金コラム

万人に愛される金の喜平ネックレスとは

  • シンプルなデザインで、飽きのこない喜平ネックレス。日常的に着用できるだけでなく、資産や投資価値があることもポイントです。喜平ネックレスの基本情報や、メジャーな18金喜平ネックレスの特徴、さらに希少性の高いプラチナの喜平ネックレスについてご紹介します。

    喜平ネックレスの特徴とは

    喜平ネックレスとは、金属を鎖状にしたネックレスのことを指します。単に金属を輪にしてつないだだけでなく、さらに90度ひねって押しつぶし、押しつぶされた面がきれいに並んで見えるようになっているデザインが喜平ネックレスの特徴です。喜平という名称の由来には諸説ありますが、初めてこのデザインを作ったのが鈴木喜平という名だった、アメリカの騎兵隊が身につけていたなどがメジャーな説です。喜平ネックレスは、断面に見える平面の数によって区別されており、平面が2つの二面喜平、平面が6つの六面喜平、平面が8つの八面喜平などが代表的です。この平面が増えるほど、加工に手間がかかっている証であるためネックレスの価値も上がっていきます。

    18金の喜平ネックレスがメジャー

    喜平ネックレスに用いられる素材としてメジャーなのは、18金です。金は純度によって分類されていますが、純金である99.99%純度の24金は、柔らかく熱に弱いためアクセサリーにはあまり使われていません。アクセサリーとして用いられる金の中でも、特に純度が高いのが、金75%に他の金属を25%配合した18金です。他の金属の含有率が高くなるごとに、さらに14金、10金と区別されていきますが、金の純度が比較的低いことから価格もやや低めとなります。比較的純度の高い18金の喜平ネックレスは、アクセサリーとしてはもちろんのこと、資産としても価値があります。

    資産価値もある喜平ネックレス

    なぜ喜平ネックレスに資産価値があるかというと、比較的純度が高いことと、他のアクセサリーよりコストが低いことが主な理由です。喜平ネックレスには18金や14金などが多く使われていますが、同じ純度でハイジュエリーを製造すると、加工や流通の点からコストが増大します。しかし、喜平ネックレスにはそのようなコストがあまりかからないため、金本来の資産価値に近い価値を持つアクセサリーなのです。使用していない喜平ネックレスが家に眠っていれば、買取業者で価値を確認してみることもおすすめです。

    実はプラチナの喜平ネックレスも

    喜平ネックレスといえば金色のイメージですが、白銀色をしたプラチナの喜平ネックレスも人気です。最も純度の高いプラチナであるPt1000は、純度99.99%を誇りますが、純金と同じく柔らかすぎてあまりアクセサリーには適していません。ネックレスとして加工されるプラチナは、純度95%であるPt950から純度85%のPt850程度が一般的です。これらは、プラチナにパラジウムなどの白い金属を混ぜることで、強度と白い輝きを増しています。金と同じく、純度の高いほうが価値は高い傾向にあります。プラチナはもともと希少性の高い金属であり、さらに近年ではホワイトゴールドで代用されることも増えてきたため、流通量が比較的少ないことも特徴です。もしプラチナの喜平ネックレスが手元にあれば、査定に出すことで意外な価値がわかるかもしれません。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報