金買取について

24kは純金のこと。価値ある金の買取で損をしないために大切なこと

24k純金

24kは純度99%以上の金を指し、これ以上の純度の金は存在しません。

そのため投資商品としても流通することが多く、金買取でも最も高額で取引が行われている金といっても過言ではないでしょう。

ここではそんな24k純金の買取について買取相場や売却の際に損をしないための注意点をご紹介します。





24kとは?

純金とは、100分率でいうと100%の金であり、24分率でいう「24分の24」の金のことを言います。

なので純金である場合「K24」と表記されます。

24kは純度99.9%以上の金を指す

24kの金は「99.9」と表記されたりもします。

これは、金の含有率が99.9%であるという意味です。

表面が剥き出しであるかぎり、0.1%は他の物質が混ざってしまう可能性があるため、100%の表記は使用できないとされています。

このような表記一つをとっても、金が高額で取引される貴重なものであることが読み取れます。

24kの特徴

そもそもなぜ金の純度は24分率で示されるのでしょうか。

それは、1日が24時間だったりと、元来より「24」という数字がキリの良い数字だからとされています。

24金は純度において、これ以上の純度はないという最高品位であることを表しています。

金の種類

金には24金以外にも、様々な純度の金があります。

よく聞く18金の他に、22金、9金などがあります。

18金であれば、24分の18ということを表し、100分率では75%となります。

また金には、イエローゴールドやホワイトゴールドなど、他の金属を混ぜることで色をつけた種類もあります。

これを合金といい、「K18WG」や「K10YG」などと表記されます。

18金と24金の違い

大きな違いは、金の含有量にあります。

上述の通り、金が75%含まれているものを18金と言います。

当然、金の含有量は24金の方が多いため、一般的に金としての買取価格は24金の方が高いのです。

また18金はアクセサリーに多用されている一方、24金は延べ棒など投資目的として利用されることが多い傾向にあります。

金の真贋の見分け方

実際に金の売却をするうえで、お手元の金が本物であるのか、含有量はどれくらいなのか、その見分け方を紹介します。

金の真贋について

金の真贋は、刻印の確認がとても大切です。

リングでしたら内側、純金が多く使われている杯は、杯の裏側に刻印されていることがほとんどです。

また、ネックレスはそれぞれ留め具の部分とトップの部分に別々に刻印されていることも多くあります。

これらを確認し、ゴールドメッキを表す「GP」や「GF」という刻印がある場合、金ではないと判断できます。

また、そのような刻印が無く、「K18」「K24」などと書かれている場合は本物の可能性は高まります。

24kの刻印(24kgp)や金の刻印の種類

24金の刻印は、K24という表記以外にも「99.9」という表記で刻印されていることもあり、金杯にはK24と書いていることが多いですが、その後ろに続けて「GP」や「GF」といったメッキである刻印も多く見受けられます。

刻印のない金の純度の調べ方

物によっては、古いために、刻印が消えたりつぶれたりして確認ができないものも多くあります。

この場合、磁石による調べ方をおすすめします。

方法は単純で、調べたい物に磁石を近づけてくっつかどうか確認をします。

この時、くっつくものに関しては、メッキであると判断できます。メッキ物に関しては、中のスチールに磁石が反応します。

あくまでもこれは参考としての調べ方なので、くっつかなくてもメッキの場合である可能性もあるので、売却を考えている方は、一度専門の業者に見てもらうことをおすすめします。

24kの金相場について

現在の金相場は、以前に比べて高騰しています。

金の相場変動には、複雑な関係作用がありますが、一般的に世界情勢によって変動すると言われています。

とくに世界の基軸通貨であるドルによる不安が増大すると、円とともに金の価値があがりやすくなります。

その中でも、24金は金の基準価格であり、投資として相場を見ている人が多くいます。

24kや純金の買取で損をしたいために

24k純金

街中やインターネット、各店舗で載せられている金の買取相場は、一般的に24金の買取価格ではなく、インゴットの買取価格を載せていることがほとんどです。

ここで大切なのは、インゴットと24金は違うということです。

24金が99.9%であるのに対し、インゴットは99.99%の純度となっています。

この99.99%は工業レベルに加工されたものであり、非常に高い純度となっています。

いわゆる金の延べ棒などは、インゴットであることがほとんどですのでインゴットの相場を24金の買取価格参考にするのは、難しいと言えます。

インゴットではなく、24金の相場を確認したうえで、ひとつでも多くの業者に問い合わせ、相見積もりをしていきましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!