金買取について

需要の高まる10k買取価格はいくら?金のなかでは低品位だけど売れるの?

10金と18金

18金は高く売れるけど、、、10金は高く売れるのでしょうか。

現在、金の需要が高まっているので、高く売れないと思われている10金も高額買取の可能性があります。

この機会にご自宅で眠っている10金のアクセサリーなどを掘り起こしてみましょう。





10kや10金のもつ意味

18金と比べるとあまりなじみがないかもしれない10kの金。

それでは10kや10金と呼ばれる金はどのような金を指すのでしょうか。

10金とは

昨今では、金の需要が高まっており、10金及びK10の高額買取が期待できます。

そもそも10金とは、その物に含まれる金の含有量をさした言葉になります。

また10金は昔は存在しておらず、昨今の金需要の高騰により、18金のように純度の高いアクセサリーを購入できない人のために作られたグレードになっています。

なので現在もなお、需要は絶えず、10金の高額買取に期待することができます。

10金の含有量

高額買取の可能性もある10金は、純金である24金の含有量が100%であるのに対し、42%となっています。

この場合、残りの58%は、銅や鉛、パラジウムやロジウムなどの他の金属が含まれています。

アクセサリーとして有名な18金や14金なども同様で、これらは金以外にも他の金属が混ざっているからこそ、金の輝きを持ちつつも、純金にはない硬度を強くするためにあります。

なので24金よりも、金の含有量が100%でないもののほうが、アクセサリーとして使用される傾向にあります。

その中でも、10金は、22金や18金よりも金の含有量が少ないものとなります。

 

需要の高まる10金の特徴

それでは10金の金はどのような特徴を持っているのでしょうか。

広く普及することとなった背景にも触れながらご紹介します。

10金の特徴とは?手入れが不可欠!

10金は金の含有量が42%となっています。

なのでどうしても純金に比べ、輝きが落ちてしまいます。

また金色でありながら、淡く見える特徴があります。10金の劣化は、やや早く、サビやすい傾向が強いので、しっかりとした手入れが必要です。

10金が多く使われるようになった理由

それは、金の高騰が大きく関係しています。

昨今では、金を使ったアクセサリーを気軽に手に入れることがむずかしくなってきているため、10金が流行っているのです。

今ほど、金に価値がない時代では、10金は珍しいもので、あえて10金を作る必要性があまりありませんでした。

しかし、金相場の高騰により、10金が安いものとは、言えなくなってきたのです。

現在では、10金が一般的に出回り、18金は時代遅れであるとも言われています。

10金と18金の違い

18金は高く売れるのはご存知の方が多いと思います。

しかし、これまでに記述した通り、10金の需要もどんどん増しています。

そもそも18金と10金は何が違うのでしょうか。

18金の特徴

全体における金の含有量が75%であるものを18金と言います。

純金に近い含有量なので、酸化が起こりにくくなっています。

耐久性があり程よく硬いので、アクセサリーとして加工するのに一番向いている純度といえます。

10kと18kの違い

10金は18金に比べ、金の含有量が少ないので、重さが軽くなっています。

また同じ金でも色が少し違い、10金は金色ではありつつも、薄く白っぽい色になります。

また、硬度が高いので、18金に比べて傷つきにくいのも違いです。

10kの買取価格はいくらになる?

10金と18金

それでは実際に10kの金を買取に出すと買取価格はいくらくらいになるでしょうか?

金の相場や、買取に出す際の注意点をご紹介します。

金相場について

現在の金相場は、冒頭でも記述した通り、以前に比べて高騰しています。

金の相場変動には、複雑な関係作用がありますが、一般的に世界情勢によって変動すると言われています。

とくに世界の基軸通貨であるドルによる不安が増大すると、円とともに金の価値があがりやすくなります。

買取をしてもらううえでの注意点

10金を確認するには、リングの刻印を確認してみましょう。

古くて劣化しているものは、確認しずらいですが、比較的きれいなものは目視でも確認できることがあります。

その際に書かれている刻印は、「K10」又は「416」「417」と刻まれています。

その後に「GP」や「GF」が刻まれているものは、メッキや金張りなので買取をしてもらうことが難しくなってしまいます。

なので、予め確認をしたうえで、一度プロの鑑定士に見てもらうことが良いでしょう。

金買取は相見積りで買取価格の比較をすること

10金をより高く、売っていきたい場合、複数の業者に掛け合ってみることをオススメします。

その際に大切なのは、点数です。

点数が多ければ多いほど、業者としてはたくさん仕入れることができるので、値段があがりやすくなります。

この場合、必ずしもすべて10金にそろえる必要はりません。また金に限らず、バッグや財布で点数を増やすのもひとつの手段です。

実際に買取業者と交渉をする時は、相手が何の商品を欲しがっているのか求め、それを売る代わりに10金の値段をあげてくれという交渉をしてみるのも良いでしょう。

 
お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!