性質

  • 金買取りでは、純度や重量、その日の相場に応じて金買取り額が決められます。

    ほかにどのようなものが混ざっていようが、商品が破損していようが関係ありません。これは、他の商品の買取りでは見られない、金買取り独特の特徴です。

    なぜこのように金買取りの場合は好条件になっているかというと、そもそも金買取りで回収した金は加工して再利用されるため、形状が全く意味を成さないこと、安定した性質を持っているため、何度加工しても新品同様に使えるし、古いものでも関係ないことなどが挙げられます。

    一般的に出回っているアクセサリーなどは、耐久性の問題上、他の金属を混ぜて硬くしたり、色合いを変えるといった加工がされています。

    金買取りではほとんどが純度100%ではないものばかりですが、これらが問題なく買い取られているということは、再加工しても金本来の性質をきちんと維持できているということです。

    元々、金は変質しにくい性質を持っているだけでなく、腐食や錆びに強く、電気を通しやすいという工業製品に適した性質を兼ね備えていますので、宝飾品だけでなく、様々な分野で必要とされています。

    希少性だけでいえばはるかに上のプラチナをもしのぎ、価値が跳ね上がっているのは、このような特質を持っていて今後も需要が見込まれることに加え、経済面でも世界各国に大きな影響力を与えているためでもあります。

    このように様々な面で利用価値の高い物質ですが、既に埋蔵量は7万トン程度しかないといわれており、今後は使われなくなった製品を加工して再利用する方法が主流になると考えられています。

    上記の通り性質面では問題がありませんので、後は金買取りでどれだけの眠っている金製品を回収できるかにかかっています。

    もし、壊れたアクセサリーなどをお持ちの場合には、決して捨てずにそのまま金買取り業者に持ち込んでみましょう。嫌な顔はされませんし、思いもよらない高額査定になることも多々あります。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報