金買取について

18K・K18・18金って何が違うの?金の買取相場を教えます!

18K・K18・18金って何が違うの?金の買取相場を教えます!

金には幾つかのグレードがあります。18K、24K、10Kなどです。

しかし18Kという表記とK18という表記があるのをご存知でしょうか?

さらに言うと、18Kだけでなく18金という表記もありますよね。

実はこれらには意味があるのです。それによって買取相場にも変動が生まれる可能性があります。

そこで今回は18K、K18、18金の違いと、金の買取相場についてご紹介します。

18K、K18、18金

そもそも18KのKってなに?

金の表記に18K、K18、18金の三つがあるのはとてもややこしいですが、これらには非常に小さな違いがあります。

そもそもこのKはKaratの略で質量という意味を持ちます。

つまり、これらは何を表しているかと言うと金の含有率です。

金は100%を24分率で表しているので、24Kは約100%(純金)のことです。

18K、K18、18金の違いは?

そうなるとますます謎です。

Kの意味合いは同じで18という数字も一緒なので含有率も同じの75%です。では違いは何か?

実は製造国の違いです。

日本の造幣局の決めた制度によると数字の前にKをつけることが決められています。

そのため、日本の正規製品として作られた金はK18とつく事が多いです。

それに対して18Kは通称「あとK」と言われているのですが、海外に製造されたものにつく場合が多いです。

海外で製造されているものは表記が正しくない可能性があり、18Kとかいてあっても調べてみると9K程度しか金が含まれていないなどということも少なくないので注意が必要です。

金を合金にする理由

ではなぜ18Kなどという合金が生まれるのでしょうか。

買取相場で考えても24K、つまり純金の方が価格は高いですし、アクセサリとしても華やかな気がします。

そもそも金はなぜ合金にするのでしょうか。

金は叩いてもよし、引っ張ってもよし

金を合金にする理由はその特徴にあります。

金という金属は延性と展性という性質が特徴的です。

こちらは何かというと叩いたり引っ張ったりすると薄く延ばせるということです。

耳かき一杯程度の量の金を叩いたら畳一畳分くらいまでサイズを引き伸ばす事ができます。

高級な料亭に行くと金箔が振りかけられている料理を見かけることがありますが、

こちらはごくわずかな量の金を延性を利用して引き延ばしているものなので、原価としてはそれほど高くないのです。

お店としても高級感が出せますし、食べる方にしても金箔が振ってあるとテンションがあがるので嬉しいですよね。

18Kの中でも最も高いもの

18Kの金は含有率75%なので高価買取が期待できます。

しかし、18Kのなかでも値段によって違いが出る事があるのをご存知ですか?

金は金でも黄金色ではない金

金は柔らかいため熱に弱く、型崩れしたり傷がつきやすいという弱点があります。

その反面、他の金属と非常に混ざりやすいという特性があるので、合金にすることで強度を補う事ができます。

その際、色のついた金属を絶妙なバランスで配合する事で、色をつけることができます。

それがカラーゴールドと呼ばれるものです。

カラーゴールドの種類

18Kを使用したカラーゴールドの種類としてはホワイトゴールド、レッドゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド等があります。

ゴールドという上品さに加えて色鮮やかな仕上がりとなるため、幅広い方から人気があり、それゆえ買取相場は高めの傾向があります。

合金に使う金属は主に銀、銅、ニッケル、パラジウム等がありますが、gあたりの買い取り価格は金に比べるとどうしても下がってしまうため、18Kより22Kが買取価格は高めとなっています。

18Kの買取相場は・・・?

使わなくなってしまったり宝石箱にしまいこんだままの18Kがある方はそのままにせず、ぜひ買取を検討してみてください。

18Kの金は高価買取のチャンスがあります。

金の相場は日々変動する

金は銀やプラチナと同様に金融商品で、ほぼ毎時間世界のどこかで市場が開かれ、取引されています。

その取引価格によって買取相場が変動するのです。

しかしプラチナと違い、価格変動がそこまで激しいわけではありません。

昔は通貨としても使用されていたほどの安定性があります。

現在、世界情勢が不安定な中実物資産である金の価格は非常に高まってきています。そのため、売るなら今がチャンスです。 

18Kを買い取ってもらうなら

リサイクルストアではなく金専門買取業者を探す

18Kはただでさえ75%も金が含有されているので価値は高いですが、残りの25%で何の金を使うかによって値段が変わってきます。

混合金属で何が使われているのか、どれくらいの割合で使われているのかを見分けるのはプロの専門業者じゃないと非常に困難です。

適正な価格を出してもらうためにも金専門の買取業者に買い取ってもらうことをオススメします。

複数の買取業者に査定してもらう

金のように価格が固定していない商品の買い取りとなった場合、買取業者によって値段独自の査定ルールを設けているところが殆どです。

そのため、業者によって買取査定額が違うということもすくなくありません。

そのため一つの買取業者に持ち込むのではなく幾つかの買取業者に持ち込んで、自分が最も納得のいく業者に売りに出すことが大事です。

18Kを買い取りに出すなら今

以上、18KとK18と18金の違いについてご紹介しました。

金の相場は日々変動するものです。売る時は現在金が1グラムいくらなのかはきちんと把握しておくといいでしょう。

また、金を買取に出すことをご検討されている方は是非参考にしてみてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!