金買取について

金相場と金買取の仕組みを知ろう!売り時を見極めて高額買取を狙うために

金買取の仕組み

金の指輪、ネックレス、メダルなどの金製品は、買取業者に売却可能です。

その際、高く売るためには金相場や金買取の仕組みを知っておくことが大切になります。

今回は金に注目し、相場価格や買取方法などの仕組みを解説していきましょう。





金の価値の決まり方

金の価値は、どのようにして決まるのでしょうか。金買取の仕組みを理解するため、ここでは金相場の特徴や為替動向について解説します。

 

金相場の仕組み

金市場には、世界4大市場と呼ばれるニューヨーク、ロンドン、チューリッヒ、香港市場があります。

また、インドや上海、日本にも大きな金市場があります。これら複数の市場で金の価格が決定されます。

各市場が互いに影響を与え、金相場が決まる仕組みです。金の相場はさまざまな要因で値動きします。

詳細は次の項目をご参照ください。

為替動向と金相場の関係

金相場は、為替の影響を受けます。

金の国際価格は米ドル表記となっており、為替の動き方によって相場も変動する形です。

一般的に、日本における金の価格は、金の国際価格に為替レートや手数料などのコストを加算して計算されます。

日本の金相場については、円高になると金の人気が高くなり、価格が上がる傾向にあります。

金相場を動かす要因と上昇するタイミング

金の取引価格は毎日変動し、影響する要因もさまざまです。変動要因がわかると、金相場が上昇するタイミングも見えてきます。

 

【要因1】供給不足

金の供給量が減れば希少価値は高まり、金の価格も高くなります。金が採れる量には限りがあり、産出国も多くありません。

現在でも金を再利用することは多く、需要がさらに高まれば金の価格は値上がりするでしょう。

【要因2】インフレ

経済政策として金融緩和などが行われ、インフレが進むと、金の価格は上昇しやすくなると言われています。

国の通貨の価値が下がり、実物資産である金の価値が上がるという現象です。

【要因3】情勢不安や金融不安

国際情勢が悪化すると、貿易が不可能になるなどの経済的な問題が生じます。国の信用が失われ、株式市場が停滞し、通貨の信用までなくなる可能性もあります。

この情勢不安の高まりが金相場へ影響し、金の価格が高くなる傾向にあります。

また、金融不安に陥った場合も、金相場に大きな影響を与えます。

たとえば、サブプライムローン、リーマンショックなどが起きた際には、金の価格が上昇しました。

【要因4】株式市場の停滞

株安が続くと金の価格は高くなります。株式の人気が低下すると、投資されるはずだった資金が金に流れ、投資されるケースが増えるという仕組みです。

【要因5】為替相場

金は海外から輸入されるため、金相場は為替相場の影響を受けることになります。為替相場が動いて円高ドル安になると、円建ての金の価格が高くなります。

【要因6】金利

金は資産として、利子や配当がない点が特徴で、資産を「守る」意味合いが強い資産といえます。

銀行預金や国債は金利が高くなると人気が出ますが、低下すると金の価格の人気が高くなります。

【要因7】消費が増える

スマートフォンやパソコンは、今や世界中に普及していますが、これらの機械には金が使われており、使用する人が増えれば消費も増え、金不足という問題が生じます。

発展途上国の消費も増大していけば、ますます金の需要が高まり、金の価格も高くなるでしょう。

以上のように、金の供給量の減少、インフレ、有事、株式市場の停滞、円高ドル安、金利低下、消費増大など、金相場が上昇するタイミングはさまざまあります。

これらのうちのひとつが原因で金相場が上昇することもあれば、いくつかが重なり上昇することもあります。

金買取のサービスの仕組み

金買取の一般的な流れは以下のとおりです。併せて、買取された金の行方についても見てみましょう。

 

金買取の仕組みについて

金買取の方法はおもに3つで、店頭買取、出張買取、宅配買取があります。

店頭買取は直接持ち込み査定してもらう方法、出張買取は自宅へ金買取業者に来てもらい査定してもらう方法、宅配買取は専用の箱に査定してもらいたいものを入れて送り、査定してもらう方法です。

査定方法は、金を計量し、その日の1グラムあたりの金買取価格を基準に査定額を算出します。

金以外にプラチナや宝石などがついている場合、取り外して別査定をするなど、対応方法は業者ごとに異なります。

査定が終わると見積書が発行され、鑑定士から説明を受けます。店頭買取以外の方法だと、口頭での説明はありませんが、詳細を尋ねると答えてくれるでしょう。

査定額に納得したら買取成立です。本人確認書類を見せ、サインをすると現金が支払われます。店頭買取以外の場合、口座振込が多いようです。

買取業者で売却されてからの金の行方

金買取業者は、金を買取ったのち、金製品の種類に応じて専門の商社へ流します。

金製品の多くは溶かされるため、まずX線検査で純度を調べ、純度ごとに仕分けられます。

次に精錬業者がインゴット(金の延べ棒)に変え、実物資産へ変えていくことになります。

金買取業者でメンテナンスをするケースもあります。金の宝飾品などは、洗浄してきれいに磨き直し、リサイクル品として店頭販売します。

海外の流通ルートがある金買取業者の場合は、国内の再販ルートと利益を比較し、利幅があるところを選択して流します。

変形したり壊れたりした金製品の場合、精製して純金にしてから電気製品の基盤の中に使われることもあります。

医療機器や自動車部品などにも金が使用されており、需要があるためです。再販できない金製品でも積極的に買取る理由はここにあります。

金買取業者はどのように利益を出しているの?

金買取の仕組み

金買取の仕組みは上述のとおりですが、買取業者はどのようにして利益を出しているのでしょうか。以下でご紹介しましょう。

 

金の買取価格は自由に決められる

金の価格相場と金買取業者の買取価格は、必ずしも一致するものではありません。目安にすることはあっても、利益を出せるよう、1グラムあたりの金買取価格を決めています。

手数料を含めて買取価格を決めている

手数料を取らない金買取業者では、「手数料が引かれないから高く買取ってくれる」というイメージもあるかもしれませんが、事情は少し異なります。

実際は、手数料を引かない代わりに、その分を考慮した買取価格を設定していることが多いようです。

金の高額買取可能な業者の選び方と金売却のタイミング

金を高額買取してくれる業者はどのようにして見分ければよいのでしょうか。高値で売るタイミングについても併せて解説します。

業者選びで押さえておきたいポイント

基本的に以下のポイントを押さえることができれば、損することなく金を売ることができるでしょう。

一つずつ順に見ていきましょう。

【買取実績が豊富】

買取事例を見て、金製品の種類や数が多いところは、それだけ熟練の査定技術を持った鑑定士がいる証拠と考えられます。>

【販路が多い】

金買取の仕組みを考えたとき、販路が多いところは確実に金を流せるため、高額買取してくれる可能性が高いです。

【扱う品目が多い】

金だけでなく、プラチナ、シルバーなどの貴金属類、宝石、ブランド品など、たくさんの品目を扱う買取業者を選ぶと、高額になりやすい傾向にあります。

さまざまな品目を扱っているということは、多くの品目をさばける力があるという証拠です。特にブランドの金製品だった場合に高値がつきやすいという特徴があります。

【高値の金買取価格を表示している】

金の買取価格は毎日変わり、その価格は金買取業者ごとに違います。高値をつけていても、一時的なことである可能性もあるため、入念なチェックが必要です。

一定期間の金買取価格の動向をチェックし、高値が継続しているところは、安定した経営をしていると考えられ、高額買取してもらえることが期待できます。

金売却のタイミングは今!

金相場は、金バブルと呼ばれた1980年頃に最高値を記録しています。

その後、金相場は落ち着きましたが、2000年以降は緩やかな右肩上がりになっています。

今後どうなるかは、金相場がさまざまな要因に影響を受けるため、予測が難しいところです。

ただし、長期的に見たとき、金相場は上昇している状況にあり、今が売り時と言えるでしょう。

1日ごとには変動しますが、1グラム数円から数十円といった違いです。

大きな出来事により金相場が急激に低下するリスクを考えれば、今こそ売りに出すタイミングと言えるかもしれません。

おわりに

金買取の仕組みについて、金相場や金の価格の決まり方などを踏まえて解説してきました。

金買取の仕組みを理解しておくと、売却する際にどの金買取業者を選ぶと得か、見分けがつくようになります。

手持ちの金製品を高額買取してくれるところを見つけ、よりお得に買取ってもらいましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!