金買取について

壊れていても値段がつく?ブレスレットの買取価格とは?

壊れていても値段がつく?ブレスレットの買取価格とは?

リングやピアスよりも古い、最古のアクサセリーであるブレスレット。

木製を始め、布やガラス製などその種類は千差万別です。

現代でも多くの人がつけていますが、少しずつ着用している人は減っているように感じます。

その中でも、金属製のブレスレットは高値で取引されています。

普段何気なく使っているブレスレットやバングルですが、高値で買い取れるものがあるので紹介します。

買取の際のお得情報も記載しておりますので、査定の前にぜひご覧になってください。





金のブレスレットやバングルの買取は高額になりやすい

アクセサリーのバングルは、一般的にブレスレットの一部とされ、その違いは留め具が有るか無いか、また形状が安定しているかそうでないかとされています。

昨今では、留め具がなく形状が安定しているものをバングルと呼ぶのが一般的なようです。

腕を入れやすくしたC型の形状はバングルになります。

一方、留め具があり、形状にあまり安定さがないのはブレスレットに分けられます。

しかし、業者によっては、形状が安定し、留め具が無くてもバングルといったり、実に曖昧になってきてしまっているのも事実です。

素材も千差万別ですが、金としての価値がつくのです。

壊れていても大丈夫?金なら買取可能!

貴金属として価値をつけることができるブレスレットやバングルである場合、壊れていても高値で取引されることがほとんどです。

なぜなら、加工やリフォームをし、再利用する手段があり、素材としての需要があるからです。

アクセサリーだけに限った話ではありませんが、時代の流れとともに、人々から求められる形状や色などのデザインは、変化し続けています。

壊れてしまったり、デザインが古くて不要になってしまったブレスレットやバングルでも売ることができるのです。

金の相場と買取価格の関係

金の相場変動には、複雑な関係作用がありますが、一般的に世界情勢によって変動すると言われています。

とくに世界の基軸通貨であるドルによる不安が増大すると、円とともに金の価値があがりやすくなります。

さらには、プラチナとの相場による価格のねじれも金の相場を変える大きな要因となっています。

プラチナはアクセサリーだけでなく、工業用としても使われることが多く、その割合は半数以上を占めています。

そのため、景気が良いときには需要が増し、景気が悪い時には需要が減る傾向にあります。

一方で金は、景気が悪い時に、代替資産として、需要が増します。

逆に景気が良い時は、アクセサリーなどの装飾品が売れるので、一般的に価格が下がってしまうというからくりがあります。

金の純度や品位の種類

金の品位、つまり金の純度には、投資として使われるK24(24金)をはじめ、リングに多く見られるK22やK21.6などがあります。

またアクセサリーの金性として、不動の地位にいる18金は「K18」として表記されています。

18金を例にすると、その純度(金の含有量)は75%になります。

24金であれば、99.9%、9金は37%とされています。

これら金性は、使われる物の用途により、含有量を調整します。

硬さや輝きがアクセサリーとして、一番適しているのがよく聞く18金というわけです。

そして金としての価値は、一般的に純度が高ければ高いほど価値も高くなっていきます。

メッキや金張りの見分け方

メッキか金張りかは実は自宅でも確認することができます。

主に目視による刻印の識別と、磁石による反応で見極めることができます。

18金である場合、「K18」という刻印がありますが、この刻印のあとに「GP」や「GF」などが刻まれている場合は、メッキや金張りとなります。

例でいうと「K18 GP」「K18 GF」といったような感じです。

また、磁石による反応は、見分けたいアクセサリーに磁石を近づけてくっつかなければ、金の可能性が高いと判断できます。

もしくっついてしまった場合は、中心部であるメタル製品に反応しているので、メッキや金張りと判断できます。

金ブレスレットの査定基準とは?

リングやネックレスに比べて、ブレスレットは石などのトップ部分がないことが多いため、ノーブランドのものやデザインが古いものの場合、地金の価値で買取が行われるケースが多いようです。

また、メッキでないかを確認するのもとても大切です。

海外で購入したものは刻印がないものや、刻印があってもメッキであるということもあるので、予め注意が必要です。

近年、ほとんどの買取業者は手数料無料で査定を行ってくれますので、本物の金か自信がないという場合は、とにかく査定に出してみるのが好ましいといえます。

またそれを踏まえて、当日の金の相場を調べ、各店舗の業者と交渉し、一番高いところに買取を依頼するのがおすすめです。

まとめ

みなさん、金のブレスレットの買取についてお分かりいただけたでしょうか?

  • 金のブレスレットは高額買取が可能!
  • 壊れていても大丈夫!
  • 金であるかメッキであるかが重要!
  • 複数の業者にかけあってみよう!
  • 高額買取の可能性も十分に考えられる金のブレスレットですので、ぜひ上記の点を抑えて悔いの残らない売却にしましょう。

    お申し込み・ご相談はこちら
    0800-817-2539
    簡単メール申込

    お申し込み・ご相談はこちら
    0800-817-2539
    簡単メール申込

    大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!