24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!
金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

宝石付きの金などの貴金属を売る前に、買取価格を事前に知りたいという方は多いのではないでしょうか。

買取価格は、貴金属や宝石の種類・重量・質によって変わります。

今回は、宝石が付いた金や貴金属の買取査定基準を中心に、高額買取を目指す際に役立つ情報をご紹介しましょう。

貴金属の買取の基本

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

貴金属の買取は、貴金属専門買取業者・質屋・リサイクルショップなどで行っています。

しかし、業者によって買取対象となる貴金属が異なり、買取不可になることもあるため注意が必要です。

ここでは、貴金属買取における基本的な情報を3つお伝えします。

・貴金属の種類
・貴金属の品位
・有名ブランドの貴金属

貴金属の種類

一般的に買取の対象となる貴金属は、金・プラチナ・銀の3種類です。

そのうち、金の色はイエロー・ピンク・ホワイト・グリーンなどに分類され、これらの色は金に混ぜる他の貴金属の種類や割合によって変わります。

どの貴金属も、純度に応じて価値が変わるのがポイントです。 純度が高いものほど価値が高く、金などは買取価格が高くなります。

貴金属の品位

貴金属の純度は「品位」や「含有率」といいます。 品位や含有率の数値は、ISO(国際標準規格)やJIS(日本工業規格)に従い、1,000分率で表すのが決まりとなっています。

例を挙げると、金は「750」、プラチナは「Pt900」などと表記され、この数値が高いものほど、品位も高くなります。

宝石がついた貴金属については、わざと品位を下げることが多いのが特徴です。

その理由は、ジュエリーへの加工のしやすさと関係しています。

純度が高い貴金属は柔らかいため、宝石を固定する石留用の爪には向きません。

そのため、他の金属を添加して強度を増した貴金属を用いて商品化をするわけです。

有名ブランドの貴金属

有名ブランドがデザインした金やプラチナなどのアクセサリーは、貴金属の品質や重さだけではなく、そのデザイン性も買取においてプラスの評価になる場合があります。

しかし、貴金属の買取を行っている業者によっては、ブランド品であってもその価値を買取額に加味しない業者も存在します。

その理由は、買取業者ごとに販路が異なっているためです。 買取業者によっては、金を再加工することを前提に買い取るところも、そういった業者ではブランド品としての価値を評価しない可能性があります。

もしも、お持ちのアクセサリーが有名ブランドでしたら、その価値も加味してくれる買取業者に査定してもらいましょう。

宝石のついたジュエリーの買取はどう進められる?

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

宝石のついた指輪・ネックレス・ブレスレットなどのジュエリーは、大きく分けて3通りの方法で買い取ってもらえます。

【方法1】宝石と金・貴金属を総合的に査定し、買取価格を決める方法
【方法2】金・貴金属だけを査定し、宝石の価値は評価せずに買取価格を決める方法
【方法3】金・貴金属のみ買取し、宝石は外して利用者へ返却する方法

買取業者の方針によって、買い取ったジュエリーをそのまま再販するところもあれば、貴金属の部分だけを買い取って宝石は一切査定しないところもあります。そのため、買取業者の選び方には注意しましょう。

なお、宝石を外して査定する場合、その手数料がかかったり、宝石をはめ直す手間賃がかかったりすることもあります。

優良業者であれば、査定する前に手数料に関して説明してくれますが、説明せずに査定をし、あとから費用を請求する悪徳業者も存在します。

もしもジュエリーの買取を検討している人は、事前に自ら業者に質問をして確認したほうが安心できるでしょう。

そのほか、宝石を外したままの状態で返却するケースもあるようですので、そういった業者は選ばないように気を付けましょう。

貴金属の買取相場は?

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

貴金属は、買取相場が変動しやすいのが特徴です。 以下で、金・プラチナ・銀それぞれの買取相場を見ていきましょう。

金は世界中で取引されている国際商品の一つです。

金は世界中の市場で売り買いされているため、世界共通の価格が設定されています。この世界共通の金の価格は「国際価格」といいます。ちなみに、この金の国際価格に大きな影響を与えるのが、2大市場といわれているロンドンとニューヨークの市場です。

金の国際価格は、1トロイオンス(約31グラム)当たりの価格を米ドルで表示するのが世界標準です。また、金は常にどこかの市場で取引をされているため、金の価格は絶えず変動を続ける特徴を持っています。

そのため、金の買取を検討している人は、金の価格変動をチェックするのが大切です。

ちなみに、日本国内で取引される金は「金の国際価格の変動」「米ドル価値の変動」などの影響を受けて、日々その取引価格が変動しています。

日本国内の金の価格は「1グラム当たりの円建て」となっています。そのため貴金属の買取業者は、日ごとの1トロイオンス当たりの価値を、1グラム当たりの日本円の価格に換算して、公式ホームページなどにその日の買取買取を記載します。

なお、貴金属の買取業者によって金の買取価格が違うのは、店の在庫状況や利益の出し方など、査定基準が異なるためです。

その点も考慮して、金の買取業者を選ぶといいでしょう。

プラチナ

プラチナは、純度に応じて買取相場が異なります。

査定額は買取業者によって違いますが、プラチナの純度が高いもののほうが、相場も高くなる傾向が見られます。Pt850・Pt900・Pt950・Pt999と含有率が高くなるにつれ、買取相場も高くなるのが一般的です。

さらに、プラチナの重量があれば高い買取価格を期待できるでしょう。

プラチナの価格は、金と同じく日々変動するため、売り時に注意が必要です。

一般的にプラチナは、金や銀よりも変動が激しい傾向があるため、毎日価格の変動をチェックするのが重要になるでしょう。

簡易的に買取価格が知りたい場合は、「プラチナ1グラムあたりの買取価格×重量=買取価格」の計算式で導き出せます。手持ちのプラチナの純度と重量さえわかれば、おおよその査定額を把握できますので、ぜひ試してみましょう。

銀は、金やプラチナよりも1グラムあたりの買取価格が安くなります。

価格が日々変動する点は同じですが、差額が小さいため、売り時に敏感になる必要はあまりありません。ただし、お持ちの銀に重量があると買取相場に関わらず金額に差が出るため、レートの変動はチェックしておくとよいでしょう。

純銀・シルバーアクセサリー・Sv925・人気ブランド品など、価値が高いと評価されるものだと、買取相場は高くなります。

金や宝石の査定基準は?

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

高額買取を目指すなら、金や宝石の査定基準を知っておくとよいでしょう。 買取業者がどのような査定基準を設けているのか、以下で解説します。

金の査定基準

金を査定する際の基準は、大別して品位(純度)・重量・ブランドの3つがあります。

・品位
・重量
・ブランド

金は品位と重量が注目されがちですが、人気ブランドの金製品を高額査定するケースもある点は覚えておくとよいでしょう。

それでは、3つの査定基準について詳しくみていきましょう。

品位

貴金属の買取業者が買取の対象にしている品物は、品位の高い金のため、品位の低い金などは買取対象にしていない業者がほとんどです。

例えば、「GP(金メッキ)」や「GF(金張り)」という刻印があるものは、貴金属買取業者では取り扱いません。GPやGFは、含まれている金が微量のため、買い取っても利益になりにくいからです。

金の買取では、「K18」や「K24」など、品位が高いことを示す刻印されているかがポイントです。

品物の中には、刻印がないこともありますが、その場合も査定員がきちんと査定しますので安心してください。

重量

金はグラム数に応じて査定額が決まるため、金の買取業者は査定時に必ず重さを量ります。店頭で買い取ってもらう場合は、依頼者の目の前で金の重量を計測してくれるのがほとんどですので安心です。

また、買取業者によっては、小数点以下の重量も査定額に含めてくれる場合があります。

金に宝石がついた品物の買取の査定は、宝石の重量を差し引いた金の重量で査定するのが一般的です。

業者が買取後にジュエリーをどう処理するかによって異なりますが、いったん宝石を外して金のみの重量を測定し、宝石は別の方法で鑑定し査定額を出すことが多くなっています。

査定後に売らない判断をした場合は、外した宝石をもとに戻して所有者に返却してくれる買取業者もあります。

ブランド

買取業者によっては、買い取ったブランド品を、加工せずに再販する場合があります。

特に人気のブランド品のジュエリーは中古でも人気ですので、買取業者によってはブランドであることが評価される可能性があります。人気が高いブランドのものだと、例えばジュエリーやウェディング業界に需要があります。

そのため、人気ブランド品の買取を検討している人は、ネームバリューも評価してくれる業者に査定してもらうようにしましょう。

宝石の査定基準

宝石の査定基準は、ダイヤモンドとカラー宝石で異なる点があります。 それぞれ詳しくみていきましょう。

ダイヤモンド

ダイヤモンドは「4C」を鑑定します。 4Cとは、以下の4つの評価項目です。

・Color(カラー)
・Cut(カット)
・Clarity(クラリティ)
・Carat(カラット)

それぞれの頭文字「C」を取って4Cと呼ばれています。 カラーはダイヤモンドの色評価です。

ダイヤモンドの色は、無色透明に近いほど高い価値で査定され、23段階評価と細かい基準が設けられています。

カットは、原石のカットと仕上げ方・光の取り込み方・輝き方などをチェックする項目で、5段階で評価されます。

クラリティは、キズや内包物の度合いを示す評価項目で、11段階に分かれています。

カラットは、重量を意味し「1カラット:0.2グラム」相当で換算して、数値が大きいほど高額査定となります。

カラー宝石

サファイヤやエメラルドといったカラー宝石の査定基準は、7~8つ程度設けられているのが一般的です。

具体的には、種類・カラー・クラリティ・加工処理法・カラット・原産地・ニーズ・鑑別書の有無などを査定します。

種類は、真贋を含め、宝石の種別を判断する作業です。カラーは、透明感や色の濃淡、輝き方などをチェックします。

クラリティは、ダイヤモンド同様、キズや内包物の有無を確認します。加工処理法は、丁寧な仕上げかを見極める作業です。

カラットは、大きさと重さを計測し、大きい石は高い価値があると評価されます。

原産地は、カラー宝石の大変重要なポイントで、原産地によっても希少性・品質・特徴に大きな違いがあります。有名な原産地のカラー宝石の場合は、高額査定の対象となるでしょう。

人気の起伏を表す、ニーズも重要視されます。人気ブランドや流行っている宝石の品物は、査定額も高くなるのが一般的です。

そのほか、カラー宝石を証明する「鑑別書」があると、査定基準をスムーズかつ正確にクリアできるケースが多いことを覚えておきましょう。

貴金属や宝石を高額買取してもらう方法

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

貴金属や宝石は、査定時までよい状態を保つことで高額買取につながります。

貴金属や宝石の正しいお手入れや保管方法を身につけておきましょう。ここでは、貴金属や宝石を高額買取してもらうための方法を2つご紹介します。

複数の買取業者で査定してもらう

リサイクルショップや総合買取専門業者、宝石・貴金属買取専門業者、質屋、ジュエリー専門店など、宝石がついた金や貴金属のジュエリーを買取ってくれるところは様々です。

そんな中おすすめなのは、宝石と金や貴金属を総合的に査定してくれる宝石・貴金属買取専門業者です。

その理由は、金やプラチナなどの貴金属は日々取引価格が変動するため、常に市場での貴金属の価値を正確に把握している業者である必要があるからです。宝石・貴金属買取専門業者であれば、常に市場での価値の動向を把握しているので、適切な額で買い取ってくれることでしょう。

また宝石では、複数の評価項目に沿った査定を行うため、専門的な知識・技術が必要になります。

宝石・貴金属買取専門業者であったら、宝石の査定技術も有しているので価値を見落とさずに買取額を提示してくれることでしょう。

ただ、買取業者によっては金や宝石の評価項目が異なるため、同じジュエリーでも買取業者によっては買取額に違いが出てきます。「少しでも高い価格で買い取ってほしい」と考えている人は、少し手間でも複数の買取業者に査定依頼をして、最高額を提示してくれたところに買い取ってもらいましょう。

注意点として、金やプラチナの相場は日々変動しますので、他の業者に査定を依頼しているうちに相場が下がってしまうこともあります。

大切に扱い、保管する

宝石のついた金や貴金属を高価買取してもらうためには、品物をよい状態でキープすることが大切ですので、大事に手入れして保管することを心がけましょう。

手入れの基本は「身につけたら必ず汚れを拭き取る」ことです。一度身につけると汗や化粧品などで汚れます。

そのまま保管するとサビや欠損の原因になるため、注意が必要です。

宝石や貴金属を身に着けた後は、清潔で柔らかい布を使い、やさしく拭き取りましょう。

他にも、宝石がついた金・貴金属類の保管は、1つずつ分けることがポイントです。ひとまとめにすると、ジュエリー同士がぶつかった衝撃で破損する恐れがあるためです。宝石用の袋、仕切りのある宝石箱を活用して保管しましょう。

買取の流れ

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

貴金属や宝石を扱う買取業者は、さまざまな買取システムを用意しています。

一般的には店頭買取が多くなっていますが、最近では出張買取や宅配買取なども増えてきています。 ここでは、以下3つの買取システムの概要をご紹介します。

・店頭買取
・宅配買取
・出張買取

店頭買取

店頭買取は、品物を直接店舗へ持ち込んで査定してもらう方法です。 査定員が利用者の目の前で査定してくれるため、その場ですぐに査定額を把握できます。また、貴金属の重量の計測もその場で行うので、提示してくれた買取額について納得感をもって売ることができます。

貴金属や宝石の買取にとって、重量の違いは買取額に直接影響するので、計測している風景を見られるのは安心できるポイントかと思います。また、査定の基準などをその場で教えてくれることがあるのもメリットといえます。

ただ、住んでいる地域に店舗がない場合は、遠出をする必要があり、手間がかかることがデメリットになります。

宅配買取

宅配買取は、宅配キットを受け取り、品物や必要書類を梱包して送るだけで査定してもらえる方法です。 大手買取業者で主に普及している買取方法の一つです。

査定にかかる諸費用は無料というのが一般的で、査定額に納得できない場合も無料で返却してもらえます。また、わざわざ店舗に出向く必要がないので、自分の都合に合わせて荷物を梱包して送ることができ、外出する時間が取りにくい人にはおすすめの買取方法です。

ただ、査定風景を直接見れなかったり、査定額についての交渉が出来ないデメリットがあります。

出張買取

出張買取は、買取業者へ連絡を取り、自宅で品物を査定してもらう方法です。

電話一本で買取依頼ができ、自宅で待っているだけで査定員が家まで来てくれるので、店頭へ行くのが困難な場合に便利なシステムといえるでしょう。

また、利用者側は店頭までの往復時間の節約にもなるので、自宅にいる時間を有効活用できるのもメリットの一つです。

ただ、買取業者によっては、買取依頼をした品物以外の貴金属などの買取を迫るケースがあります。こういった悪徳業者は減少傾向にはありますが、存在していることは事実です。

全国展開している大手の買取業者でしたら、上のような悪質な行為はしないので、もしも出張買取を検討している人は、大手買取業者を選ぶのが得策です。

出張買取は、買取業者の店舗まで出向く必要がないうえに、査定風景を間近で見られるので、店頭買取と宅配買取のデメリットを補ってくれる買取方法といえます。

そのため出張買取は、今回ご紹介した3つのなかでも最も便利なので、おすすめの買取方法です。

満足いく買取を実現するための買取業者選びのポイント

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

満足のいく買取を実現するために、買取業者は慎重に選びましょう。その理由は、同じ金や宝石であっても、買取業者によっては評価するポイントが異なっていたり、手数料に違いがあるからです。

買取業者によって最終的に手にできる買取額が異なってくるため、事前の買取業者選びが大切になってきます。 満足のいく買取をしてくれる買取業者を選ぶポイントは主に以下の4つです。

・豊富な買取実績がある買取業者を選ぶ
・メールや電話に丁寧な対応をしてくれる買取業者を選ぶ
・目の前で重量を計ってくれる買取業者に依頼する
・見積もり書を作ってくれる買取業者に依頼する

それでは、詳しくみていきましょう。

豊富な買取実績がある買取業者を選ぶ

近年では、ブランドや時計などを扱うような店舗でも金などの買取を始めているため、身近なところで金を売ることができるようになりました。しかし金を売る際は、古くから金や宝石を主に扱っている、実績が豊富な買取業者を選ぶようにしましょう。

また、買取実績を図る際は創業年数だけではなくて、査定の実績数も考慮に入れましょう。

特定の範囲内の買取だけを行っている、いわば「地域密着型」の買取業者は、創業年数が長くても買取の実績数はそこまで多くない可能性があります。

全国展開している大手の金・宝石の買取業者だったら、買取実績数も地域密着型の業者よりも多く、金や宝石に関する豊富な知識も会社内で共有されているはずです。

メールや電話に丁寧で迅速な対応をしてくれる買取業者を選ぶ

また、メールや電話での対応が丁寧で迅速な買取業者は、サービス面がしっかりしているため、安心して金や宝石を売ることができます。

いくら高値の買取額を提示してくれても、信頼できるところでないと、そのまま買取に出すのが不安になることかと思います。

信頼できる買取業者か否かを判断する一つの材料として、メールや電話での対応の丁寧さや迅速さはよい情報になります。

もしも、メールでの問い合わせや質問に対して丸一日以上返信がない場合や、電話でした質問に対してオペレーターがすぐに回答出来ない場合などは、あまり質のよい買取業者とはいえないでしょう。

目の前で重量を計ってくれる買取業者に依頼する

金や宝石などは、重さが買取額に直接影響するため、目の前で重量を測ってくれる買取業者に依頼をしましょう。

わざわざ金を依頼者の目の届かないところで計測する必要はないため、信頼できる買取業者だったら、お互いの信用のためにも目の前で重量を測るのは一般的な査定方法かと思います。

もしも、理由もなく依頼者の目の届かないところで金の重量を計測するような業者は、グラムを誤魔化している可能性があります。

重量計測は査定時にしか見られないため、もしも依頼者の目が届かないところで、重量計測をする買取業者に出くわした場合は、買取を丁重にお断りした方がいいでしょう。

見積もり書を作ってくれる買取業者に依頼する

具体的にいくらの買取額になったのか、紙にしっかりと証拠を残してくれる買取業者は、信頼できる買取業者といえるでしょう。

また、提示した見積書に書かれた買取額について査定員が明確な説明をしてくれれば、依頼者側としても納得感をもって金や宝石を手放せるでしょう。

宝石と金などの貴金属を総合的に査定してくれる業者選びが大切

金や宝石の査定基準とは?高価買取してもらうためのポイントを紹介!

ジュエリーを扱う買取業者の中には、宝石つきの金や貴金属であっても、貴金属のみ査定する業者があります。

宝石つきジュエリーを売るなら、宝石も査定対象とする業者を探して、少しでも高く買取ってもらうとよいでしょう。

そのような業者を見つけたら、複数から見積もりを取り、自分が納得のいく価格で売却してください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください