。これらは予約でほぼ売れてしまい、正規店でもなかなか店頭で購入することができないため、最近では希少価値が高まっており、場合によっては買取率が元値を超え120%程になることもあるようです。但し、限定モデルは相場が安定しないため、定番のモデルのほうが買取率が安定しています。

その他のブランドの買取率や買取の特徴について

その他のブランドの買取率や買取の特徴について

幾つか例を挙げて各ブランドの買取率の傾向についてお話いたしました。ここでは、そのほか買取に出されることが多く、もしかしたら皆さんがお持ちかもしれない下記3ブランドの買取率や買取の特徴についてお伝えします。

シャネル

シャネルは国内外で安定した人気があります。買取率は、高くても75%程迄となりますが、バッグだけに限らずアクセサリーや時計などの古い商品でも「ヴィンテージシャネル」として、若い人たちに人気があるため、比較的に査定額が高くなる特徴があります。

グッチ

グッチに関しては、並行輸入品も多いため、買取率はいくら高くても70%程迄となってしまいますが、買取額は比較的安定しています。30~40年程前のヴィンテージ品「オールドグッチ」は非常に安く手に入ることから人気が出始めており、買取価格も上昇の傾向にあります。

プラダ

プラダは高級ブランドの中では手頃な価格設定ということから、若い人にも安定した人気があります。商品は並行輸入やアウトレットで販売される商品が多く、買取率も50%程と考えられます。それにより買取価格は安めなってしまいますので、もし今後使わないと思ったのであれば早めの買取をおすすめします。

ブランド品を少しでも高く売るためのコツ

ブランド品を少しでも高く売るためには、早めに買取に出すことが重要です。購入から二年が経つと大幅に買取相場が下落してしまう傾向があるのです。

ブランド市場では次々に新作が発表されています。不要になってクローゼットにしまい込んでいれば、すぐにモデルとしても古くなってしまいます。不要なブランド品は新しいモデルのうちに買取してもらいましょう。

そして売りに出すことを決めたら、まずその商品にどれほどの価値があるのか、インターネットなどを利用して調べてみましょう。「その商品の型名+買取」などで検索をすると、業者のサイトに買取価格が掲載されている場合があります。

そういったサイトを複数確認してみて、大体の買取相場をあらかじめ把握しておくことで、実際査定したときの査定額が高めなのか安めなのかを判別することができます。

また、いくらその商品を売りたいとはいえ、突然の訪問買取や押し買いには取り合わず、自分で手配した業者に買取をお願いして納得のいく価格でブランド品の買取をするようにしましょう。

ブランド品の買取率とブランドの特徴:まとめ

ブランド品の買取率は、ブランドとその商品によって限界点(上限)が決まってきます。買取業者によっても基準が異なり、査定額も変わってきますので、査定は複数の業者で相見積もりをとりましょう。

また、ブランド品買取を依頼する際には、事前にそのブランド品の価値を調査して、適正な価格帯のなかでなるべく高く買い取ってもらえるように工夫しましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!