金買取について

今が売り時?金を高く買取してもらう方法

金買取の方法

「若いときに購入した金のアクセサリーも今はもう使わない」「遺品整理などで金製品を見つけたが処分に困っている」などで金を買い取ってもらいたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

現在、金相場が高騰していることもあり、不要な金製品でも思わぬ高額買取となる可能性も大いに考えられます。

ここではそんな金の買取を検討中の方へ、知っておきたい金の買取方法を、利用の流れや業者選びのコツなどに触れながらご紹介します。

また併せて金の買取では重要になってくる金相場のチェック方法や売り時についても解説していきます。





金買取の基礎知識

金買取の方法

金を買取に出そうと思ったときにはどのような準備が必要なのでしょうか?また金製品でも買取できない場合もあるのでしょうか?以下で見ていきましょう。

 

金買取の必要書類

金買取では、ほぼすべての買取業者で以下の書類が必要になります。買取を利用する場合には準備しておくといいでしょう。

身分証明書類

身分証明書の提示は古物営業法によって定められているため必ず必要となってきます。免許証・保険証・パスポート・住基カードなどが一般的には身分証明書類として扱われます。業者によっても基準は異なるため、予め電話などで確認しておくのもいいかもしれません。

買取承諾書

買取の契約が成立する際には、買取承諾書に氏名や年齢、住所などの個人情報の記入を求められます。宅配買取などの場合でも郵送で承諾書が送られてくるケースが多いようです。

申し込み用紙

店頭での買取では申し込み書の記載が必要となる場合もあります。業者によっては、出張買取や宅配買取の場合、申し込み用紙の記入を要求しない業者もあるようです。

身分証明書の確認が必要な理由

身分証明書の確認は、古物営業法により、すべての古物商が確認を義務付けられており、契約の締結に当たり本人確認と現住所の確認を取る必要があります。

盗難品が売却され換金されてしまうこと防ぐ目的で法律が制定されたようです。

未成年からの買取は不可

未成年からの金買取は、法律や各自治体の条例などで禁止されています。

未成年単独で買取を利用する場合には、保護者の同意書類の提出を要求されます。

また未成年といえど18歳以上であれば買取に対応してくれる業者もあるようです。

しかし18歳でも高校生であれば買取不可となるケースもあり、またお住いの地域の条例によっては買取が禁止されている可能性もあるので、予め利用予定の買取業者に問い合わせて確認しておくのが望ましいでしょう。

未成年の金買取については以下のコラムでも詳細に解説していますので是非ご覧ください。

未成年の金買取についてもっと詳しく▶

買取できない商品

基本的には金と確認できるものはすべて買取対象となります。

しかし「K18GP」の刻印が一般的なメッキ製品などは、金としての買取とはならず、ブランド品などでない場合、金額が付きづらいケースがほとんどです。

また業者によっては、地金型コインや工業用金製品を買取対象外としている場合も多く、こちらも予め利用予定の業者に確認しておくべきでしょう。

金買取で起こりやすい失敗や損失の原因

金買取の失敗例

「もっと高く売ることができたのに・・・」「売るタイミングを間違えてしまった・・・」など金買取で失敗してしまったという話は少なくありません。

以下では金の買取でよくある失敗や損失の原因を挙げますので、買取の際には念頭に置き損なく売却しましょう。

 

情報不足で適正な金額で売却できない

買取業者のすべてが金相場に則り買取価格を算出しているとは限りません。重量や金相場、品位といった項目のどれか一つが抜けていると適正な買取価格の算出が困難になります。

中には、あえて品位や重量などを低く見積もって通常よりも安い金額で買取を行おうとする業者もいるようです。

金の査定を受ける前にはご自分で、「重量」「金相場」「品位」の三点を確認して概算を出しておくことで、査定額が適正なのかを判断する基準にすることができるでしょう。

売却のタイミング

金買取における買取価格は金の相場をもとに算出されるのが一般的です。永久資産とも呼ばれ価値の無くならない金ですが、その価値、相場は日々変動しています。

アメリカや中国などの経済状況は、金相場に与える影響も極めて大きいといえます。

2001年のアメリカ同時多発テロの際には、アメリカ国内の金融機関の取引が麻痺したことで、ドルの金との兌換性を不安視し資産を金に変えようとする資産家や投資家が急増し、金相場は大きな変動を起こしました。

「先月はもっと高く売ることができたのに・・・」とならないように売却のタイミングには注意しましょう。

買取業者の選択ミス

買取業者によって金の買取価格は変わります。基本的には金相場に則り査定を行いますが、独自の買取基準を設けている業者が多いため、相場通りの買取とならないこともあるのです。

またブランドの金製品などは金の価値のみでなく、ブランドの価値も付加して買取価格を算出してもらうのが最善の買取方法です。

ブランドの買取にも精通している買取業者でない場合、付加価値を見落とされたままに査定が行われてしまうのです。

金を高く買取してもらう方法

金買取の方法

同じ金製品でも少しでも高く買い取ってもらう方法はあるのでしょうか?以下で金を高く売る方法をご紹介します。

 

金相場の高いときに売る

金の買取において、金相場は最も重要な項目といっても過言ではないでしょう。

前項でも紹介した通り金相場は日々変動しています。2010年前後の急騰時と比較すると落ち着きを見せていますが、現状高水準を維持しています。

とはいえ月単位や日単位でみると常に右肩上がりというわけではありません。

査定を受ける前には、相場チャートなどで、当日の相場がどの程度かを確認しておくべきかもしれません。

ただしここで注意が必要ですが、一時の下落を見せているからと売却を止めたとしても今後、再度相場が回復する保証はありません。

金買取業者の中には、売却時期の相談に乗ってくれる専門のスタッフなどがいる場合もありますので、一度相談してみるのも一つの手といえるでしょう。

金買取は業者選びが重要

金の買取に対応してくれる業者の数は非常に多く、いざ利用しようにも選ぶのに一苦労ということもあります。

そこでおすすめなのが、複数業者に査定を依頼する方法です。

金の買取相場は業者によって多少の幅がありますので、少しでも高く買い取ってもらうなら、無料査定などを活用して複数の買取業者の提示額を比較検討してみるのがいいでしょう。

またお近くに金の買取を行なっている店舗がないという場合でも、無料出張買取などを使えばご自宅にいながら査定を受けることができますし、キャンセル料なども掛からない業者が多いので、まずは一度査定を受けてみることをおすすめします。

買取相場を知る方法

金買取の方法

国内市場の金価格は新聞でも確認可能です。朝日・毎日・読売などの中央紙と呼ばれる新聞各紙すべてに国内金価格が掲載されます。

しかし金の「買取相場」を知る上で最も手っ取り早いのは買取業者のホームページや、店頭などで公表している金相場を参照する方法です。

金の買取業者の中には、ホームページやサービスサイト上で金の買取相場を掲載している業者もあり、その業者でいくらで売れるのかを知る上では最も正確性の高い情報となります。

金の相場は一日のどのタイミングで売るかによっても相場が変動している可能性もありますので、査定当日には随時チェックしてみるのもいいかもしれません。

 
 

金買取の流れや利用方法

金買取の方法

それでは実際に金の買取業者に査定を依頼する場合、どのような利用方法があるのでしょう。査定の流れも併せてご紹介します。

出張買取

近年、リユース市場では一般的となってきたのがこの出張買取です。

金のような高額商品は安全性も考慮して持ち運ぶよりも、ご自宅で査定を受けるのが好ましいかもしれません。

以下で出張買取の大まかな流れをご紹介します。

STEP1 申し込み

電話もしくはメールなどで申し込みをします。希望の日時や査定場所を伝え、あとは査定希望の金製品を用意して待ちます。

STEP2 訪問・査定

訪問査定のスタッフが希望した査定場所まで査定しに来てくれます。貴重な金製品は目の前で査定してもらいましょう。

STEP3 買取額の支払い

査定金額に納得した場合は、買取金額を受け取ることができます。キャンセル費用が掛からない業者が大半ですので、少しでも納得いく金額にならなかった場合はキャンセルを申し出ましょう。

宅配買取

ブランド品の買取などで人気急騰となったのが宅配買取です。郵送された宅配キットに査定希望の金を詰めて送ります。

手軽さが大きな魅力で、忙しくて時間がないという方にとっても利便性が高いかもしれません。

査定結果は電話もしくはメールで伝えられ、納得できた場合は銀行振り込みとなるのが一般的なようです。

持ち込み買取

いわゆる店頭買取は、この持ち込み買取に含まれます。

店舗型という性質上、人件費やテナント費用など店舗の運営にコストがかかるため、上記の買取方法と比較すると買取相場は低くなってしまう可能性もあります。

今が売り時?金を高く買取してもらう方法まとめ

金は近年、相場も高騰してるので買取に出せば高額買取も十分に期待できます。

最後におさらいとして今回ご紹介した高額買取のコツをまとめておきます。

  • ・品位や重量、相場をあらかじめ知っておく

  • ・金相場の高いタイミングで売却する

  • ・複数査定で最も高く買い取ってもらえる業者を見つける


上記のポイントを念頭に置いた上で査定を受け、損をせず売却しましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!