金買取について

ハワイアンジュエリーで人気の14Kを金買取に出そう!買取のポイントを紹介

ハワイアンジュエリー

金はその純度によって、24Kから10Kまで5種類に分類されています。

日本では、金と言うと真っ先に頭に思い浮かぶのが「18金(18K)」という人が多いかもしれませんが、最近、ハワイアンジュエリーに多く使われている14Kの人気が高まってきています。

ここでは、14Kの金買取について見ていきましょう。





金の「14K」とは?

金(ゴールド)の純度には24K、22K、18K、14K、10K の5種類があります。

数字が大きいほど金の含有率が高く、高価になるのがポイントです。

金の含有率が低くなるほど、硬度が高くなり、加工もしやすくなります。金を扱う際には純度がとても大切です。

24Kについて

24Kは、混合物の入っていない99.99%純粋な金のことで、「純金」と呼ばれています。

混合物が入っていないので、腐敗も変色もせず、その輝きは半永久的です。

しかし、24Kはやわらかいため、リングやネックレスのようなジュエリーに加工されることはほとんどありません。

また24Kは基本的に、コインや延べ棒(インゴット)など、金としての価値を最大限活かせるように加工されるため、資産として所有したり、相場によって売買したりといった目的で購入する人が多くなります。

22Kについて

22Kは、純金の含有率が91.7%で、混合物が8.3%入っていますが、輝きが24Kに近いため、最近大変注目が集まっている金です。

近年、22Kのジュエリーが増えてきています。

24Kよりは硬くなりますが、それでもまだやわらかいため、簡単に壊れてしまうこともあり、扱いには注意をする必要があります。

18Kについて

18Kは純度が75%で、25%はほかの金属が混じっています。

24Kや22Kはやわらかいため、ジュエリーに加工するのにはあまり向いていませんが、18Kは硬さも十分で、ジュエリーのためにある金とも言えます。

ジュエリーのほかには、時計やカメラなどにも加工されています。

以前は、18Kはゴールド色しかありませんでしたが、近年では黄色っぽいイエローゴールドや、ピンク色をしたピンクゴールド、銀色をしたホワイトゴールドなどの種類が出てきています。

14Kについて

14Kの純度は58.5%で、41.5%はほかの金属が混ざっています。

18Kの場合は、含有物としておもに銀や銅が使われますが、14Kの場合は、銀や銅のほかにパラジウムなどの金属も使われます。純度の高い金に比べて硬く、壊れにくいのが特徴ですが、輝きは弱めで変色もしやすくなっています。

また14Kは、加工がしやすいため、ペンやピアスの留め金などに使われることが多くなっています。

価格もそれほど高くないため、手に入れやすい金の種類です。ただし、ほかの金属の含有率が高くなるため、肌の弱い人や、金属アレルギーのある人は注意が必要になります。

10Kについて

10Kは、純金が42%で、58%がほかの金属になっています。

半分以上が金以外の金属になりますが、ゴールドの輝きももっており、また、硬さも十分にあるので、アクセサリーやジュエリーに加工されることが多い金です。

ただし、金以外の金属の含有率が高いため、24Kや18Kなどと比べると輝きは落ちてしまいます。

また、劣化するのも早く、さびるなどしてしまいますが、価格が安いため、アクセサリーとしてもとても人気があります。

14Kの金の特徴

上述にもあるとおり、14Kは硬度が高く頑丈で、比較的安価で手に入れられます。

また、加工もしやすいため、アクセサリーの留め金や、ブレスレット、ネックレス、万年筆のペン先、時計、メガネフレーム、ハワイアンジュエリーなど、身近な装飾品として使われることが多いのが特徴です。

また、フルートなどの楽器にも使われています。

日本では、金と言うと18Kを多く目にしますが、ヨーロッパやアメリカなどでは、丈夫な素材が好まれるため、14Kがよく使われています。

近年では金の価格が高騰してきたため、日本でもより安価な14Kが使われる機会も増えてきています。

14Kは、純金の24Kや18Kに比べて輝きは落ちますが、硬度が高いため、傷つきにくく、また変形もしにくいので、宝飾品の素材として大変重宝されています。

40%ほどほかの金属が含有されているため、色合いもバラエティーに富んでいます。

14Kのハワイアンジュエリーは金買取で高額買取が期待できる?

ハワイアンジュエリー

ハワイアンジュエリーの多くは14Kでできています。

ウミガメやプルメリアの花などのモチーフが取り入れられた、南国ムードあふれるハワイアンジュエリーは、日本にもファンが多く、ジュエリー業界でも注目されています。

そのため、14Kは買取の需要も高くなっています。

14Kの相場は、18Kの相場に比べて低いため、その分買取価格も低くなります。

とはいえ、近年では需要が増えてきていますので、十分に売ることが可能です。

14Kと18Kの違いと見分け方

日本でよく見る18Kと、最近注目を集めている14Kはどのように違うのでしょうか。

以下で見分け方と併せて見ていきましょう。

金の含有率による違い

上述にもあるとおり、14Kと18Kでは、金の含有率が異なります。

18Kはその75%が純金、14Kは58.5%が純金で、金以外に含まれるのは、銀や銅、パラジウムといった金属です。

金の含有率が異なることによって、硬度や輝き、重さが異なってきます。

見た目としては、どちらも輝きがあり美しいのですが、18Kのほうが金の含有率が高いため、金色が強く見えます。

また、18Kは14Kに比べて変色しにくくなります。

これは、金以外の金属の含有率が低いためです。金以外の金属は、酸化しやすいため、より純度の高い18Kのほうが安定していると言えます。

刻印で見分ける

18Kと14Kを見分ける際には、刻印に注目しましょう。

14Kの製品には、「14金」「K14」または「585」という刻印が入っています。

これに対して18Kは「18金」「K18」または「750」という刻印があります。

ちなみに、「14K」と「K14」の違いについては、日本製のものは「K14」と表され、日本以外のアジアの国で生産されたものは「14K」と表されていることが多くなっています。

買取の業界では、外国製の「14K」は日本製の「K14」に比べて信用度が低いとされているようです。

14Kの金買取価格はどうやって決まる?

14Kの買取価格は、金の取引で最大のマーケットと言われるロンドン市場で提示されたゴールドの終値(フィキシングプライス)を指標にして決められます。

マーケットが開いている平日は、金の相場が毎日変動していますので、14Kの買取価格もこの相場に連動して毎日変動することになります。

なお、土日はロンドンのマーケットが閉まるため、日本の相場にも若干の誤差が生じてきます。

14Kのレートは、およそインゴットのレートの55%くらいに設定されます。

たとえば、インゴットが1グラム5,000円だとすると、その日の14Kのレートは2,750円ほどになる計算です。

なお、インゴットとは、金やプラチナ、銀を高純度で固めたもののことを指します。

インゴットはすべてに品質保証の刻印があり、品質が世界的に信頼されています。

14Kを金買取で売却する際の注意点

14Kの金を売却する際には、以下の点に注意しましょう。

複数の業者で査定してもらう

近年、金の価格が高騰しているため、金を買取している業者が多くなっています。

また、以前から質屋やジュエリーショップでは、金の買取をおこなっています。

業者によって、金買取の価格や手数料が異なりますので、売却の際には数か所で査定をしてもらい、買取価格を比較検討することを忘れないようにしましょう。

14Kの刻印のアイテムに注意する

上述にもあるとおり、14金には「14K」と「K14」があります。

日本国内ではK14がおもに流通しており、信用も高いのですが、海外製に多い「14K」の場合は、質の悪いものもあるため、ものによっては買取に応じてもらえない場合もあります。

事前に複数の買取専門業者に問い合わせておくのがよいでしょう。

買取相場と査定が信頼できる業者を選ぶ

金相場に応じた買取価格が設定されており、貴金属専門の査定士がいる買取店を選びましょう。

適正な価格で買取ってもらえるため、安心して査定を依頼できます。

おわりに

14Kの金は純度が低めになりますが、その分、丈夫で加工がしやすいため、アクセサリーなどに向いていて、人気が高くなっています。

多くの店で買取をしていますので、信頼できるお店を選び、納得のいく値段で買取してもらいましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!