金コラム

金の中でも人気の「18金」とは?

金の中でも人気の「18金」とは?

アクセサリーや調度品として人気の金ですが、その純度によってランクが異なります。

よく聞く「18金」とはどのような金なのでしょうか。

18金の定義や用途、素材の種類などをご紹介します。





18金とはどういう意味?

金は、その元となる金(Au)の純度によってランクが分けられています。

最も純度の高い金99.99%は「24金」と呼ばれ、金の特性である柔らかさや金色の輝きがよく発揮される金属となっています。

次のランクが「18金」で、金75%に他金属が15%混ぜられています。

続いて、金58%の「14金」、金42%の「10金」が主なラインナップであり、他金属の含有量が高くなるほど色味や耐久性が変化していきます。

他金属として混ぜられるものとして一般的なのはシルバー、パラジウム、銅などがあり、シルバーやパラジウムが多いと白っぽい金色になり、銅が多いとピンクがかった金色になります。

また、金自体はとても柔らかいため、他金属を混ぜることで耐久性が上がり、キズや変形を防いだり、加工しやすくなったりします。

 

用途によって適した純度はさまざま

金は単に純度が高ければ良いというものでもなく、用途に応じて適した純度というものがあります。

たとえば、24金は柔らかいため普段使いのアクセサリーには適さず、コインやインゴットなど資産価値のあるものに加工されることが一般的です。

18金は金の輝きやしなやかさを保ちつつ、硬度を上げて日常使用に耐えうる金属となっているため、結婚指輪などのアクセサリー素材として人気です。

また、時計やライターなどの嗜好品にもよく使われています。

純度が低めの14金や10金は、リーズナブルなアクセサリーやペンなどの日用品として加工されています。

このように純度によって異なる用途に活用されていますが、アクセサリーであれば18金?10金が目安であり、そのうち価値が高く贈り物に適しているのは18金アクセサリーということになります。

 

18金で代表的な素材とは

18金は、混ぜられる金属によって性質が左右されます。

代表的なのはホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの3種類です。

ホワイトゴールドは金75%にシルバー15%・パラジウム10%という配分が一般的であり、プラチナにも似た白銀色が特徴です。

プラチナよりも硬質であるため加工しやすく、結婚指輪などの素材として人気を得ています。

イエローゴールドは金75%にシルバー15%・銅10%が一般的で、金本来の色を活かした色味が特徴であり、カジュアルな見た目や経年による変色が少ないことがメリットです。

ピンクゴールドは金75%に銅25%が一般的であり、日本人の肌に似合うピンクがかった色味が魅力です。

 

アクセサリー以外にも多様な18金製品

アクセサリー素材として人気の18金ですが、他にもアンティークスプーンや置物などの調度品、腕時計や置き時計、万年筆、時にはメガネのフレームまで様々な製品があります。

一見すると古く汚れてしまっていても、適切なクリーニングを施せば、高い価値がつく場合があります。

古い金製品が眠っている場合は、買取業者に査定してもらうこともおすすめです。

 
お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!