金買取について

金を売りたいときは買取の基本ルールを学ぼう!年齢制限や必要書類の提示理由とは?

金ルール

昨今では、金を売る動きが盛んになっています。

理由は、金の高騰によるものが大きいですが、それだけではありません。

現代の人々は、スマホで簡単に、情報を確認することができるようになりました。

そのため、金がこんなにも高く取引されているということを知らなかった人たちが一斉に売るようになったのです。

しかし、インターネットの世界では、情報の取捨選択はとても大切です。

ここでは金の売却を考えている方に、基本的なルールや注意点を紹介します。





金買取を利用する理由

金買取とは?

そもそも、金の買取とは、金相場をもとに質屋などの各業者が、一般消費者から金を買い取ることを言います。

買い取りされた後の金はどうなるかというと、例えばアクセサリーの加工業者や機械類の加工業者に販売されるほか、投資家へ向け販売されたりとなっています。

金買取をするわけ

では、なぜ金買取を行うのでしょうか。

用途としては、現金化したいのはもちろん、置き場所に困る、不要になったなどがあげられます。

しかし近年最も多い売却理由は、ご両親や祖父母など、ご親族が亡くなられて、行き場の失ったモノを、どうせなら新しく必要とされている方に届けたいという声が多いです。

そのために、金買取を利用されている方が今、増えています。

金買取で売れるもの売れないもの

金らしきものは全て売れるのか、というとそうではありません。

もちろん、金は高額買取の可能性が高いですが、メッキや金張りなど、買取ができない商品もあるので注意が必要です。

そこで、金として売れるか見分けるための2つの方法を紹介します。

ひとつめは、刻印を確認しましょう。

リングだったら内側、ネックレスだったら留め具やトップの部分などに、「K18」や「K10」などの刻印があります。

その後に続いて「GP」や「GF」という刻印がある場合、メッキや金張りである可能性が高いので、買取は難しいと判断できます。

ふたつめは、磁石を近づける方法です。

メッキや金張りは、中がステンレスなどの金属でできていることが多いので、磁石に反応する場合があります。

もし、磁石に反応した場合、買取は難しいと判断できるでしょう。

金買取に年齢制限はない?

金買取時に注意したいのは、年齢です。金の買取に限らず、未成年の買取サービスの利用は制限されています。

しかし、仮に保護者の同意を得た上で所定の手続きを行えば未成年であっても買取サービスを利用することはできます。

なぜ、未成年からの買取はできないかというと、法律で厳しく決められているからで、詳しくは次項で説明します。

年齢制限はないが未成年が買取利用できない理由

未成年で金買取ができない大きな理由は、古物営業法という法律で禁止されているためです。

また自治体によっては、さらに制限を厳しくしているところもあります。

以上の理由から、未成年と取引をすることにより、その業者が摘発されてしまうリスクがあるのはもちろん、その取引自体が白紙になってしまうため、基本的に業者側は未成年との取引を行っていません。

未成年の買取は法律で禁止されている

古物営業法で禁止をされていますが、親の同意書があれば、買取をすることが可能な業者もあるようです。

とくに18歳以上の未成年に対しては、親の同意書次第で買取を可能にしたりもしています。

しかし、いかなる条件であっても、未成年からは買取依頼を受け付けないといった厳しい業者があるのも事実です。

これは、法的に責任を持つことができない未成年であるからこそ、リスクを回避するためといえるでしょう。

買取サービスの利用に必要なもの

実際に買取を利用するうえでは、名前を書くだけでは取引の契約を成立することはできません。

身分証や本人確認書類

店舗型の業者と、出張買取型の業者で、違う部分があるのですが、原則的に、身分証の確認は必須事項と言えます。

出張買取においては、身分証に記載されている住所でないと買取を行うことはできません。

また、業者によりますが、身分証の身分証番号を確認されることが多いです。

本人確認が必要な理由

法律上、買取を行ううえで、買取業者と売却者に課せられたものであるということはもちろんですが、警察などが盗難品などのルートを辿れなくなることも大きな理由といえるでしょう。

中には、盗品を売る販路がない人たちが、買取業者を経由して、現金化することがあり、それらを未然に防ぐために、全ての人に身分証の提示が求められるのです。

その他に知っておきたい金買取の知識

金ルール

実際に金を売ることになったとき、特に金の相場には注目しましょう。

街中の質屋の店頭には相場の看板があったり、インターネットなどでも確認できます。

この際に注意しておきたいことは、その相場が買取価格にはなりにくいということです。

そこで、少しでも相場価格に近い価格で買取を行ってもらうために、複数の業者に査定をしてもらうことが大切です。

複数の業者にあたることで、売りたい商品の買取価格を把握することができ、あそこの業者はいくらだったというように、値段をあげる交渉をすることができます。

手間はかかってしまいますが、少しでも高額で買取をしてもらいたい時は、参考にしてみてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!