新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社査定員はマスク着用・手指消毒をはじめとして徹底した対策を実施しております。対策について
また、弊社コールセンターの営業を一部変更させて頂いております。お客様にはご不便をおかけしますが、ご容赦願います。「緊急事態宣言」発令における当社の対応について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

遺品整理を始める時期はいつ?最適なタイミングを知ろう

遺品整理を始める時期はいつ?最適なタイミングを知ろう
遺品整理を始める時期はいつ?最適なタイミングを知ろう

遺品整理を始める時期にルールはあるのでしょうか。

持ち家や賃貸など、故人の住居形態によっても、推奨したい遺品整理のタイミングが異なるのでそれぞれご紹介します。

遺品整理を始める時期に関してよくある疑問にお答えしつつ、遺品整理をする際の注意点をお伝えします。

これから遺品整理を行う方の参考としていただければ幸いです。

遺品整理を始める時期に正解はない

遺品整理を始める時期に正解はない

最初に結論を言ってしまうと、遺品整理の時期に正解はありません。

具体的にいつまでにしなければならないという決まりもないので、自分に合うタイミングで行うといいでしょう。

しかし、中には手続きが必要なものなどもありますので、それにさえ間に合うようにすれば大丈夫です。

「すぐに遺族で分配しなければならないもの」「手続きが必要なもの」「いつ済ませても問題ないもの」と、いくつかに分類するとスムーズに作業を進めていくことができるでしょう。

思い出の詰まったものなどは、後からゆっくり整理していくことで、故人を偲びながら遺品整理を行うことができるかと思います。

しかし、「遺品整理は好きなタイミングで始めて良い」とはいえ、目安となる時期が分からないと始めづらいという方もいることでしょう。

遺品整理を始める時期について、目安となりそうな事柄をいくつかご紹介します。

法要に合わせる

四十九日、百日法要、一周忌など「法事のタイミングに遺品整理を始める」という方も多いです。

葬儀やその他の手続きで手一杯な状況から少し落ち着き、さらに区切りも良いでしょう。

また、遺族で分配する遺産もあるかと思うので、遺品整理は1人では行えません。

法事のタイミングであれば、親族も集まっているので、皆で故人を想いながら遺品整理を行えますよね。

気持ちの整理がついてから

数人で遺品整理を行う場合、周りは気持ちの整理がついているとしても、自分はまだついていないということもあるでしょう。

気持ちが落ち着いてから整理を行うことで、また違う物の見方もできるかもしれないので、一息ついた後の遺品整理をおすすめします。

故人への想いが癒えるまで長い時間が必要となるかもしれませんが、他の遺族と相談しながら日程の調整をできると良いですね。

諸手続きはいつまでにやるべき?

諸手続きはいつまでにやるべき?

遺品整理になかなか手が付けづらい場合、その前に済ませておいた方が良い手続きがいくつかあります。

「手続きが終わってひと段落した後に遺品整理を始める」と決めておけば、目安になるかもしれません。

中には、故人が亡くなった後からの期限が短いものもあるので注意しましょう。

亡くなった後からの期限が短い順に、14日以内に必要な手続き関連の種類をご紹介します。

すみやかに行う

故人が亡くなった後からすみやかに行うことになっているのは、電気・ガス・水道の契約者名義変更や、健康保険証・年金等の手続き、クレジットカード類の契約関連の解約などがあります。

7日以内

亡くなった後から7日以内に行うことになっているのは、死亡届の提出と埋火葬許可証交付申請です。

どちらも本籍地、または死亡地、または届出人の住所地の市区町村役場で行います。

10日以内

亡くなった後から10日以内に、年金受給権者死亡届と加給年金額対象者不該当届を年金事務所に提出します。

14日以内

亡くなった後から14日以内に、世帯主変更届の提出と介護保険・老人医療受給者等の手続きを市区町村役場などで行います。

【戸建ての場合】遺品整理のタイミング

【戸建ての場合】遺品整理のタイミング

故人が持ち家(戸建て)に住んでいた場合の、遺品整理をするタイミングの例をご紹介します。

名義変更や売却する時期

故人の持ち家は相続後、名義変更する場合があるでしょう。

名義変更のタイミングで家は故人の物ではなくなるので、その時期に遺品整理を始めるのも良いでしょう。

また、家を売却するという場合は、もちろん家の中に荷物が一切無い状態にしなくてはいけません。

そのため、売却前に遺品整理が必要となります。

売却がすぐに決まったときのためにも、お早目に遺品整理に取り掛かれると良いですね。

【賃貸物件の場合】遺品整理のタイミング

【賃貸物件の場合】遺品整理のタイミング

故人が賃貸物件に住んでいた場合の、遺品整理をするタイミングの例をご紹介します。

故人が持ち家に住んでいた場合に比べて、賃貸物件に住んでいた場合の方が、遺品整理を始めるまでの期間が短い傾向にあります。

明け渡しや更新の時期

賃貸物件は持ち家と違って、契約解除しない限り家賃が発生してしまうため、早めに遺品整理をして物件を明け渡すようにしましょう。

賃貸契約を確認して、最短でいつまでに明け渡せば余計な費用がかからないかを把握しましょう。

参考までに、都営住宅・一般賃貸住宅それぞれの退去届提出日は、以下の通りに定められています。


・都営住宅…退去する日の14日前まで

・一般賃貸住宅…一般的には退去する日の1ヶ月前(賃貸の契約内容によって異なる)


期日に退去が間に合いそうにない場合は、1ヶ月余計に家賃を支払ってその間に遺品整理を進めていく必要があります。

中には大家さんや管理会社に相談することで、ある程度の猶予をもらえるケースもありますので、問い合わせてみましょう。

遺品整理を始める時期についてよくある疑問

遺品整理を始める時期はいつ?最適なタイミングを知ろう

遺品整理を始める時期は人それぞれと言われてしまうと「では、いつから取り掛かればいいのだろう…」と、迷ってしまいますよね。

遺品整理を始める時期についてよくある疑問にお答えしていきますので、始める時期を検討中の方は参考にしていただければと思います。

四十九日の前と後ではどちらがいい?

故人の命日を1日目として、49日後に重要な法要があります。

四十九日法要は、故人の来世の行先が決まる日であり、故人にとっても遺族にとっても大事な法要です。

遺品整理を始める時期は「四十九日の前と後ではどちらがいいのか」という疑問が浮かぶ方も多いようです。

答えとしてはどちらでも問題はありませんが、遺族の気持ちの整理が付き次第、早く取り掛かるに越したことはないでしょう。

期限付きの手続き等々もありますし、遺品整理をしない限り、故人が契約していたものを全て把握しきれません。

解約漏れが起きてしまうかもしれないので、四十九日よりも前に遺品整理を試みたいところです。

葬儀や告別式直後にしてもいい?

「葬儀や告別式直後など、早々に遺品整理を始めてもいいものなのだろうか」と、お悩みの方もいらっしゃるようです。

答えとしては、問題ありません。

亡くなった方は、何も持っていくことができません。

そのため、遺族たちが役目を終えた遺品を整理してあげることで、故人も安心して成仏への準備ができるのではないでしょうか。

遺品整理と相続税は関係あるの?

相続税を支払うのは、故人が亡くなってから10ヶ月以内と期限が決められており、これを過ぎると余計に税金を支払わなくてはなりません。

しかし、これは財産となる遺産が遺されていた場合に限ります。

写真や日記など、一般的には価値がなく、お金にならないようなものは対象になりません。

土地・車・現金など、税金がかかるものだけは早めに整理して、他のものはゆっくりと作業を進めるという方法でも構わないでしょう。

遺品整理を業者に依頼するのはあり?

遺品整理を業者に依頼するのも1つの手です。

遺品整理のときに集まれる遺族が少なかったり、自分が代表的に進めるとなると、心身ともに疲労は出てくるでしょう。

中には断捨離が苦手な方もいらっしゃるので、そういった場合は、業者に依頼したほうが安心できるのではないでしょうか。

また経験豊富な業者であれば、形見になるようなものや価値があるものについて誤って処分してしまうこともないでしょう。

素人には見抜けないような物の価値を見抜く等、プロの目線で遺品整理を進めてくれます。

遺品整理をする際の注意点

遺品整理を始める時期はいつ?最適なタイミングを知ろう

何も知識のないまま遺品整理をすると、損をしてしまったり、後から慌ててしまうことになるかもしれません。

以下にご紹介する基本の注意点を押さえてから、遺品整理を始めましょう。

遺言書の有無を確認する

遺品整理時には、遺言書の有無を確認することが大事です。

なぜなら、遺産分割後に遺言書が見つかった場合、遺産分割のやり直しが必要となることがあるからです。

後から見つかった遺言書に、新たな人物名や、相続人の廃除などが記載されている可能性もゼロではありません。

その場合は、遺言書の内容が優先されるため、改めて遺産分割をやり直さなくてはいけなくなります。

遺族の手間や心労を考えると、遺産分割より前に遺言書の有無を確認しておく必要があります。

親族全員で行う

遺品整理は親族全員で行うようにしましょう。

遺品整理を1人で行うと、後から遺品や遺産の配分について、親族間でのトラブルに繋がるかもしれません。

どうしても親族が全員集まれないという場合は、綿密に連絡をとり、自分の判断に任せず相談しながら遺品整理を進めましょう。

業者に依頼する際は相見積もりを取る

業者に依頼する際は、複数箇所から見積もりをもらい、価格を比較しておきましょう。

相見積もりを取れば、大体の費用相場は分かりますし、その中から最も安いところに依頼することができます。

「こんなときに安さのことなんて…」と思うかもしれませんが、故人を亡くした際には葬儀や告別式などで出費がかさんでしまうので、費用面は深刻な問題です。

抑えられるところは抑えて、スムーズに遺品整理を進めていきましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目