金買取について

【インゴット買取】買取相場や売る前に知っておきたい高額買取のポイント

インゴット買取

インゴットは金の延べ棒やゴールドバーとも呼ばれ、世界経済のトレンドの変化によるリスクの少ない優秀な投資商品として、常に投資家の注目を集めています。

今回は金のインゴットに焦点を当て、インゴットの買取相場や売る前にしっておきたい税金のこと、高額買取のポイントをまとめました。

インゴットの売却を検討中の方はぜひご覧になってください。





インゴットとは?

インゴットの定義について

インゴットとは金属の塊のことを指します。精錬した金属を鋳型に流し込んで固め、流通や貯蔵のしやすい形にしたもので、24金とプラチナ1000、シルバー1000の塊が一般的にインゴットと呼ばれています。

大きさで種類分けされるのもインゴットの特徴で、1kg、500g、200g、100g、50g、10g、5g、1gと重さにより分けられていて、それぞれのサイズで資産として所持する方が多いようです。

インゴットには偽物も!真贋の見分け方

日本で国内で製造されたインゴットであれば、必ず以下の刻印が入っています。

  • 金の純度を表す「9999」の数値
  • 重量表示
  • シリアルナンバー(製造番号)
  • 販売元のブランド名(ロゴ)
  • ロンドン貴金属市場協会の刻印
  • またインゴットの重量は表記重量と全く同じ重さになり、精度の高い計量器を使っても0.01g程度の誤差しか生まれません。

    インゴットは金の含有量が極めて高く、手で持ってもズッシリとした重みが感じられます。

    ちなみにインゴットを模したメッキ品も数多く流通していますが、「GF」「GP」といった刻印があるので、メッキであれば真贋の判別は難しくありません。

    ただし、タングステンなど金と比重がよく似た金属で、偽物のインゴットが作られる場合もあります。

    この場合、成分を分析しなければ真贋判別できず、超音波探査やX線分析装置など大変高価な測定機器を用いる必要がありますので、信用と信頼があり、専門知識を持った買取業者の鑑定が必要になってきます。

    保有のメリットは?~インゴットが注目されるワケ~

    インゴット買取保有のメリット

    インゴットは、貴金属製品の中でも資産という性格に特化した商品です。

    また、インゴットの中には「グッドデリバリーバー」と呼ばれるインゴットも存在し、ロンドン貴金属市場協会の印が押されたインゴットは、通常の純金(24金)よりも高値で取引が行われています。

    時間の経過による劣化がない、経済のトレンドによるリスクが少ない、持ち運び可能でいつでも換金できる、という点で唯一無二の投資商品と言えます。

    インゴットは今が売り時?

    インゴット買取は今が売り時?

    2000年以降の金価格高騰により500g1000gのインゴット相場は2倍から3倍程度まで上昇しました。

    直近で売却を検討中の方にとっては、今売っても全く問題ないでしょう。

    むしろ今が売り時と思ってもいいかもしれません。

    ただし、有限の資源である金は、新たに採掘できなくなる可能性があり、今後価値が高騰する可能性もあります。

    直近ではこの動きが金相場に影響を与えるとは考えにくいですが、超長期的に見ると、安定して価値は高まっていくことが見込まれます。

    20年以上の長期保有をお考えの方は、このまま相場の推移を見守っていくのもいいのではないでしょうか?

    インゴットを売る前に知っておきたい税金のこと

    インゴット買取税金のこと

    申請納税について

    個人が保有する金・プラチナのインゴット(金塊や材料含む)、国内発行金貨幣や記念金貨、海外の金貨幣など、いわゆる生活動産以外の金地金を売却して得た利益は、原則「譲渡”所得”」として扱われます。

    雑所得、退職所得、事業所得などと同様に所得として扱われますので、給与のように申請納税の必要があります。

    しかし、金を売って得たお金の全額が課税対象というわけではなく、・金の購入や売却にかかった費用 ・特別控除の50万円 この2つの額を差し引いて残った利益に対して課税されます。

    なお税金の計算方法ですが、①所有期間が5年以内の場合 ②所有期間が5年以上の場合 によって変わってきますので注意しましょう。

    《①所有期間が5年以内の場合》

    短期譲渡所得の計算方法

    (金の譲渡益)+(その他の譲渡益)-特別控除50万円 = 課税対象の所得

    《②所有期間が5年以上の場合》

    長期譲渡所得の計算方法

    {(金の譲渡益)+(その他の譲渡益)-特別控除50万円}÷2 = 課税対象の所得

    支払調書制度について

    売却された方の適正な確定申告を促すこととマネーロンダリングの防止を目的として、平成23年以降、金地金を売却して得た金額が200万円を超える場合、買い取った店舗から税務署へ「支払調書」の提出が義務付けられています。

    支払い調書には、売却された貴金属の種類・金額・年月日などが記載されることとなり、これに伴い、金を売却する際には、運転免許証等の本人確認書類の提示が必要となります。

    インゴット高額買取のためのポイントまとめ

    インゴット買取高額買取のためのポイント

    インゴットを高く売るには、ポイントがありますので、以下で紹介します。

    金の種類を調べておく

    上述しましたが、製造年の古い金製品を除き、金製品には金の種類を示す刻印が入っています。

    金の品位(純度)により買取相場も大きく変わってきます。品位を把握しないと相場の概算を出すことはできませんし、相場を把握しておけば不当に安い金額で買取されることも防げますので、査定の前にかならず確認しておきましょう。

    またインゴットの場合、偽物(メッキ製品)も多く、その場合「K24GP」「K24GF」などといった刻印が入りますのでこれも確認しておきましょう。

    金買取専門業者とリサイクルショップの違いを知っておく

    リサイクル店は、本やCD、ノーブランドの服や雑貨、携帯電話の修理、買取、電化製品、楽器、切手、テレフォンカード、商品券、お酒などの総合買取店です。

    逆に金買取専門業者は、金の買取に特化している分、貴金属はもちろんダイヤの価値も査定してもらえるので、金製品に高値がつく可能性はずっと高くなるでしょう。

    手数料も確認する

    買取業者の多くは、金の買取相場を公表しています。

    しかし、実際の買取査定では、この通りの額を提示してもらえないケースがほとんどです。

    というのも公表されている買取相場から、さらに手数料が引かれた額が買取価格になるケースがあるためです。

    買取を依頼する業者には、手数料がいくらなのか、また査定に手数料がかかるのかも合わせて確認しておくようにしましょう。

    お申し込み・ご相談はこちら
    0120-938-105
    簡単メール申込

    お申し込み・ご相談はこちら
    0120-938-105
    簡単メール申込

    大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!