24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

【タンザナイト買取】買取相場と査定評価のポイントを解説

【タンザナイト買取】買取相場と査定評価のポイントを解説
【タンザナイト買取】買取相場と査定評価のポイントを解説

タンザナイトは、近年人気が上昇していて、宝石ファンにはお馴染みとなっています。

一流宝石ブランドのティファニーがいち早く着目したことが有名で、アメリカを中心に人気に火が付いた宝石です。

また、タンザナイトは12月の誕生石としても知られており、他の宝石類より比較的安価で手に入れることができるため、世界中で親しまれています。

ここでは宝石の買取市場でも人気の高いタンザナイトについて、どういった宝石なのか、また買取をお考えの方に向けて、知っておきたい買取相場や査定時のポイントをご紹介します。

タンザナイトとは

【タンザナイト買取】買取相場と査定評価のポイントを解説

宝石の買取でも人気のあるタンザナイトは、世界中で愛されている宝石です。

ここではタンザナイトがそもそもどのような宝石なのか、特徴や歴史に触れつつ、人気の理由をご紹介したいと思います。

タンザナイトの産地と希少性

タンザナイトは、アフリカ大陸の南東部に位置するタンザニアが唯一の産出国で、名前の由来にもなっています。

タンザナイトは他の宝石に比べると、歴史の浅い宝石で、1967年にタンザニア・アルーシャ地区のメレラニ鉱山でルビーの採掘中に初めて発見されたといわれています。

近年では埋蔵量の限界も囁かれていて、今後は希少性が高まっていくことが予想されます。

希少価値の高さに加え、比較的新しい宝石であることからコレクターからも人気は高く、買取においても相場は高めに設定されることが多いです。

タンザナイトの歴史とティファニー

1967年にメレラニ鉱山で初めて発見されたタンザナイトは、程なくしてGIA(Gemological Institute of America)の鑑定により、ゾイサイトの一種であると確認されます。

それまで採掘されていたゾイサイトは、不透明なピンクやグリーンだったこともあり、タンザナイトは全く新種の宝石であると認定されました。

当初はブルーゾイサイトという、なんとも味気のない名前で、宝石市場でもごく一部のコレクターにしか認知されていませんでした。

しかし、ティファニー・アンド・カンパニーが、このブルーゾイサイトに宝石としての可能性を見出します。1968年には、ティファニーが主要販売業者となる契約を結んだのをきっかけに、ブルーゾイサイトの認知度が高まります。

その後、ブルーゾイサイトは現在のタンザナイトという名前に改変し、世界中に向けてプロモーションが行われ、すぐに多くの宝石ファンや、宝飾デザイナーの目に留まり人気を博すことになったのです。

現在タンザナイトといえば、三大カラーストーン(サファイア・エメラルド・ルビー)に並ぶ人気がある宝石といっても過言ではないでしょう。

タンザナイトの持つ「多色性」について

タンザナイトの色は「タンザニアの夜」や「キリマンジャロの夕暮れ」とも喩えられ、その独特のカラーと輝きは多くの宝石ファンを魅了しています。

ではなぜ、このタンザナイトが三大カラーストーンに匹敵するほどの人気を持つようになったのでしょうか?

その理由の一つに、タンザナイトの持つ「多色性」という性質が挙げられます。多色性は、ゾイサイトの特徴の一つで、見る角度によって色が異なって見えるという性質があります。

タンザナイトの場合は、角度によって青色や紫色の強さが変化します。

自然光の下では透き通った群青色、白熱灯の下では気品の高い紫色へと変化し、さらには光の加減で深みのある赤色にも変化します。

一度手にとって見てみると、角度によって表情を変えるタンザナイトの神秘的なカラーは、息を呑むほどの輝きがあるため、宝石の買取市場でも絶大な人気を誇るのも頷けるでしょう。

高額買取につながるタンザナイトの評価基準

【タンザナイト買取】買取相場と査定評価のポイントを解説

宝石の査定は、様々な評価項目からその価値を判断します。もちろんタンザナイトも例外ではありません。

ここでは、高額買取につながるタンザナイトの評価基準の3つをご紹介します。

・色合い
・透明度
・輝き具合

評価基準を気にして、所有しているタンザナイトに無理な補修をすると、却って価値を下げてしまう可能性があります。これからご紹介する内容は、実際の査定に挑む際の予備知識としてもっておきましょう。

色合い

先述した通り、タンザナイトは多色性をもつ宝石です。タンザナイトの色合いは、青・藍・紫の3色のバランスによって個体差が生まれます。

宝石の買取査定において、評価に直結するのは「色合いの濃度」です。 タンザナイトは、極端に青色が濃すぎて黒っぽかったり、青の色合いが薄かったりすると人気が落ちる傾向にあります。

青色の濃度が程よく濃く、明度が中間で黒っぽくないものほど、高値で売れるといえます。

透明度

宝石にはインクルージョン(内包物)と呼ばれる不純物が含まれているものがあり、これは透明度に影響を与える存在です。

宝石の種類によっては、インクルージョンがあることで価値が高まる場合がありますが、タンザナイトは透明度が高いほど高価買取になる傾向になります。

そのため、タンザナイトはインクルージョンが少ないほど、価値・希少性が高いといえます。

輝き具合

タンザナイトの輝きは、カットされた形状によって大きく変わってきます。カットの形状は、原石ごとに異なる品質や大きさなどの個性を適切に把握して、決める必要があります。

個性を見極めてカットされたタンザナイトは、宝石が持つ輝きを最大限に引き出してくれます。もちろん、買取においても、美しい輝きをもったタンザナイトほど評価は高くなります。

タンザナイトの買取相場

【タンザナイト買取】買取相場と査定評価のポイントを解説

ここでは、大きさごとのタンザナイトの買取相場を一覧でご紹介します。

サイズ買取相場
1.0ct ~10,000円
2.0ct ~20,000円
3.0ct ~30,000円
5.0ct ~100,000円
10.0ct ~200,000円
20.0ct ~500,000円
30.0ct ~1,000,000円

※ct(カラット)は、宝石の重量を表す単位で、1.0ct当たり0.2グラムです。

なお、上でご紹介した買取相場は、あくまでも参考程度の情報となります。先述した通り、タンザナイトの価値は、色合い・透明度・輝きなどの様々な評価項目を総合的に加味して判断されます。

また、買取業者によっては、査定評価に応じてタンザナイトをD~Sにランク分けしています。例えば、色合いが極端に薄かったり、黒が濃かったりするタンザナイトにはDランクが付けられたり、深い青の色合いにはSランクの評価が付くといった具合です。

これらの評価方法は、買取業者によって変わってきます。 持っているタンザナイトの質や価値がどの程度か気になる人は、一度買取業者に査定してもらうのがおすすめです。

少しでも高く売りたいと考える人は、複数の買取業者に査定を依頼し、提示された買取額が最も高かった業者に買取を決めると良いでしょう。

タンザナイトを買取に出す前に知っておきたいポイント

【タンザナイト買取】買取相場と査定評価のポイントを解説

世界中で愛されているタンザナイトは、中古であっても高額で取引されており、買取市場でも高い需要があります。 ここでは、査定を受ける前に知っておきたいポイントを2つご紹介します。

タンザナイトの買取に鑑別書は必要?

宝石の鑑別は容易ではなく、タンザナイトも例外ではありません。 鑑別書には天然ゾイサイト(ゾイサイト)と記載されていることがあります。

宝石全般にいえますが、鑑別書の有無は、そこまで買取金額に影響を与えない業者が多いようです。

ちなみに鑑別書とは、宝石が天然石か人工石なのかを証明する資料で、多くの宝石において鑑別書が発行されています。 ただし、宝石の鑑別書はダイヤモンドの鑑別書と異なり、カットの方法やデザインは記載されていません。

買取実績の豊富な買取業者やタンザナイトの査定経験が多い査定員であれば、鑑別書が無くても、タンザナイトの持つ価値を見逃すことはありません。

加えて宝石の中には購入時から鑑別書が付属していないものもありますが、鑑別書が無いからと買取に出すのをためらうのは得策とはいえないでしょう。

とはいえ鑑別書はその宝石の品質を証明するものですので、多少の評価額の変化は見られるかもしれません。 鑑別書があれば一緒に査定に出すことをおすすめします。

タンザナイトは早めの売却もポイントです

宝石類全般には流行があります。タンザナイトは貴重な宝石なので、デザインが古いものでも恐らくほとんどの買取業者で買取の対象となっています。

その上、流行のデザインやブランドのものであれば、より高額での査定が期待できるでしょう。

また、新しいデザインのジュエリーが販売されると、古いデザインは人気が落ちるため価値も下がってしまいます。もしも、買取を検討しているタンザナイトをお持ちでしたら、早めに売るに出すほど買取額が下がらずに済むかもしれません。

まとめ

【タンザナイト買取】買取相場と査定評価のポイントを解説

タンザナイトは、発見された当時はブルーゾイサイトという名前で、あまり注目されていませんでした。しかし、ティファニーによってその価値を見出されてから一気に認知度が高まった、珍しい種類の宝石です。

タンザナイトは、産出地域も限られている上に、近年では埋蔵量に限界があると言われているため、今後希少性が高まる可能性もあります。

しかし、タンザナイトをはじめとする宝石の価値は、流行によって左右されることが多いです。

もしもタンザナイトの査定を検討している人は、現時点での価値を把握する目的でも、まずは買取業者に査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください