金コラム

【金コラム】価格の長期的な流れ1

価格の長期的な流れ1

  • 金買取りは、金価格の上昇に伴って業者数が増えてきました。

    では、今後金価格が下がっていくことがあったり、金買取り業者が大幅に少なくなることがあるのでしょうか。

    金は、大きく分けて経済的な影響力を持っている点、宝飾品としてその美しさが評価されている点、工業製品として優秀な金属である点、資源が非常に少なく、
    希少価値が高い点などから高額で取引されています。

    経済的な影響力という点では歴史が長く、古くは通貨の代わりとして使われていましたし、現在でも製造費はごく僅かとなっている紙幣などの通貨の価値を安定させる働きを持っています。

    そのため、経済面での金の価値は今後も大きく変動することはないと考えられています。

    宝飾品としての価値は今後の需要によりますが、工業製品や精密機械の分野では、今後も需要が増えることこそあれ、大幅に減る可能性は低いでしょう。

    むしろ、金買取りによってより多くの金を回収して再利用する方向になっています。

    希少価値からいくと、既に埋蔵量はある程度算出されており、仮に現在のペースで採掘を続けると20年程度で枯渇するだろうといわれています。

    そのため、長期的な金価格の流れは、安定しているか、上昇傾向にあるというのが大方の見通しです。

    このような流れを受けて、金買取りではインゴットや通貨だけでなく、不要になっている金製品ならば何でも購入するようになっています。

    今後、長期的な流れでは、金は慢性的な不足状態になり、金買取りが更に活発化していく可能性があります。

    ただ、宝飾品に使われている割合が大きいため、宝飾品の需要が下がった場合には金買取り価格が上昇していくと確信することはできません。

    金買取りに出すタイミングは自分で測らなければなりませんが、短期的な方法としては、相場が高い日を狙って金買取り業者に持ち込んだり、複数の業者から見積もりをとって高額査定をしたところに依頼すると、より高く売却できます。

金買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報