ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

宝石の買取相場はいくら?高価買取が期待できる種類や売却方法まとめ

宝石の買取相場はいくら?高価買取が期待できる種類や売却方法まとめ
宝石の買取相場はいくら?高価買取が期待できる種類や売却方法まとめ

宝石は古今東西で多くの人を魅了してきたアイテムです。

しかし、「身に着ける機会がなくなった」「デザインに飽きてしまった」などの理由で、使われなくなってしまうことも多いでしょう。

そんな時に利用したいのが宝石の買取サービスです。

宝石を買取に出し、得たお金で新しい宝石を買う資金の足しになれば嬉しいですよね。

この記事では、宝石の買取相場やおすすめの買取方法、少しでも高く売るコツなどをご紹介します。

宝石はどんな方法で売れる?

宝石の買取相場はいくら?高価買取が期待できる種類や売却方法まとめ

宝石を売るといっても、選択肢はいろいろあります。

大切な宝石を手放すなら、どんな方法だと売価で損しないのか、手間なくすぐに売れるのかを知りたいですよね。

宝石を売るのに最適な方法と、その他の方法がおすすめできない理由を解説します。

宝石専門の買取業者の利用が最も堅実

宝石を売るのであれば、宝石専門の買取業者の利用がおすすめです。

宝石専門の買取業者の査定員は、日々宝石に特化した知識や査定技術を学んでいる宝石査定の専門家です。

そのため、査定に出した宝石が「どんな宝石で、どのくらいのグレードなのか」「傷や内包物はどれくらいあるか」などを瞬時にチェックできます。

また、宝石の鑑定技術の資格である「FGA」や「GIA」をもった査定員が在籍していたり、買取実績が多かったりするところであれば、信頼性の高い業者だと言えます。

宝石専門の買取業者を利用すれば、宝石の価値に見合った買取額を算出し、損することなく買い取ってもらえるでしょう。

リサイクルショップや質屋は買取価格が低くなるかも

宝石を売る方法としてリサイクルショップや質屋も挙げられますが、宝石専門の買取業者に比べると査定額が低くなる可能性があるので注意が必要です。

リサイクルショップや質屋はサービスとして宝石買取を扱っていても、査定スタッフは必ずしも宝石の専門家だと言い切れないので、価値を見落とすかもしれません。

「近所にリサイクルショップがあり、即日売りたい」「買取額は安くても良い」といった理由があれば、リサイクルショップ・質屋の利用が無難です。

しかし、「宝石をできるだけ高く売りたい」「買取額で損をしたくない」とお考えであれば、それらの利用は控えた方が良いでしょう。

オークションサイトやフリマアプリはおすすめできない

宝石はオークションサイトやフリマアプリでも出品できますが、こちらも利用はおすすめできません。

オークションサイトやフリマアプリでは、「宝石の写真を撮り綺麗に加工する」「詳細に説明文を書く」「発送方法を調べ送料を計算する」など事細かな段階を踏まないと出品できません。

また、無事に落札者のもとへ宝石が届いたとしても、「写真と実物の品質が全然違う」「説明文の内容と異なる」などとクレームをつけられ、トラブルに発展する可能性が捨てきれません。

「パソコンやスマートフォンで軽作業をしたくない」「精神的な負担をかけたくない」という場合は、オークションサイト・フリマアプリの利用はしない方が良いでしょう。

宝石の買取相場とその決まり方

宝石の買取相場はいくら?高価買取が期待できる種類や売却方法まとめ

宝石は重さ、インクルージョン(内包物)の有無、色の濃淡、産出地域などによって価値が変動します。

もちろん、保存状態の良し悪しや付属品の有無、流行のデザインかどうかなども加味された上で査定額は算出されます。

ですので、一概に「ダイヤモンドの買取価格は〇〇円」「エメラルドの場合だと〇〇円」とは言い切れないため、宝石の買取相場は非常に出しにくいです。

強いて言えば「数千円から数千万円」となりますので、お持ちの宝石の買取価格が知りたい場合は、買取業者に依頼して直接査定してもらうと良いでしょう。

宝石の種類ごとの査定ポイント

宝石の買取相場はいくら?高価買取が期待できる種類や売却方法まとめ

各宝石の査定ポイントを把握しておけば、大よその買取価格帯が予想できるので、買取に出す前に確認しておきましょう。

また、各宝石の詳細な歴史・色味・種類・買取相場の付け方の解説が記されているコラムも添えていますので、気になる方は併せてご覧ください。

ダイヤモンド・カラーダイヤモンド

ダイヤモンド(カラーダイヤモンドを含む)は大変硬い鉱物で、その硬さから「永遠の絆」「不屈」などの意味を持つので、結婚指輪などに多く用いられていますね。

とても人気の高い宝石ですので、買取に出したい人も多いかと思います。

ダイヤモンドは主にカット(Cut)・クラリティ(Clarity)・カラット(Carat)・カラー(Color)の頭文字を取った4Cと呼ばれる基準で査定され、それぞれの項目で高い評価が得られると高価買取が期待できます。

また、よくイメージされる無色透明のダイヤモンドよりも、レッド・ブルー・パープル・グリーンといった色味があるものの方が希少性が高く、買取価格も高くなりやすいです。

ルビー

ルビーはコランダムという鉱物からでき、「クロム」という不純物が混ざることによって赤色に見えます。

クロムの含有量が多いと黒みを帯びた赤色になり、少ないとピンクに近い薄い赤色になります。

また、ミャンマー産のルビーは色が濃く最高級品とされ、人気があり高価買取される可能性が高いです。

サファイア

サファイアもルビーと同様にコランダムからできていますが、クロムではなくチタンや鉄が混ざることにより青色に見えます。

一般的には青色が濃ければ濃いほど、サファイアの買取額は上がりやすいと言われています。

加えて、スリランカ産やカシミール地域(パキスタンとインドの国境付近)産のサファイアは、産出量が少なかったり珍しい色合いをもつものが採れたりするため、希少性が高いことが特徴です。

エメラルド

エメラルドは、エメラルド独自の研磨方法である「エメラルドカット」が施されていることが主流です。

このエメラルドカットの黄金比とされる「縦:横:深さ=5:3:2」の比率に近いほど、査定時に評価が高くなります。

また、黒っぽい深い緑色をしているほど、高額で買取してもらいやすいでしょう。

真珠(パール)

パールは4Cではなく、主にサイズ・形・照り・巻き・カラー・ブランドという基準で査定されます。

真珠の種類にはアコヤ真珠・白蝶真珠・黒蝶真珠などが有名で、中でもコンクパールという品種は世界的に希少価値が高く、高額で取引される傾向にあります。

また、ミキモトや田崎といったブランドものは人気があるので、お持ちであれば買取に出すことをおすすめします。

翡翠

翡翠にはオレンジ・白・赤などのカラーバリエーションが存在しますが、特に濃い緑色には高値がつきやすいです。

翡翠の中でも琅玕(ロウカン)と呼ばれるものは、透明感を覚えるトロミのある緑色で、最高級品とされています。

琅玕は市場での需要が高いため、ご不要であれば是非とも買取業者に査定を依頼しましょう。

こんな状態の宝石でも買い取ってもらえる?

宝石の買取相場はいくら?高価買取が期待できる種類や売却方法まとめ

いざ買取に出したい宝石が決まったり、買取相場の目処が立ったとはいえ、宝石の買取に関してあれこれと疑問が湧くことでしょう。

ご自身の宝石について何か不明点や心配事がある場合、査定に出しても良いものか悩んでしまいますよね。

以下に買取時に多い利用者の悩みを取り上げましたので、買取依頼する前にご確認しておきましょう。

鑑別書・鑑定書なし

鑑別書は、ダイヤモンド・ルビー・サファイアなどのすべての宝石を対象に発行されます。

科学的検査をして「その宝石がどんな鉱物からできているのか」「種類は何なのか」「本物か、人工物か」などを調べた結果を記した書類を指します。

一方で鑑定書とは、名前は似ているものの鑑別書とは完全に別物で、ダイヤモンドにのみ発行されます。

価値の評価基準である4Cはもちろん、カットの方法や各断面の寸法などの結果を記した書類を指します。

鑑別書も鑑定書も、宝石の価値を証明する大切なものですが、捨ててしまったり失くしてしまったりする人も多いでしょう。

しかし、それらの書類がなくても査定対象としている業者は多いので、諦めずに宝石を買取に出してみましょう。

もちろん、もしお持ちの宝石に鑑別書または鑑定書があれば、必ず査定員に見せてください。

ノーブランド品

宝石にはそれ自体に価値があるので、ノーブランド品でも買取対象としている業者は多くあります。

ティファニーやカルティエといった有名ブランドのものでなくても、遠慮なく査定依頼しましょう。

ただしブランドものの宝石は、ブランドネームとして付加価値がつくため、ノーブランドものよりも高価買取が期待できます。

ノーブランドの宝石だと、宝石そのものの査定金額になることは念頭に置いておきましょう。

婚約・結婚指輪

様々な事情で「婚約指輪や結婚指輪を買取に出したい」という方もいることでしょう。

婚約指輪や結婚指輪の場合、内側にイニシャルやファーストネームが彫られている場合も多く、買取に出せるか不安ですよね。

しかし、業者は名前の刻印の有無よりも、指輪に使用されている宝石や貴金属部分に重きを置いて査定しますので、買取に出しても問題ないです。

名前が入っている指輪を査定に出すのは気恥ずかしいかと思いますが、遠慮なく査定してもらいましょう。

傷・欠け・ヒビ等がある

宝石に傷が入っていたり、欠けていたりすると「価値がなくなってしまったのでは」と不安に思う方も少なくないでしょう。

確かに、一切の汚れやくすみのない無傷の宝石は、高価買取されるケースが多いです。

かといって、小さなヒビやちょっとした傷がある程度で買取を断る業者は、ほとんどないでしょう。

ヒビや傷は少なからず買取価格に影響を及ぼすものの、余程の酷い欠損でない限り、宝石は買い取ってもらえる可能性が高いです。

また、千切れたネックレスや片方しかないピアスでも査定対象としている業者は多いので、遠慮なく問い合わせてみましょう。

外箱や保証書などの付属品がない

宝石を新品で購入した際には、恐らく化粧箱に梱包されており、保証書が付属していたはずです。

しかし、宝石の購入時から長い年月が経っていると、それらの付属品を紛失してしまう場合がほとんどかと思います。

ですが、前述の通り宝石そのものに価値があるため、外箱などの付属品がなくとも査定対象としている業者は多くあります。

保証書がない分、ある場合に比べると査定に時間がかかることが懸念されますが、宝石単体でも気軽に査定に出しても差し支えないでしょう。

宝石をできるだけ高く売るためのコツ

宝石の買取相場はいくら?高価買取が期待できる種類や売却方法まとめ

大切な人から贈られたり、長年愛用してきたりした宝石を手放すのですから、きっと身を切る思いでしょう。

せっかく宝石を売るのであれば、できる限り高い価格で買い取って欲しいものです。

以下で紹介する一工夫をすることで、お持ちの宝石を損せずに買い取ってもらえるかもしれません。

是非とも買取業者に問い合わせる前に一読し、実践しましょう。

出張買取サービスを利用する

出張買取とは、利用者宅へ買取業者の査定員が直接訪問して、その場で品物を査定してくれるサービスです。

宅配買取だと品物を梱包する手間が、持ち込み買取だと品物を店舗まで持ち運ぶ手間がかかりますが、出張買取ではそういった不便がありません。

パソコンかスマートフォンを使って業者に査定を申し込めるので、自宅にいながら査定依頼から買取までを完結させることができるのが最大の特徴となります。

利用者の行う作業としては、買取してもらいたい品物を用意しておいて、まとめて査定員に見せるだけです。

さらに、買取が成立したら、当日に現金で買取額を手渡ししてもらるので手軽です。

また、査定員が査定している途中に、品物を追加してもOKである点も嬉しいですね。


・売りたい宝石がたくさんあるので、まとめて買取店舗まで持っていくのは面倒

・宝石以外にも買い取って欲しい品物があり、査定内容によっては追加する可能性がある

・小さいアクセサリーを1つ1つ丁寧に梱包する時間がない


上記に1つでも当てはまる場合は、是非とも出張買取サービスを利用してみてください。

景気が良い時に売る

ダイヤモンドやルビーなどの一部宝石は、金や銀をはじめとする貴金属と同様に、多かれ少なかれ毎日為替が変動します。

特に戦争が勃発したり、オリンピックが開催されたりすると、世界情勢や景気が大きく変動するので、宝石の買取相場も大きく変動しやすいです。

そのため、宝石を買取に出すことを検討中であれば、日頃から小まめに為替を確認しておくことがおすすめです。

また、宝石は景気が良いときに買取に出すと高値がつきやすいでしょう。

簡単な手入れをしてから買取に出す

宝石を買取に出す前に、簡単で良いのでお手入れをしておきましょう。

いくら高級な宝石といえど、宝石と貴金属の台座の間に汚れが詰まっていたり、ホコリを被っていたりすると、査定員に低品質と見なされて買取額が下がりやすいです。

宝石本体・アクセサリー部分・化粧箱などは、柔らかい素材の乾いた布で優しく拭いて、見た目の美しさを取り戻しましょう。

宝石バナー
宝石バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

宝石の種類

買取対象品目