株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【アメジスト買取】アメジストってどんな宝石?気になる買取のこと

【アメジスト買取】アメジストってどんな宝石?気になる買取のこと
【アメジスト買取】アメジストってどんな宝石?気になる買取のこと

アメジストは2月の誕生石としても知られ、「恋愛成就」に人気の高いパワーストーンです。

アメジストの和名は紫水晶で、水晶の中では最も価値の高い種類とされています。

中古宝石市場でも需要の高いアメジストは、状態によっては高額で買い取ってもらえる可能性が高いようです。

アメジストを買取に出したい人は、買取相場や査定に出す前にやっておくべきポイントを知っておくと、高く売れる可能性が期待できるのでご紹介します。

アメジストを買取に出したらいくら?気になる買取相場

【アメジスト買取】アメジストってどんな宝石?気になる買取のこと

アメジストは「愛の守護石」とも呼ばれ、家族、友人、恋人など人間同士の絆を深める効果があるといわれ、パワーストーンとしても人気があります。

常に一定の需要がある宝石ですので、宝石の買取業者でも買取の対象となっています。

しかし、アメジストは、地球上の鉱物の中では比較的ありふれた「クォーツ」に含まれます。

全体的に買取相場もそこまで高くないというのが現状です。

とはいえ、アメジストの買取では高額となるポイントも存在します。

アメジストの買取相場を吊り上げる要素として、通常宝石の買取ではマイナスポイントになりがちな、「インクルージョン」が挙げられます。

アメジストの中には、シルクインクルージョンと呼ばれる羽根状のインクルージョンを内包したものが存在します。

数あるクォーツの宝石の中でも、このシルクインクルージョンを持った宝石はアメジストだけで、希少価値も高く買取相場も上昇します。

ところがアメジストのカラーやインクルージョンの鑑定は、専門知識や技術を持った経験豊富な査定員で無いと極めて困難でしょう。

高額ともなりえるアメジストですので、買取に出す際は少しでも高く買い取ってもらえるよう経験豊富な査定員に査定を依頼するのが得策でしょう。

アメジストを買取に出す前に知っておくこと

【アメジスト買取】アメジストってどんな宝石?気になる買取のこと

カラーやサイズが査定時のチェックポイント

アメジストの主な査定ポイントはカラーとサイズです。

色が濃いアメジストほど査定での評価は高くなりますが、淡いライラック色も非常に人気です。

産地によっても微妙にアメジストの色が異なるため、どこの国で採掘されたのかを事前に知っておくと良いでしょう。

また、アメジストのカラーは変色する性質を持っています。

日光で退色するため、日々の取り扱いには注意が必要です。

アメジストは、わずかな色の違いで買取相場にも変動があり、カラーの評価は査定において重要なポイントです。

経験豊富な査定員の在籍する買取業者を選ぶには

アメジストの繊細なカラーを鑑別して、石の価値を見極めてもらうには、宝石の査定・買取経験が豊富な買取業者を選びましょう。

アメジストを扱う買取業者はとても多いので、複数の買取業者に査定してもらい、査定金額が一番高い業者を選ぶ方法がおすすめです。

手数料無料で査定・買取をしてくれる買取業者が多いので、積極的に利用してみましょう。

また、多くの買取業者は3つの買取方法を提供しています。

自宅で査定員に査定をしてもらう「出張買取」と、宝石を箱に入れて宅配便で送って査定をしてもらう「宅配買取」、業者に持ち込んで査定してもらう「持ち込み買取」があります。

査定金額の高いかどうか以外にも、生活スタイルに合った買取方法かどうかも加味すると、アメジストを納得して売ることができます。

アメジストを買い取ってもらうなら実績多数のバイセルへ!

アメジストをすぐに売りに出したいけれども、高価だから価値を分かってくれる人に査定をしてもらいたいですよね。

そこで、宝石の査定経験が豊富なバイセルにお任せください。

中古市場で高くなりやすい宝石か、人気の色かどうか、保存状態は良いかなど、価値を見極めるポイントを知り尽くした査定員が勢ぞろいしています。

そのため、査定員は各種アメジストの適切な価値を判断できます。

バイセルは、あなたが納得できる査定金額をご提示します。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

アメジストの特徴

【アメジスト買取】アメジストってどんな宝石?気になる買取のこと

アメジスト(紫水晶)には深いパープルもあれば、淡いライラックカラーまで幅広いカラーが存在します。

また熱によって変色が起きるという性質もあり、インクルージョンの多いものには、この性質も利用して加熱処理を行う加工方法もあります。

この加熱で色が変わるという性質は、放射線によって内包される不純物に含まれる鉄イオンの配列が変化することが要因であると判明しています。

無色の水晶に鉄イオンを加え、その後放射線の照射処理を行うことで、人工的にアメジストを作り出すことも可能となっています。

また、一度変更された鉄イオンの配列は、再び熱処理を行うと再度その配列が変わります。

その際黄色や緑色に変色するため、シトリン(黄水晶)がスモーキークォーツ(煙水晶)も人口で製造が行われます。

アメジストの変色は加熱処理だけでなく紫外線を照射する加工方法もポピュラーです。

紫外線に当てることでも変色を起こし、照射処理後のアメジストは「カラーチェンジアメシスト」と呼ばれコレクターも多くいるようです。

アメジストの産地は

【アメジスト買取】アメジストってどんな宝石?気になる買取のこと

アメジストの産地は主に、ブラジル、ザンビア、ウルグアイの三箇所に分けられます。

これら以外の場所では、ロシアのウラル山脈やスリランカでも採掘されているようです。

数百年前にはドイツでも採掘が行われていましたが、現在は掘り尽くされ鉱脈は途絶えてしまったようです。

アメジストは産地によって特徴がやや異なり、買取の際の相場にも変動が見られるようです。以下でブラジル、ザンビア、ウルグアイの主要産地ごとの特徴をご紹介します。

ブラジル産アメジスト

いわずと知れた宝石大国ブラジルは、アメジストの世界最大の産出国です。

ブラジル産のアメジストは全体的に黒っぽい色合いをしています。

とはいえ、ブラジル産のアメジスト全てが黒味がかっているわけではなく、宝石商などで扱われるアメジストの中には、美しいものも存在します。

また、アメジストには黒味がかる要因として内部に黒い斑点が含まれます。

大抵の場合、その黒い斑点は不純物として価値を下げる要因となりますが、入り込み方によっては価値を高めることもあるようです。

ザンビア産アメジスト

アフリカの中央南部に位置するザンビアは良質なアメジストの産地として知られています。

1980年代から採掘が本格化したザンビア産アメジストは濃い紫色が特徴です。

しかしザンビア産のアメジストにはインクルージョン(内包物)やカラーバンド(色溜まり)が多くカラーにムラや偏りが見られ、買取相場にも幅があるようです。

研磨の際には面の取り方や角度に注意し、可能な限りクリーンな宝石になるよう加工されます。

ウルグアイ産アメジスト

高貴な印象の深みある紫のアメジストはウルグアイが主な産地となっています。

ウルグアイ産のアメジストはザンビア産に劣らず深い紫の発色をします。

結晶が持つ艶やかな光沢は神秘的で吸い込まれそうな感覚になるでしょう。

結晶の粒が小さく、通常のアメジストよりも硬度が若干下がるため、扱いにも気をつけなければなりません。

また粒が小さいことで、大きな石を取るのが難しく、大粒のウルグアイ産アメジストは希少価値も高まります。

まとめ

【アメジスト買取】アメジストってどんな宝石?気になる買取のこと

アメジストは、宝石をよく知らない人でも一度は聞いたことがあるくらい、名の知れたパワーストーンです。

水晶の中では最も価値の高い種類とされているアメジストは、中古市場でも需要が高く、保存状態によっては高く買い取ってもらえる可能性があります。

また、アメジストは、特にカラーやサイズが価値の決め手になり、色が濃いアメジストほど査定での評価が高くなりやすいです。

産地による微妙な色の違いによっても価値が左右されるため、価値をしっかりと知るには、専門知識と査定経験が豊富な専門の買取業者に査定をしてもらいましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください