ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

貴金属やダイヤモンドの買取価格はどう決まる?おすすめの買取方法もご紹介

貴金属やダイヤモンドの買取価格はどう決まる?おすすめの買取方法もご紹介
ダイヤ

ダイヤモンドなどの宝石や金・プラチナなどの貴金属は、ジュエリーでの需要に加え、実物資産としても人気があります。

このような背景からダイヤモンドと金・プラチナは、買取市場においても特に活発に取引されている品物です。

では、ダイヤモンドや金・プラチナの買取では、どのような査定ポイントによって買取価格が決められているのでしょうか。

ダイヤモンドや金・プラチナの査定基準や買取価格の決まり方に加え、買取相場の計算例、高く買取してもらうためのポイントなどもご紹介します。

ダイヤモンドのついた貴金属製品を買取に出すのはどんな時?

高級腕時計の買取相場はいくら?できるだけ高く売るための方法をお教えます!

ダイヤモンドといえば高価な宝石の代表格です。

また、硬度が高く傷がつきにくいことでも知られています。

「ダイヤモンドは永遠の輝き」という有名なキャッチコピーがあるように、一生もののジュエリーとしてダイヤモンド付きの貴金属製品を購入する人も多いでしょう。

しかしながら、宝石・貴金属の買取市場でもダイヤモンド付きの貴金属製品は多く取引されています。

ダイヤモンド付きの貴金属製品を買取に出すのにはどのようなきっかけが多いのでしょうか。

サイズや好みが変わって身に着ける機会がなくなってしまった

大切にしていたダイヤモンドの指輪でも、長い時間を経るうちにサイズが変わってしまうこともありますし、ペンダントなどの好みが変わってしまう場合もあるでしょう。

そのような理由で、着けることがなくなってしまったダイヤモンド付きの貴金属製品を買取に出すという人は多いようです。

ダイヤモンドや金は買取市場でも高い価格で取引されますから、身に着ける機会がないのならば買取に出すというのは、非常に理にかなった方法であると考えられます。

デザインが古くなったものを売って新しいデザインのものを買いたい

ダイヤモンド付きの貴金属製品は高価ですから、そう次々と新しいものを買うわけにもいきません。

そこで、新しいデザインのダイヤモンド付きジュエリーが欲しい場合には、今持っているダイヤモンド付きの貴金属製品を買取に出し、新しいものを買う資金にするという人も多いようです。

これも、ダイヤモンドを長く楽しむ上で非常に良い買取サービスの使い方ではないでしょうか。

金・プラチナの買取価格はどのように決まる?

高級腕時計の買取相場はいくら?できるだけ高く売るための方法をお教えます!

金製品・プラチナ製品とも、理論上の価格は以下の計算式で求めることができます。

ただし、これはあくまでも理論上の価値を計算によって簡易的に求める方法であり、実際に買取を依頼した際の買取価格とは異なる場合がありますので注意してください。

金(プラチナ)製品の価格=地金価格 × 金(プラチナ)製品の重量 × 金(プラチナ)の品位

すなわち、お持ちの金製品・プラチナ製品が理論上どれくらいの価格になるのかを知るためには、以下の3つの情報が必要になります。


・金(プラチナ)の地金価格

・所有している金(プラチナ)製品の重量

・所有している金(プラチナ)製品の品位


「所有している金(プラチナ)製品の重量」はそのまま、該当する貴金属部分の重さです。

残りの2つのポイント、「金(プラチナ)の地金価格」「所有している金(プラチナ)製品の品位」について詳しく見ていきましょう。

金・プラチナの地金価格について

地金価格とは、金・プラチナという金属自体につけられる価値のことです。

世界の4大市場(ロンドン・ニューヨーク・香港・チューリッヒ)をはじめとした世界の金・プラチナ市場の動向によって、毎日変動します。

日ごとの相場は、貴金属業者のホームページや日本経済新聞の紙面などにも掲載されます。

例えば、金融緩和が行われる(金融商品の金利が下がる)と実物資産としての金の需要が増すため、金の地金価格は高くなりやすいでしょう。

また、プラチナは産業品にも多く使われるため、産業品の生産拡大によって需要が増し、プラチナの地金価格が上がるというケースも考えられます。

さらに、金・プラチナの国際的な価格はドル建てで表示されます。

日本での(円建ての)地金価格を考える場合には、ドル円の為替相場の影響も考える必要があります。

金・プラチナの品位について

品位とは、金(プラチナ)製品に含まれる金(プラチナ)の割合、すなわち金・プラチナの純度のことです。

金・プラチナ製品の品位は、金なら「K24」「K18」、プラチナなら「Pt999」「Pt900」といった形で製品に刻印されていることも多いです。

金の品位は通常、24分率で表示されます。

K24なら純度は24/24で純金、K18なら純度は18/24で75%といった具合です。

純金以外の金製品は、割金と呼ばれる他の種類の金属を混ぜて作られます。

他に一般的に使われる金品位としては「K22」「K21.6」「K20」「K14」などがあり、それぞれ用途に応じて使い分けられています。

一方、プラチナの品位は通常、1000分率で表示されます。

Pt999なら純度99.9%以上、Pt900なら純度90%です。

他に一般的に使われるプラチナ品位としては「Pt950」「Pt850」「Pt585」「Pt100」などがあります。

ダイヤモンドの買取相場はどのように決まる?

ダイヤモンド

金やプラチナの買取価格には、世界の金・プラチナ市場の動向が大きく影響していました。

では、ダイヤモンドの買取相場を考える際には、どのような要素が大きく関わってくるのでしょうか。

ダイヤモンドの買取相場を左右するポイントについてご紹介します。

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの品質を評価するための基準に「4C」があります。

4Cとは、以下の4つの評価項目のことです。


・Color(カラー)

・Cut(カット)

・Clarity(クラリティ)

・Carat(カラット)


カラーとは、そのままダイヤモンドの色のことです。

ダイヤモンドはものによって色味に違いがあり、無色透明に近ければ近いほどカラーの評価は高くなります。

色味によってDからZまで23段階の等級に分けられ、この等級によって買取相場にも差が出てきます。

カットとは、石のバランス・対称性・光の取り込み方・輝き方など、ダイヤモンドのカットの仕方に対する評価項目です。

評価の高さによって5段階の等級に分けられます。

クラリティとは、ダイヤモンドの透明度を表す評価項目です。

キズや内包物の有無によって11段階の等級に分けられています。

カラットとは、ダイヤモンドの重量のことです。

「1カラット=0.2g」と定義され、カラットの数値が大きいほど買取相場は高くなりやすいです。

鑑定書の有無

ダイヤモンドの価値を決めるのは、なんといっても4Cです。

ダイヤモンドの鑑定書は買取の場面において、4Cの品質を証明してくれるものとして重要です。

鑑定書のついているダイヤモンドは品質への信頼度が増すため、買取市場における需要も高くなりやすいです。

買取業者としても買取後の再販がしやすいため、積極的に買取しやすくなります。

鑑定書がなければ買取してもらえないというわけではありませんが、鑑定書がある方が高く買取してもらいやすい傾向があります。

ブランドやデザインの人気

ダイヤモンド自体の価値というよりは「ダイヤモンドが使われているジュエリー」の話ですが、そのジュエリーを作ったブランドの人気や知名度も買取相場に関わってきます。

デザインの良さや、「そのブランドの製品であること」に付加価値が生まれるというケースは、人気ブランドであれば珍しくありません。

ダイヤモンドの4C評価に加えて、ブランドの人気によって買取相場が高くなるという可能性もあります。

ダイヤモンド価格リスト

ダイヤモンドには、業者間のみで使われている「ダイヤモンド価格リスト(アメリカで作成されているダイヤモンドの取引価格表)」というものがあります。

このリストで国際的なダイヤモンドの取引価格を調べ、買取価格設定の参考にしている買取業者もあるようです。

なお、このリストは一般公開はされていないため、買取サービスの利用者は見ることはできません。

金・プラチナとダイヤモンドの買取相場について

高級腕時計の買取相場はいくら?できるだけ高く売るための方法をお教えます!

金・プラチナ・ダイヤモンドの買取価格の決まり方について見てきましたが、ここからはより具体的に考えていきたいと思います。

金・プラチナ・ダイヤモンドの買取相場をどのように計算できるかについて、具体的な数字を仮に設定して、計算例をご紹介します。

金の買取相場の計算例

まず、品位ごとの金の買取相場について考えていきます。

それぞれの品位ごとの金の買取相場は、

品位ごとの金の買取相場=純金の買取相場×金の純度

という計算式でおおよその値を求めることが出来ます。

ここでは、仮に純金の買取相場が1gあたり6,500円だとした場合の、それぞれの品位の金の1gあたりの買取相場を表にしてご紹介します。

金品位純金の買取相場が1g=6,500円のときの計算式1gあたりの買取相場
24K6,500(円)×100%6,500円
22K6,500(円)×91.7%5,960円
21.6K6,500(円)×90.0%5,850円
20K6,500(円)×83.5%5,427円
18K6,500(円)×75.0%4,875円
14K6,500(円)×58.5%3,802円

金の純度が高ければ高いほど、買取相場も高くなりやすいことが分かります。

ただし、これはあくまでも理論上の買取相場であり、買取業者ごとの実際の買取価格は異なる場合があります。

また、その金製品のブランド・希少性・保存状態などによっても買取価格は変化します。

これはあくまで目安程度と捉えてください。

プラチナの買取相場の計算例

続いてはプラチナの買取相場についてです。

プラチナの買取相場は金と同様、品位ごとに、

品位ごとのプラチナの買取相場=純プラチナの買取相場×プラチナの純度

という計算式でおおよその値を算出することができます。

ここでは、仮に純プラチナの買取相場が1gあたり2,900円だとした場合の、それぞれの品位のプラチナ1gあたりの買取相場を表にまとめました。

品位純プラチナの買取相場が1g=2,900円のときの計算式1gあたりの買取相場
Pt9992,900(円)×100%2,900円
Pt9502,900(円)×95%2,755円
Pt9002,900(円)×90%2,610円
Pt8502,900(円)×85%2,465円

プラチナの場合にも、1gあたりの買取相場は純度に比例します。

なお、このプラチナの買取相場表もあくまで理論上の数値です。

買取業者ごとの実際の買取価格は異なる場合がありますので、目安程度と考えてください。

ダイヤモンドの買取相場について

ダイヤモンドの買取相場を決定づける要素として4Cがありました。

ダイヤモンドの買取では、この4つの項目を総合的に判断して買取価格を算出することになるため、金やプラチナに比べて買取相場の決まり方は複雑です。

もちろん「カラット数が大きいほど買取相場は高くなりやすい」などの傾向はありますが、素材の金属自体に明確な国際価格がある金・プラチナのように一定の計算式を提示することはできません。

なお、金やプラチナでは重量が倍になれば買取価格も理論上は倍になりますが、ダイヤモンドではカラット数と買取相場は正比例しません。

金属のように溶解・再成形できないダイヤモンドでは、重量の大きいものは非常に希少価値が高いため、カラット数と買取相場の関係は2次関数的になっていきます。

貴金属やダイヤモンドはどこで買取してもらえる?

高級腕時計の買取相場はいくら?できるだけ高く売るための方法をお教えます!

金・プラチナなどの貴金属やダイヤモンドを売却したい場合、具体的にはどのような業者の利用が考えられるでしょうか。

ここでは、利用しやすい3つの方法についてご紹介します。

委託販売

委託販売とは、利用者自身では売買取引は行わず、委託販売業者に全てを任せるという売却方法です。

利用者は品物を委託販売業者に渡しさえすれば良いので、とても楽な方法であると言えます。

また、貴金属やダイヤモンドを専門に委託販売している業者なら専用の販路をいくつか持っているでしょうから、より高く売れる販路を選ぶことなども可能でしょう。

一方、販売が完了するまでに時間がかかる上に、せっかく高く売れても売上代金の一部を手数料として委託販売業者に渡さなければならないというデメリットがあります。

ネットオークション・フリマアプリ

ネットオークションやフリマアプリを利用して、貴金属製品やダイヤモンド付きのジュエリーを売却することもできます。

スマートフォン1つあればいつでも出品できるため、最も手軽な売却方法であると言えるでしょう。

しかしながら、ネットオークションやフリマアプリにはデメリットも多いです。

まず、販売価格を利用者自身が設定しなければならないため、正確な相場を把握していなければ、本来の価値よりも安い価格を設定してしまって思わぬ損をする可能性があります。

また、インターネットを介した売却方法のため、売り手と買い手が実際に顔を合わせることはなく、品物も落札・購入するまでは実物を見ることができません。

取引に対する安心感が低いため、貴金属やダイヤモンドのような高価なものは売れにくい傾向にあるようです。

宝石・貴金属専門の買取業者

3つ目の方法として、宝石や貴金属を専門に買取をしている業者の利用が考えられます。

この場合は委託販売と違って売買の相手が買取業者ですから、買取に出したその場で現金に換えることができます。

さらに、宝石・貴金属専門の買取業者の中には、買取に関わる手数料を無料にしている業者も多いです。

また、宝石・貴金属専門の買取業者であれば金・プラチナやダイヤモンドの専門知識を持っているため、ネットオークションやフリマアプリとは違って適正な価格で売ることができるでしょう。

宝石・貴金属専門の買取業者を利用する方法は、委託販売とネットオークション・フリマアプリを利用する方法の双方のデメリットをクリアした方法であると言えるでしょう。

ダイヤモンド付きの貴金属製品をより高く買取してもらうには?

高級腕時計の買取相場はいくら?できるだけ高く売るための方法をお教えます!

ダイヤモンドの付いた貴金属製品はそもそも価値の高いものが多いですが、少しの工夫でさらに少しでも高く買取してもらえる可能性があります。

ダイヤモンドの手入れ方法や買取時の注意点などについてご紹介します。

買取に出す前に中性洗剤などで洗う

ダイヤモンドの評価項目に4Cがありましたが、ダイヤモンドの査定において「輝き方」というのは重要なポイントです。

ところが、ダイヤモンドには長年使っている間に皮脂などが付着し、輝き方が変わってしまう場合があります。

皮脂などの油汚れが付いてしまったダイヤモンドを手入れするには、ぬるま湯に中性洗剤を数滴入れて作った洗浄液の中に少しの間浸けておくという方法があります。

その後、歯ブラシなどを使って優しく丁寧に洗ってあげると、油汚れなどがかなり落ちます。

洗ったあとは、よくすすいでから乾いた布などで水気を切り、乾燥させてあげましょう。

鑑定書がある場合は必ず添えて査定に出す

鑑定書は、貴金属の品位やダイヤモンドの品質を証明してくれるものとして、買取の場面においても重要です。

鑑定書がついていることで貴金属やダイヤモンドの品質への信頼度が増し、買取市場での需要も高くなりやすいと考えられるからです。

買取業者としても鑑定書の付いた貴金属やダイヤモンドは、買取後の再販がしやすい優良商品であると言えるでしょう。

そのため貴金属やダイヤモンドの買取では、鑑定書がある場合には品物に添えて査定に出すようにしましょう。

鑑定書がなければ買取してもらえないというわけではありませんが、鑑定書がある方が高く買取してもらいやすい傾向があります。

複数の貴金属買取店で見積もりをもらって比較する

貴金属やダイヤモンドは同じ品物であっても、その時々の買取価格には業者によって多少の差が出ることがあります。

そこで、買取の際にはいくつかの買取業者の査定内容を比較することも有効になってきます。

複数の業者で相見積もりをとり、その上で最も高い買取価格をつけてくれた業者や最も信頼できると思った業者を選ぶことができれば、取引に対する納得感も変わってくるでしょう。

その際は、出張買取の出張費や査定料といった各種手数料を無料にしている業者を選ぶことで、相見積もりに伴う出費をゼロにすることもできます。

貴金属・ダイヤモンドの3つの買取方法

高級腕時計の買取相場はいくら?できるだけ高く売るための方法をお教えます!

貴金属製品やダイヤモンドを買取してもらう方法として、「持ち込み買取」「宅配買取」「出張買取」という3つの買取方法が挙げられます。

提供している買取方法は買取業者によって異なり、すべての買取方法を行っている業者もあれば、このうちの1つだけを行っている業者もあります。

3つの買取方法にはそれぞれ特徴がありますから、ご自身に合う方法を確認してみてください。

買取業者を選ぶ際には、その買取方法を行っているかどうかも1つの基準になるでしょう。

持ち込み買取

持ち込み買取とは、売りたい品物を買取店の店頭に持ち込んで査定・買取してもらう方法です。

多くの人がイメージしやすい最もポピュラーな買取方法であると言えるでしょう。

この方法では品物を直接お店に持ち込むため、査定に立ち会うことができるのが最大のメリットです。

査定内容について詳しく説明を聞いたり、場合によっては買取価格についての交渉もできるかもしれません。

また、提示された査定額に納得できればその場で現金を受け取る事ができるというスピード感も、持ち込み買取の魅力のひとつでしょう。

デメリットととしては、近くに店舗が無い場合には品物を持ち込むのに手間がかかる点があります。

宅配買取

宅配買取とは、売りたい品物を段ボールなどに詰めて買取業者に送付し、査定・買取してもらう方法です。

査定結果は電子メールなどで後日届くので、査定結果をその場で待つ必要はありません。

近くに店舗が無い場合や、遠方の買取業者を利用したい場合でも査定・買取を依頼することもできます。

また、買取業者の営業時間に合わせる必要がないので、日中忙しくしている人でも利用することができます。

一方で、査定員と対面での査定ではないため、査定への安心感や査定内容への納得感という点に関しては、対面で査定する方法に比べて劣るかもしれません。

出張買取

出張買取とは、買取業者の査定員が利用者の自宅等まで来て査定・買取してくれる方法です。

電話や買取業者のホームページから申し込むと、約束した日時に査定員が訪問してくれます。

最大のメリットは、自宅いながら査定・買取・現金化まですべてを済ませられる点でしょう。

持ち込み買取のように店舗に品物を持ち込む手間は無く、さらに査定員と対面での査定になるため、査定への安心感も得やすいでしょう。

持ち込む買取・宅配買取双方のデメリットをクリアした方法で、数ある買取方法の中で最もおすすめです。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

宝石の種類

買取対象品目