24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

未成年でも宝石は買取ってもらえる?未成年の宝石買取の利用の方法や注意点

未成年でも宝石は買取ってもらえる?未成年の宝石買取の利用の方法や注意点
未成年でも宝石は買取ってもらえる?未成年の宝石買取の利用の方法や注意点

多くの自治体では、青少年育成条例にもとづき、未成年から宝石などを買取することは禁止されています。

とはいえ、未成年の人が「自分で仕事をして買った宝石だが、その後いらなくなったので売りたい」というケースもありえるでしょう。

ここでは、未成年の人が宝石買取を利用する際に注意する点をまとめました。

未成年が宝石を売りたいときはどうする?

宝石買取を利用して、手持ちの宝石を売る場合には、成人しているか否かにかかわらず、また、どの買取業者に持ち込むときでも、必ず身分証明書を持参する必要があります。

この理由は、買取業者が身分証明書を確認することにより、商品を持ち込んだ人が未成年であるかどうかを見るためです。

以下で、パターン別に、未成年が宝石買取してもらえるかを見ていきましょう。

18歳未満の場合

18歳未満の場合は、宝石買取を受け付けてもらえないのが一般的です。後述するとおり、保護者に買取を代行してもらう必要などがあるでしょう。

高校生の場合

ほとんどの業者が、高校生からの買取には応じてくれないのが現状です。保護者の同意書があっても、買取を受け付けてもらえないことが多くなっています。

18歳以上で高校生以外の場合

18歳で仕事をしており、自分のお金で買った宝石を売るという場合はあるかと思います。その場合には、保護者の同意があれば、宝石買取を利用することは可能です。詳しい方法については後述します。

未成年からの宝石の買取に関する条例

東京都など、多くの自治体では、「青少年育成条例」というものがあり、未成年者から不用品や古物を買取することを禁止しています。

この条例が定められている自治体にある買取業者は、保護者に同伴してもらうか、同意書を提出してもらわないかぎり、未成年から買取をすることができません。

たとえば、東京都の場合、「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の第15条に「質受け及び古物買受けの制限」という条項があり、質屋や古物商が、未成年から物品を質にとって金銭を貸し付けたり、古物を買い受けたりしてはならない、と定められています。

この条例に違反した場合は、30万円以下の罰金を科せられる場合があります。

もし、子どもが、保護者の持っている宝石を持ち出して買取店に行き、買取店がその子どもの身元確認をせずに買取ってしまった場合はどうなるでしょうか。

宝石がなくなっていることに保護者が気づき、買取店に返還を求めた場合、買取店の条例違反が明るみに出ますし、場合によっては摘発されてしまうこともあります。

また、保護者の同意なくして子どもが勝手に行った取引に関しては、親権者には取引を取り消す権利があるため、買取店は保護者に宝石を返還する義務があります。

もし、保護者が返還を求めてきた際に、すでに買取店が他者に転売してしまっていたら、損害賠償責任を負うことになります。

以上のように、買取を依頼する際に、身分証の提示を求めず、身元の確認をしないような買取店は、条例に違反していますし、のちにトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、利用を避けたほうがよいでしょう。

なお、この条例では、未成年が保護者から委託されたり、保護者から同意を得ていたり、あるいは保護者に同行してもらって、質入れをしたり古物の売却をしたりすることは、例外として認められています。

未成年が宝石買取を利用する方法

上述のとおり、未成年からの宝石買取は、条例違反となってしまうため、多くの買取店では未成年の利用を制限しています。

未成年であっても、どうしても宝石の買取をしてもらいたい、という場合には、保護者の同意が必要となります。

したがって、未成年の人が宝石の買取をしてもらいたい場合は、保護者に同意書を作成してもらってそれを持参するか、買取店まで保護者に同伴してもらうことが必要です。

インターネットの買取業者に依頼する場合でも、身分証明書の提出が必要となりますので、未成年が勝手に宝石を売却することはできません。

この場合にも、保護者に同意書を作成してもらう必要があります。

また、繰り返しになりますが、同意書や保護者の同伴を条件に未成年からの買取を行っている店であっても、高校生からの買取には応じてくれません。

未成年の高校生がどうしても持っている宝石を売りたいという場合には、保護者や20歳以上の大人に代行してもらい、売却をするしか方法はないでしょう。

なお、宝石買取の代金を振り込んでもらう際、商品を売った本人の銀行口座ではなく、家族の銀行口座に振り込んでほしいという場合には、家族である旨を証明する書類を提出する必要がある点も留意しておきましょう。

未成年の人が宝石を売る場合には、必要書類が増えたり、手続きが少々煩雑になったりしてしまうのが実情です。

まとめ

宝石の売却には、年齢にかかわらず本人確認ができる身分証明書を提示する必要があります。

どうしても未成年の人が自分の宝石を売りたいという場合は、無用なトラブルを避けるという意味でも、保護者に同意を得て行うか、あるいは大人に代行してもらうのが賢明な選択と言えるでしょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください