金買取について

金のインゴットはいつが売り時?買取前に知っておきたい注意すべきポイント

金のインゴットはいつが売り時?買取前に知っておきたい注意すべきポイント

世の中には様々な貴金属がありますが、その中でも金は最も有名な貴金属ではないでしょうか?

投資商品として用いられることも多い金。

将来のために金を買っている方もいらっしゃる下と思います。

今現在、インゴットという形で金を保管されている方が増えています。

そこで今回はインゴットについてご紹介します。

金のインゴットをお持ちで、買取を検討されておられる方はぜひ参考にしてみてください。





インゴットとは?金の延べ棒、金塊と何が違うの?

インゴットとはなんでしょうか。こちらはingotという英単語で、直訳すると鋳塊です。

溶かした金属や合金を鋳型に流し込んで固めたものを言います。

買取業者の間ではインゴットと金地金は同義語として用いられる事が多いようですが、インゴットは純度99.99%の金によって作られた鋳物であるのに対して、金地金は純金だけでなく複数の金属を混ぜ合わせて作る合金も含まれます。

そのため、インゴットよりも金地金の方が幅広いシーンで用いられます。

つまり金のインゴットとは金塊、および金地金であすが、金地金だからといってそれが純金であるとは限らないと言うことです。

最近は経済も不安定で株式市場が冷え込んでいる中、実物資産の需要が高まっています。

土地、建物に比べると金インゴットの方が保存が楽なので重宝されています。

重さの種類

では金のインゴットは何グラムなのでしょうか。

実は重さによって種類が6つに分かれており、5g、10g、20g、100g、500g、1Kgです。

全てのインゴットには必ず重量表示がありますので、インゴットをお持ちの方はぜひ一度チェックしてみてください。

金の品質を保証するLBMAとは?

金が投資対象として通用するためには品質の世界的保証が必要です。

そのために行われている審査があり、イギリスロンドンの基金属市場協会(LBMA)が主催しています。

これはとても厳正な審査基準を設けているのでなかなか通りませんが、この基準をクリアする事で初めて世界で流通する事が可能なインゴットとなります。

日本でLBMAの審査基準をクリアしている会社は数多くありますが、その中でも三菱ブランドは長い歴史を持っています。

課税・税金について

金インゴット買取にかかる税金

インゴットを現金化する際に最も気になるのが税金ではないでしょうか。

個人としてインゴットを売却した場合税務署に届出をだす必要があります。

また、金を購入してから売却するまでに5年以上経過している場合も課税対象金が譲渡金の半分に優遇されます。

バブル景気の頃、資産運用のために金インゴットを購入された方は少なくないかも知れません。

そういう方はすでに長期保有となっているので控除額が少なくて済みます。

今現在世界的に金不足が騒がれており、需要は高まっているので売却するタイミングは今がベストだと言えます。

金インゴットを贈与する際の税金

金インゴットを以前に購入し、自分は使わないからお子さんに贈与したいと考えていらっしゃる方もいるかと思います。

そのような場合は贈与税を頭に入れて考える必要があります。

1kgの金インゴットを贈与する場合、贈与時の価格相場にもよりますが大体20%ほどの贈与税が課せられてしまいます。

年間110万円以内でしたら贈与税は控除されるので、一度に相続させるのではなく、複数回に分けることをオススメします。

金・インゴットを買取に出すなら

現在世界中で金不足が叫ばれています。そのため金を売りに出す場合は今すぐ出すことで高価買取が期待できます。さらには、いくつかのコツを抑える事で更なる高額買取となりますので、ご紹介します。

刻印が消えないように

金インゴットには品質保証としての刻印があります。

それがあることにより、高価買取につながるのですが、擦れてしまったり衝撃が加わるなどしてそれが消えてしまうと、第三者機関の品質保証が無くなるということなので買取価格が多少下がってしまう可能性があります。

保管状態の徹底

純金はとても柔らかく伸びやすいと言われています。

展性というのですが、1gの金をのばすことで約3000メートルほどまで伸びるのです。富士山が3776メートルである事を考えると驚きが隠せませんよね。

そのような性質を持っているので熱や衝撃に弱く、型崩れしたり傷がつきにくいと言う弱点があります。

変形すると査定金額は多少低くなる可能性があるので、保存する際には間違っても落としたり熱い環境におかないようにしましょう。

複数の査定業者を使用する

金はプラチナや銀同様、貴金属投資に扱われる金融商品です。そのため価格は逐一変動しています。

また、買取業者によって独自の査定システムを導入している場合もあるので、査定業者によって提示金額が違うというケースも少なくはありません。

そのため、複数の買取業者に査定に持っていくことによって価格を比較検討でき、納得のいく形でインゴットを売りに出すようにしましょう。

まとめ

金のインゴットの買取にはまず相場の変動状況をよく確認することです。少しでも高値になるように日頃から相場に注目しておきましょう。

また、売却益によっては課税対象になりますのでこちらは事前に覚えておくと良いでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!