ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ノンブランドのジュエリーの買取相場はどれくらい?

ノンブランドのジュエリーの買取相場はどれくらい?
ノンブランドのジュエリーの買取相場はどれくらい?

今回の記事では、ノンブランドのジュエリーを買取に出す際のコツや買取相場などをご紹介します。

昔に購入したピアスや指輪などの売ろうと検討している人の中には、「ブランド物ではないから価値はないだろう」と諦めてはいないでしょうか。

しかしノンブランドであっても、十分な価値が付く場合がありますので、ご紹介する内容を参考にして、お得にジュエリーの買取を行いましょう。

ノンブランドのジュエリーは買取してもらえるのか?

ノンブランドのジュエリーは買取してもらえるのか?

ノンブランドジュエリーとはその名の通りで、ブランド名が入っていない指輪やピアス、ネックレスなどを指します。

買取市場で人気があるのは、人気ブランドのロゴが入っているネックレスや指輪ですが、ノンブランドでも十分な価値があります。

その理由は、ノンブランドでも製品によっては高品質な宝石や貴金属でできているジュエリーがあるためです。

しかし、買取をお願いする業者によっては「ノンブランド買取不可」にしている場合があります。

ノンブランドの品質を見極めるには、熟練の査定技術と豊富な知識が問われるため、限られた業者でないと市場価値に見合った額で買い取るのが難しいためです。

ノンブランドジュエリーであっても買取を諦める必要はありませんが、実際に売るに出す際は業者選びも大切なポイントになってきます。

ノンブランドジュエリーの買取相場

ノンブランドジュエリーの買取相場

ノンブランドジュエリーの買取相場は、宝石・貴金属の品質や状態に大きく左右されます。

ブランド品としての付加価値が加味されないため、使われている素材の品質が買取額に直接影響するためです。

特にノンブランドジュエリーでは、以下の宝石・貴金属でできている製品が買取額も高くなる傾向にあります。


・ダイヤモンド

・金

・プラチナ


具体的な買取価格が宝石・貴金属それぞれの算出方法を元に決められることが多いため、これからご紹介する内容を参考にしていただければ幸いです。

ダイヤモンド

最高級の宝石として価値がある「ダイヤモンド」は、ノンブランドジュエリーに付いていたとしても、品質によっては高い価格で取引されています。

ノンブランドジュエリーでも高品質な製品も少なくないので、「ブランド品ではないから、ダイヤモンドの質も悪いだろう」と諦めてはいけません。

まずは買取業者に査定をお願いしてみましょう。

ちなみにダイヤモンドの価値は「4C」という、カット(Cut)・クラリティ(Clarity)・カラット(Carat)・カラー(Color)の4つの評価基準によって決められます。

以下の記事では、4Cの具体的な評価内容やを買取に出す際の注意点などをご紹介しています。

もしもダイヤモンドが付いているノンブランドジュエリーを売りに出そうか検討している人は、ぜひ参考にしてください。

金

貴金属の中でも価値が高い「金」を材料としたジュエリーは、買取市場でも高額で取引されています。

金は「品位」によって、その価値は段階的に決められているのが特徴です。

品位とは貴金属に含まれる金の純度を指し、1,000分率で表記するようISO(国際標準規格)やJIS(日本工業規格)によって定められています。

数字が高いほど純度が高いことを示していて、例えば純度75%の金の場合は「750」と、数字のみで表記されます。

また24分率で表記される場合もあり、「K18」や「24金」などを聞いたことがある人も多いことでしょう。

高純度の金でできたジュエリーであるほど高額になる傾向にあり、ノンブランドジュエリーであっても例外ではありません。

純度の割合はジュエリーに直接刻印されているのが一般的ですので、もしも売却を検討しているジュエリーが手元にあるとのことでしたら、「K22」や「K18」といったアルファベットや数字がが彫られているか、確認してみましょう。

また、以下の記事では金をはじめとした貴金属の価値について、また買取金額の算出方法を詳しくご紹介しています。

ジュエリー以外にも、金・銀の製品を買取に出そうか検討している人は、併せてご参照ください。

プラチナ

金と並んでジュエリーの素材として用いられる「プラチナ」の品位も、買取市場では重要な評価項目になります。

プラチナは金と同様に純度が高いほど価値が高まる傾向にあり、含有割合は「Pt950」や「Pt850」と表記されます。

特にノンブランドジュエリーはブランドとしての付加価値が付かないため、貴金属の価値は大切です。

しかし純度が高いプラチナであるほど柔らかいため、傷が付かないように丁寧に扱ったり、クロスなどの繊維の細かな優しく磨いたりと、扱い方も気を配るようにしましょう。

また金でできたジュエリーと同様に、プラチナの品位は製品に刻印されていることが多いです。

買取市場において、プラチナの価値や買取方法について詳細をご紹介している記事がありますので、併せてご覧ください。

ノンブランドジュエリーは宝石専門の買取業者で売ろう

ノンブランドジュエリーは宝石専門の買取業者で売ろう

高価なジュエリーを買い取ってくれる店舗やインターネットサービスなどは数多に存在しますが、ノンブランドジュエリーを売るなら「宝石専門の買取業者」を利用しましょう。

宝石専門の買取業者なら、たとえノンブランドジュエリーであっても、「宝石の状態」「貴金属の品位」などを細かく査定して、買取額を提示してくれるためです。

中には個人間で所有物の売買ができるフリマアプリの利用を検討している人もいるかと思いますが、ノンブランドジュエリーを売る方法としてはおすすめできません。

名前のないジュエリーは人気ブランドの商品と比較的しても人気がなく、また品質面に関しても不安視している購入検討者が多いため、売れる見込みが低いためです。

宝石専門の買取業者なら、ジュエリーの再販ルートを持っているため、市場価値に見合った額で責任を持って買い取ってくれます。

そのため、買取に出せるか不安に思っているノンブランドジュエリーをお持ちなら、まずは専門業者に査定をお願いしましょう。

ノンブランドジュエリーを少しでも高く売るコツ

ノンブランドジュエリーを少しでも高く売るコツ

ノンブランドジュエリーは買取方法以外にも、ちょっとしたコツを押さえておくことで買取額は変わってきます。

ここからは、ジュエリーを買取に出す前に実践して欲しい以下5つのコツをご紹介します。


・簡単な手入れをしてから売る

・保証書や鑑別書も併せて売る

・自分で修理しない

・出張買取サービスを利用する

・ジュエリーは複数まとめて売る


全てお金を掛けずに行える内容なので、ぜひ参考にしてください。

簡単な手入れをしてから売る

ジュエリーの査定において、状態の良し悪しは大切な評価項目です。

買取業者側でも、買い取った後にクリーニングなどの処理は行いますが、自分自身でも簡単な手入れをして売りに出しましょう。

ジュエリーを綺麗な状態にしておくことで査定員に与える印象も良くなりますし、決してマイナス評価になることはありません。

埃や汚れなどを拭き取る場合は、柔らかい繊維の布で優しく磨きましょう。

ダイヤモンドなどの宝石は傷に強い性質を持っていますが、パールや金、プラチナなどは傷に弱いため、強く磨いてしまうことで細かな傷が入ってしまう可能性があるためです。

また、ぬるま湯で薄めた専用クリーナーや中性洗剤につけて、柔らかいブラシでこするお手入れ方法も効果的です。

隙間に詰まった汚れが取り除けたら、真水ですすぎ、最後に柔らかい布で水気を取れば、手入れは完了です。

保証書や鑑別書も併せて売る

購入時に付いてきた付属品は、可能な限り揃えてから売りに出しましょう。

ノンブランドである分、宝石や貴金属などの品質を保証してくれる「保証書」「鑑別書」は、買取時には特に重要な付属品になります。

保証書とは、ジュエリーを購入した店舗が商品の品質を保証していることを示す資料です。

鑑別書は、ジュエリーに付いている宝石が本物か偽物かを識別するための資料です。

科学的な分析結果が記載されていて、宝石がどのような成分で構成されているか、何の種類に該当しているかなど、様々な情報を知ることでき、買取業者にとっても査定時の重要な情報となります。

また「鑑定書」もありますが、ジュエリーにおいてはダイヤモンド以外の宝石には発行されませんので、その点も留意しておきましょう。

ちなみに鑑定書にはダイヤモンドの評価基準である4Cなど、品質に関する情報が書かれていて、ダイヤモンドジュエリーにとっては付属品です。

もしもダイヤモンドジュエリーの買取に出す際は、鑑定書も一緒にみてもらうのがベストです。

自分で修理しない

ネックレスのチェーンが切れていたり、宝石が取れてしまったりして、ジュエリーの価値が落ちていたとしても、自分での無理な修理は避けましょう。

金やプラチナなどの貴金属の状態を悪くしてしまい、更に価値を落とす可能性があるためです。

買取業者では、買い取ったジュエリーを自社で修理をしてから再販をする場合があり、修理可能な状態である方が買取値が付く見込みがあります。

また修理不可能な状態のジュエリーであっても、貴金属の品位や宝石の品質によっては買い取ってくれます。

しかしジュエリーの状態が悪化してしまうことで、取り扱ってくれる業者が減ってしまうリスクを考えると、やはり自分自身での修理は控えた方が無難です。

「宝石が取れてしまった」「指輪が歪んでしまった」など、持っているジュエリーが壊れてしまっても自分で修理せずに、まずは買取業者に査定をお願いしましょう。

出張買取サービスを利用する

出張買取サービスを利用する

「出張買取サービス」とは、査定員が自宅に訪問をして玄関や今でジュエリーの査定から買取額の受け取りまでを一度に済ませられるサービスのことです。

ジュエリーを買取店舗まで持ち運んだり、段ボールに詰めて発送したりする手間がないので、簡単に買取に出すことができます。

また、大切なジュエリーに傷がつく恐れがないため、持ち込み買取や宅配買取よりも高額で買い取ってもらえる可能性があります。

全国からの買取依頼を受け付けている大手買取業者をはじめ、数多くの宝石専門の買取業者が行っています。

わざわざ店舗に行く必要がないため、「近所に宝石専門の買取業者の店舗がない」「忙しくてお店に行く暇がない」などの悩みを抱えている人は、ぜひ利用を検討して欲しいサービスです。

ジュエリーは複数まとめて売る

宝石専門の買取業者では、「まとめ売り」をすることで査定額をアップしてくれる場合があります。

買取業者側としても、一度の査定で数多くの商品を買い取ることができるのはメリットにもなるためです。

ノンブランドジュエリーだけではなく、ほかにも貴金属製品を持っているとのことでしたら、この機会にまとめて査定に出してみてはいかがでしょうか。

また買取業者によっては「買取額20%UP」など、期間限定でキャンペーンを行っていることもあります。

そのため、買取に出そうが決めかねている人は、お得なキャンペーンを打ち出している業者を選ぶのも良いタイミングといえます。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

宝石の種類

買取対象品目