株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

珊瑚の買取の前に知っておきたい相場や査定のポイント

珊瑚の買取の前に知っておきたい相場や査定のポイント
珊瑚の買取

珊瑚は、真珠と並んで生物由来の宝飾品として、古来より世界中で愛されてきました。

宝石市場においても需要が高く、品質や保存状態が良ければ高額買取も夢ではないでしょう。

本記事は、珊瑚の宝石の特徴、高額買取が期待できる種類、買取相場、売却方法についてご紹介します。

珊瑚の歴史

珊瑚の買取

珊瑚漁は約5,000年前の地中海がルーツだと言われています。

地中海で採取された美しい紅珊瑚は、宝飾品や祭祀具などに加工されて、世界中で珍重されていたようです。

珊瑚漁は、日本だと明治時代に初めて高知県で行われていたとされています。

日本産の珊瑚は、地中海で取れる珊瑚よりもサイズが大きく良質とされて、宝石市場でも高値で取引されるようになりました。

珊瑚の買取相場や査定時のチェックポイント

珊瑚の買取

宝石の珊瑚は赤色の濃さによって呼称が変わり、オレンジや黒などの色の珊瑚もあります。

色や産地によって珊瑚の希少性に差があるため、買取相場が高くなる種類もあります。

ここでは、代表的な珊瑚の買取相場と査定時のチェックポイントをご紹介します。

赤珊瑚の買取相場

赤珊瑚は別名「血赤珊瑚」といって、血のような深くて濃い赤色です。

主に日本近海、小笠原列島、五島列島、奄美、宮古島、そして地中海でも採取されています。

珊瑚は、赤色が深くて濃いほど買取相場が高くなる傾向にあります。

血のような深紅の色味で、色ムラやキズがない血赤珊瑚は、買取相場は数万円から数十万円にも上るでしょう。

また、地中海よりも日本産の赤珊瑚の方が、大粒でかつ色が濃いので買取相場が高めです。

特に、赤珊瑚の中でも高知県で採れる「オックスブラッド」は、希少性の高さから最高級と呼ばれ、高額買取が期待できるでしょう。

「フ」がない珊瑚は価値が高い

「フ」とは珊瑚に含まれる白い筋のような模様です。

「フ」は、日本産の赤珊瑚にのみ見られ、地中海産の赤珊瑚と見分けられます。

「フ」がない血赤珊瑚は、買取相場において最も価値が高いです。

また、珊瑚の色ムラが少ないほど、買取相場が高くなる傾向にあります。

査定に出す予定の珊瑚に「フ」がなく、さらに保存状態が良ければ高額買取が期待できるでしょう。

桃珊瑚の買取相場

桃珊瑚は、赤珊瑚と同じく日本近海で採取され、赤色に近いものから白っぽいピンク色までバリエーションが豊かです。

桃珊瑚の買取相場は、赤珊瑚に比べると低いです。

しかし、保存状態や品質が良い桃珊瑚なら数万円から数十万円は期待できるでしょう。

特に、色ムラが少なくてピンク色が均一な桃珊瑚は滅多に採取されません。

海外では「エンゼルスキン」、日本では「本ボケ」と呼ばれて、赤珊瑚を上回る買取相場になる可能性があります。

珊瑚は赤みが濃いほど買取相場が高くなりやすいですが、色が薄い桃珊瑚でも斑点の模様によっても買取相場が変わります。

白珊瑚の買取相場

白珊瑚は、沖縄近海、東シナ海、五島列島近辺、そして中国、台湾でも採取されています。

白珊瑚の色味は、交じりっ気のない真っ白なものから桃珊瑚に近い薄ピンクのものまで幅広いです。

珊瑚の中でも、白珊瑚は買取相場が比較的安くて、数千円から数万円程度とされています。

しかし、純白で全く赤みがない白珊瑚は、希少性の高さから高額買取が期待できます。

また、大きな置物や保存状態の良い原木であれば、数万円から数十万円の買取相場となる可能性もあります。

実際の珊瑚の査定金額を知りたい方はバイセルにお問い合わせください!

上記ではいくつかの珊瑚の買取相場をご紹介しました。

買取相場がわかったら、実際の査定金額も知りたくなりませんか?

珊瑚は色・模様・カット・サイズ・保存状態などによって、買取相場が変わります。

あなたが持っている珊瑚にも、高く売れる条件がそろっているかもしれません。

どこの買取業者に売ろうかを探しているなら、ぜひバイセルにお問い合わせください。

バイセルでは、幅広い種類と様々な状態の珊瑚を査定しています。

あなたが持っている珊瑚に、高く売れる条件がそろっているかを吟味して、納得のいく査定金額を提示します。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

珊瑚の売却方法

珊瑚の買取

珊瑚を売りたい人は、どのような方法を使えばお得に売れるのでしょうか?

ここでは珊瑚の売却方法と、最も高額で買い取ってもらえる可能性がある方法をご紹介します。

ネットオークションを利用する

ネットオークションは「自分の都合の良い時間や場所で出品できる」「パソコンやスマートフォンから出品できる」などのメリットがあります。

ネットオークションは気軽に利用できますが、出品する際にはデメリットも多いです。

例えば「出品する珊瑚の鮮明な写真を撮る」「説明文を詳細に書く」「開始価格を設定する」「出品物を丁寧に梱包する」「落札されたら送料を計算する」など手間がかかります。

段取りを組んで細かい作業をするのが好きな人なら苦にならないかもしれません。

しかし「すぐに珊瑚を売りたい人」「面倒なことはしたくない人」には不便に感じるでしょう。

リサイクルショップを利用する

リサイクルショップは「自宅や勤務先の近所にあれば気軽に行ける」「売りたければすぐに行ける」などメリットがあります。

リサイクルショップは宝石以外にも、洋服・楽器・本などの様々な品物を取り扱っているため、宝石の査定に特化したスタッフがいるかは不明です。

また、リサイクルショップは「品物の状態はどうか」「どのくらい傷んでいるか」などの簡単な査定項目しか載っていないマニュアルを使っているかもしれません。

そのため、査定に出した宝石が適正な価格で買い取ってもらえるかが分からず、損をしてしまう恐れがあります。

リサイクルショップは「査定金額は気にしないから早く珊瑚を売りたい人」にはおすすめですが、「微々たる査定金額は嫌だ」と思ったら控えた方が無難です。

宝石買取の専門業者を利用する

珊瑚を売る方法で最もおすすめなのは、宝石買取の専門業者を利用することです。

宝石買取の専門業者は、珊瑚をはじめダイヤ・真珠・ルビーなどのあらゆる宝石を専門的に取り扱っています。

査定員は宝石に対する専門知識を持っているので、リサイクルショップとは違って価値を見落とさずに適正な価格で買い取ってもらえます。

「少しでも高く買い取って欲しい」「専門知識・技術を持った人に査定して欲しい」とお考えであれば、宝石買取の専門業者の利用を検討してみましょう。

珊瑚の買取に出す際に知っておくべきポイント

珊瑚の買取

珊瑚を買取の出す前にポイントを抑えておけば、買取金額が上がるかもしれません。

「自分の予想よりも買取金額が低い」と後悔せずに済むでしょう。

保存状態を綺麗にする

クローゼットにしまったままだったり、何年もアクセサリーケースから取り出していないと、珊瑚の色がくすんでしまう恐れがあります。

保存状態が悪い珊瑚は、宝石市場で需要が低くて高額買取が難しくなる傾向があります。

珊瑚を少しでも高く売りたいなら、査定に出す前に柔らかい布で珊瑚や金属部分を優しく拭いて、ホコリや汚れなどを取っておきましょう。

力を入れてゴシゴシこすると傷つく可能性があるので、撫でるように軽く拭いてください。

付属品は一緒に売りに出す

お手持ちの珊瑚にケースや保証書などの付属品があったら、一緒に査定に出しましょう。

宝石市場では「保存状態が良くて価値が高い品物」は人気があります。

そのため珊瑚だけ査定に出すよりも、付属品がある方が高く買い取られる可能性が上がります。

「付属品はただの入れ物だから」「保証書はどうせ紙切れだから」といって、ケースや保証書を捨てずに保管しておきましょう。

出張買取を利用する

宝石専門の買取業者の中でも「出張買取」を提供している業者を選ぶことをおすすめします。

出張買取とは、査定員が利用者の自宅まで訪問し、その場で査定と買取を行うサービスです。

出張買取を利用するメリットは、以下があります。


・自宅で査定予約から買取までできる

・重い珊瑚や大量の珊瑚を移動させる必要がない

・珊瑚を移動しないので、汚れや傷がつかないまま査定してもらえる

・査定員が目の前にいるので、質問や相談がすぐにできる

・当日に追加で査定に出したい品物が出ても査定してもらえる

・買取金額がついたら、その場で現金がもらえる


このように、出張買取はメリットが豊富にあります。

珊瑚を手軽に査定に出したいなら、出張買取を検討してみましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください