金コラム

【金コラム】買取と純度の関係

買取と純度の関係

  • 金買取りに出された方の中にはそれなりに重さのある製品なのにずいぶんと安い金買取り額になったことに不満を抱かれた方や逆に小ぶりの製品であるにも拘らず、予想以上の高値がついて喜ばれた方がいらっしゃるのではないでしょうか。

    金買取り業者は、店舗や自社サイトに大体の金買取り額の例を掲示していますが、必ずしもそれに近い金額で取引されるわけではありません。なぜなら、金買取り金額には重量の他に、その日の相場と純度が関係してくるからです。

    純度とは、金製品に含まれている金の含有量のことです。アクセサリーの場合には、留め具や裏側など目立たないところに○○Kと刻印されていることが多いですが、これが純度の表示です。金の場合は24分率で表記されますので、例えば18Kの場合には24分の18で、重量の内75%が金の含有量24分の24の場合には純金ですので重量のすべてが金であるということになります。

    金買取り金額は、その日の相場に純度と重量を乗じたものから業者の手数料を差し引いたものとなっていますので含有量が少ない金製品の場合には、重量があってもあまり高い買値がつきません。

    逆に、純金の製品の場合には、単純に相場に重量を乗じた金額になりますので、予想以上の高値になることも納得がいくというものです。

    基本的に、金は純金だと柔らかか過ぎてアクセサリーに使いづらいので一般的には18Kのアクセサリーが多くなっています。金買取りの例でも18Kのアクセサリーを売却したケースを表示していることが多いので8Kなどの重めの製品を金買取りに出したときは安い金額に感じられますし逆に、24Kや22Kといった純度の高い製品を持ち込んだ場合には、思ったよりも高い金額になります。

    一方、インゴットと現在使われている金貨は例外でプレミア価格がつくため、同じ重量の純金の製品と比べても更に高い買値になります。

    買取にだすときの参考にしてください。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報