金コラム

【金コラム】純度って何?

純度って何?

  • 金買取りを利用するときには純度が問題となります。純度によって金買取りの価格は異なりますから、保有している金や、あるいは購入しようと思った金の純度を把握しておかなければならないでしょう。

    純度とは、つまり含まれている金の割合です。

    割合というとパーセントで表すとわかりやすいのですが、金の場合には24分率で表されているために、少しわかりにくい人も多いと思います。

    金買取りを利用するときにも24分率を把握しておく必要があります。24分率とは、最大が24という事です。金買取りでは24金が最も高く買い取られますが、この24金とは割合が100パーセントのものを指します。24/24という事なのです。

    24金は100パーセントですから、「純金」と言われることもあります。ただ、厳密には100パーセントである必要はなくて、99.99パーセント以上であれば24金と言われます。

    アクセサリーなどでよく用いられるのが18金です。18金は18/24=75%となります。金が75%含まれているものです。純金は柔らかいという特徴がありますから、アクセサリーなどの装飾品としては適していないために、他の金属を混ぜて加工しやすくしています。

    どのような金属を混ぜるのかによって輝きが異なります。金の色が異なるのはこのせいなのです。

    14金もアクセサリーとして用いられます。割合としては58.5%となりますが、美しい輝きは変わらないまま加工しやすくなっています。このように、金にも色々な種類があるということを知っておく必要があるでしょう。

    金買取りの価格は24金が最も高いですから、資産を保有する目的であれば24金が適しています。インゴットなどは24金で出来ています。

    金買取りは身近なものになってきましたから、多くの人が金買取りを利用していると思いますが、金買取りを利用するときには金の純度についてきちんと把握しておくことが必要となってくるのです。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報