金買取について

24kgpの刻印がある金杯は買取可能?純金とメッキの見分け方とは

金買取24kgp

結婚式で使ったり、記念品としてもらったりと、さまざまなシーンで使われことの多い金杯。

もう使わないから売りたいという方も多いのではないでしょうか。

今回は金杯の買取に関する情報をまとめていき、買取可かどうかについて解説します。

純金とメッキの違いや、24kgpと刻印された金の買取についても説明していきましょう。





記念品や縁起物として使われる金杯とは?

杯は、一般的に中央がくぼんだ皿状または円筒状をしており、金製以外に漆器製、ガラス製、銀製、陶磁器製などがあります。

最近では、おもに陶製の杯を使用することが多くなっていますが、祝いの席などでは、今でも金杯が多く使われます。

金杯は、結婚式や神事でお酒を飲むときに使うというイメージが強いかもしれませんが、舞踊の道具、優勝した際のトロフィー、記念品としても使われることもあります。

記念品や縁起物として使われる場合、その多くは純金よりもメッキでできていることが多いのが特徴です。

コストを抑え、さまざまなシーンで使えるように製造されています。

 

金杯の裏にある24kgpはメッキ?価値はある?

金杯を裏返したとき、底に「24kgp」という刻印がある場合、それはメッキでできているという証拠です。

24kgpのGPは「Gold Plated」の略で、鉄やアルミなどの表面に、薄く本物の金を施したものを意味します。

メッキの金杯にも金が含まれていますが、金杯の重量1gあたり0.01gなど、かなり少量です。

表面に金を貼りつけていたり、塗っていたりするだけで、すべて金でできているわけではありません。

そのため、一般的に金としての価値はありません。

 

24kgpは金買取してもらえないのが一般的

金買取業者や質屋の多くは、24kgpを金買取していません。

24kgpは金の含有量が少なく、金としての価値がないと判断されるためです。

24kgpを金買取の対象外として、「メッキ製品の買取不可」、「24kgp刻印の貴金属は買取できません」などと表記している業者もあります。

ただし例外として、24kgpの刻印があってもブランド価値があったり、アクセサリーとして商品価値があったりするものは、買取可能な場合もあります。

人気の高いブランド時計、指輪、イヤリング、ネックレスなどの場合、金としての価値はなくても需要があるため、買取ってくれることがあります。

金買取をしてもらいたいときは、事前に買取業者に問い合わせると買取の可否がわかります。

ただし、金杯については、24kgpのものを買取ってくれる買取業者を探すのは難しいのが実情です。

純金でできた金杯だといくらになる?

先述したとおり、24kgpの金杯は売却できないことが多くなっていますが、純金であれば買取ってもらうことが可能です。以下で詳細を見ていきましょう。

 

純金でできた金杯の買取価格の計算方法

純金の金杯であれば、ほとんどの金買取業者が取り扱っています。

貴金属として扱われるため、買取価格は杯の重量に、貴金属の純度から割り出した買取単価をかけて計算されます。

つまり、その日の金相場に金杯の重量をかけた金額が買取価格になるということです。

金杯はアクセサリーなどより重量があるため、純度が高ければ高額買取が期待できます。

金相場の動向をチェックし、金の価値が高まっているときに売却すれば、高額で買取してもらえます。

金相場は毎日変動するため、常に確認しておくとよいでしょう。

ただし、金の買取価格は買取業者ごとに異なるため、複数の買取業者に買取価格を確認し、一番高値をつけているところを選ぶことが大切です。

金の刻印の種類について

純金の金杯の刻印は、「Au999」や「K24」などAuまたはKを頭文字にした数字表記が多くなっています。

Auは金の元素記号で、金の含有率を1000分率で表す方法です。一方、Kはカラットのことで、金の含有率を24分率で表記します。

たとえば純金であれば、「Au999」または「K24」と刻印され、金の含有量が75%の場合は、「Au750」または「K18」などと表記されます。

金杯の場合、ほかにも刻印の種類があります。

ホールマークと呼ばれるもので、造幣局が製品の品位試験に合格したものだけに刻印する証明印です。

また、「純金」と漢字で刻印されていることもあります。

さらに中国産の金杯の場合は、「足金」や「千足金」と表示していることがあります。

足金はAu990の金で、千足金はAu999を意味します。

純金とメッキの見分け方

金買取24kgp金杯

一見金に思えるものでも、刻印がないと判断しにくいことがあります。純金かメッキかを見極めるにはどうすればよいのでしょうか。見分ける方法をいくつか紹介しましょう。

 

【見分け方1: 重さ】

純金とメッキでは、重量にかなりの差があります。

アクセサリーだとわかりにくいこともありますが、金杯など大きいものだとわかりやすいでしょう。

純金は重く、メッキは軽いのが特徴です。見た目より軽いと感じるものはメッキである可能性が高いでしょう。

手の平を使ってもわかりますが、計量器を使って大きさと重量を比べるとよりわかりやすくなります。

【見分け方2:磁石の反応】

重さで簡単に見分けられるものもありますが、中には精巧なメッキ製品があり、純金に近い重量に仕上がっていることがあります。

重さで判断できない場合は、磁石を使ってみましょう。

メッキは磁石に反応してくっつきますが、純金は反応しないため、すぐに見分けられます。

ただし、金杯の場合はアクセサリーより重さがあるため、磁石が反応しにくかったり、磁石に反応しない素材を使っていたりしていることもあります。

最終的に自己判断できないものは、金買取業者へ持ち込み、査定依頼したほうがよいでしょう。

優良な金買取業者であれば、無料で査定してくれるところがほとんどです。

経験豊富な査定員がいるところで確認してもらうとよいでしょう。

【見分け方3:刻印の種類を把握する】

刻印があっても、あまり見かけない刻印だと、純金かメッキかの判断が難しいこともあるでしょう。以下で、KやAu、kgp以外の刻印についてもご紹介しましょう。

【見分け方3:刻印の種類を把握する】

刻印があっても、あまり見かけない刻印だと、純金かメッキかの判断が難しいこともあるでしょう。以下で、KやAu、kgp以外の刻印についてもご紹介しましょう。

GP(ゴールドプレーテッド、ゴールドメッキ、金メッキ)

刻印にGPの文字が入っている場合、金メッキを意味します。

金メッキは、金属の上に薄く金の膜を貼り、金色に光らせているのが特徴です。

金メッキは衝撃に弱く、キズがつきやすいため、はがれてしまうことが多く、中身の金属部分が表に出てしまうこともあります。

GF(ゴールドフィルド、金張り)

刻印にGFの文字がある場合、金張りした製品を意味します。

GPとは異なり、厚い金のプレートでできており、芯として真鍮が少量入っているのが特徴です。

長期間使っていてもGPのようにはげてしまうリスクがありません。

GFの金の層は、GPの100倍くらいの厚みがあり、丈夫だといわれています。

このように、金杯に「k24gp」や「k24gf」などの刻印がある場合、素材や構造は違いますが、どちらも純金ではなくメッキを意味します。

したがってこれらの表記があると、金買取としては取扱不可となってしまいます。

おわりに

純金の金杯は純度に応じて高額買取してもらえますが、メッキの金杯は買取してもらえません。

手持ちの金杯を裏返し、まずは刻印をチェックしてみましょう。

24kgpやk24gfなど「k」と「数字」以外の表記がある場合は、メッキという意味です。

刻印がない場合は重さや磁石を使った方法で見極めてみてください。

金杯以外のブランドアクセサリーだと、メッキでも売却可能な買取業者があるため、手放したい場合は問い合わせてみるとよいでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!