金コラム

【金コラム】金価格の豆知識

金買取とは?

皆さまも既にご存知のように近年、金価格の上昇が続いています。

某大手金専門業者の資料で店頭小売価格の平均をみると、2008年(平成20) が1グラムあたり2,937円だったのが、2010年(平成22)にはもはや3277円と 340円も値上がりし、2011年(平成23)では4060円にまで上がっている驚きの事実があります。

今回は変動する金価格の変動について豆知識をご紹介していきます。





今はまさにアベノミクス効果で世界の経済まで巻き込んでのゴールドブーム

2012年(平成24)現在では4700円近辺で取引されています。 金も、売買される商品のひとつなので、その価格は、当然ながら需要と供給の関係によって決まります。 つまり、「高くても欲しい」という人が多ければ、価格は上昇し、「安くなっても売りたい」という人が増えれば価格は下落します。 金市場は、ロンドン、ニューヨーク、香港、チューリッヒが世界の4大市場 といわれていますが、そのほか、東京やシドニー、上海、シンガポール、インドなどにも大きな市場があります。 その金市場で現在、価格にもっとも大きな影響を与えているのは、いわゆる「投機マネー」なんです。 たとえば、近年の金価格の上昇は、それまで絶好調だったアメリカ経済 2008年にアメリカで起きたリーマンショックで大打撃を受けたことに端を発しています。 経済を回復させるため、アメリカの金融当局が大量の量的緩和政策を実施すると、大量のドルが市場に出回りました。 その資金が安全資産とされる金に向かい、金価格が急上昇したのです。限りある資源の金を資産にしたい人が沢山いらっしゃるので当社も頑張って高額で買い取る事が可能なんです! 高まる金の重要のために、是非、当社へ金をお売りください!

安定性が高い分、反応性が低く、人体に悪影響を与えることが少ない素晴らしい金属

たとえば純金の指輪は、親指と人差し指で強く押せば、グニャッと曲がります。 「アクセサリーは純金製でなければ」という中国人や東南アジアの人々にとっては、その軟らかさこそが、金の金たる証になっています。 むろん、軟らかければ、傷もつきやすいので、金は銀や銅、その他の金属と合金にされて用いられることも多いのです。 その金の用途として、もっとも多いのはやはり、私的保有なのです。 世界に出回っている金の総量約55パーセントが、金貨や延べ棒などの形で、私的に保有されています。 それはつまり安定した資産になるからに他なりません! 保有量の多い国は、第1位からアメリカ、ドイツ、フランス、イタリア、中国の順で、近年、とくに保有量を増やしているのが、中国、ロシア、インドと中東の産油です。 次に用途として多いのは、やはり「アクセサリー」です。 金は、有史前からアクセサリーとして用いられてきましたが、現在でも驚くことに出回る金の約4分の1が装飾品として利用されています。 金が装飾品として利用されるのは、むろん美しく、しかも希少価値があり、いざというとき換金もできますし、もうひとつ金には金属アレルギーを起こしにくいという特長もあります。 安定性が高い分、反応性が低く、人体に悪影響を与えることが少ない素晴らしい金属です。 私たちバイセルで価値ある金をどこより高額な価格で買い取らせ頂きますので、今一度、身の回りにございますアクセサリーなどを探していただきデザインは古くても金としての価値を再認識していただき、是非とも私たちにお譲りくださいませ! 無料査定・出張査定で高額にて買取させて頂きます。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!