金買取について

おもに「押し買い」が問題視。貴金属買取の際に起こりがちなトラブルとは?

貴金属

不要となった貴金属を廃棄している人もいるかもしれませんが、場合によっては非常に高く買い取ってもらうこともできます。近年貴金属の買取してもらう際に、トラブルが発生するケースが増えています。どのようなことが理由でトラブルが起こるのか、今回はトラブル対策などを紹介します。





貴金属買取でトラブルが増えている理由とは?

指輪

なぜ貴金属買取でトラブルが起こるのか

貴金属の買取をしてもらう時のトラブルで多いのは、買取価格が市場価格より安いケースです。貴金属の買取品には指輪・ネックレス・ブローチなどがありますが、安く価格のまま強引に買い取られてしまったケースです。訪問購入では、買取業者にうまく丸めこまれてしまうトラブルが後を絶ちません。

査定価格の根拠については、何店舗か合い見積もりを取るなどして、確認しましょう。査定価格があいまいという場合は注意が必要です。基本的に突然訪問し、買取の勧誘することは禁止されているため、まず断って冷静に考えることが大事です。

貴金属の買取をしてもらった時に発生したトラブルは全国の消費生活センターなどに問い合わせ出来ますが、その件数は増加傾向にあります。買取でトラブルが発生しているのは、7割くらいは60歳以上の高齢者と言われています。

トラブルにならないためにも買取の市場相場を調べて、買取価格を把握しておくこと。細かく調べたい場合は、買取をしてもらう前に貴金属の含有比率を確かめて、相場価格を調べておくようにしましょう。

とくにトラブルが増えている業態とは?

貴金属の買取をしてもらう方法は店頭買取・宅配買取・出張買取(訪問買取)があります。その中でトラブルが増えているのは出張買取(訪問買取)です。

被害として高齢者が多くで、トラブルが増加している原因として売る側の知識不足・油断している時です。国民生活センターの調査した結果、出張買取(訪問買取)でのトラブル件数が2010年ごろから年々増加していることがわかっています。

どんな人が狙われやすい?

貴金属を買い取ってもらう方法の1つとして訪問買取があります。これは、売りたいという人の家など指定された場所に買取業者が訪問して、買取価格を査定して、現金化するという方法です。

トラブル件数の中で最も多いのが高齢者で7割くらいという調査の結果があります。狙われやすいのは高齢者、かつ一人で交渉をしている時なので、二人以上で貴金属の買取をするようにしましょう。

買取の際によくあるトラブルとは

トラブル

買取の際によくあるトラブルとは

買取をしてもらう場合にどのようなトラブルが発生しているかというと、クーリング・オフ期間にもかかわらず解約ができないケース等です。クーリング・オフは契約締結をしてから8日間は無条件で契約の解除ができます。

貴金属を買い取ってもらったが、クーリング・オフ期間中なので、クーリング・オフをしたいということで業者に連絡したが連絡が取れないというトラブルです。

例えば形見などの所有者にとって大事な貴金属買取をしてもらったが、その後に返してもらいたいと思い、クーリング・オフ期間中だったので返還をしてほしいことを伝えたが、すでに転売されて返してもらえなかったというトラブルもあります。

しかし本来、買取業者はクーリング・オフ期間であっても別の業者・一般の消費者に販売することは可能なのですが、販売をする場合にはクーリング・オフ対象商品であるということを書面で買い手に伝えておく必要があります。

それと同時に、最初に商品を買い取った人に誰に売り渡したかということを伝える必要があるため、上記のようなトラブルはあってはならないものです。

貴金属買取でのトラブルの原因とは

貴金属の買取でトラブルとなる原因はコミュニケーション不足・買取業者の悪意・法律への無理解ということです。買取業者とのコミュニケーション不足でトラブルが発生することがあります。

例えば、クーリング・オフに関してきちんと説明をしていない場合です。クーリング・オフは8日間以内であれば返品ができるのですが、きちんと説明をしないことで、返品できないことがトラブルの原因になります。

コミュニケーションはきちんと取るようにしましょう。

そして、悪意のある買取業者もトラブルの原因になります。悪意ある買取業者が虚偽の説明をしていたり、言うべきことを言わなかったり、買取相場とはかけ離れた額を提示される場合があります。この場合はトラブルになる確率はかなり高くなります。

法律への理解がないという場合もトラブルの原因になります。例えば、クーリング・オフ期間にもかかわらず返品ができない、売りたくないと言っているのにしつこく迫ってくる場合です。

このように、法に関して理解がない買取業者がいるので、年々トラブルも増加傾向にあります。貴金属の買取をしてもらう場合にはトラブルにならないように、このようなことを注意するようにしましょう。

貴金属買取におけるトラブル対策

トラブル

貴金属買取におけるトラブル対策とは?

貴金属を買取ってもらう場合、トラブルにならないように対策する必要があります。まずトラブル対策として買取してもらう時に、できるだけ一人で交渉はしないということです。

訪問買取になると、業者が怖くて納得していなくても、断りづらくて応じてしまうという場合を避けるためです。そんな時に第三者がいることで断ることが出来たり、悪質な詐欺に遭う可能性も低くなります。

買取交渉をする場合には目的の商品だけにしましょう。あれもこれもとなると、断りにくくなることもあるので、目的の商品だけにすると断りやすくなります。

最後の手段として、クーリング・オフの活用です。8日以内であれば契約の解除が可能なので、万が一被害にあった場合でもカバーすることが出来ます。

クーリング・オフ期間なのに、解約ができないという場合には、国民生活センター・消費生活センターに相談しましょう。

まとめ

女性

買取業者には良い業者もいますが、残念ながら中には悪質業者もいます。悪質業者は一部に過ぎないかもしれませんが、買取トラブルが発生する可能性は依然としてあります。

トラブルが発生しないように事前の対策を講じ、しっかりと調べてから買取してもらうようにしましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!