24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

遺品整理のおすすめの時期とは?最適なタイミングはある?

遺品整理のおすすめの時期とは?最適なタイミングはある?
遺品整理のおすすめの時期とは?

家族や親族、大切な人が亡くなったあとには遺品整理をしなければなりません。

亡くなった方のためにも、また遺族のためにも大切な遺品整理。

いつから始めればいいのか、その時期について考えてみましょう。

なかなか手がつけられない、早すぎるのは故人に失礼かも…とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

遺品整理に正しい時期はない

遺品整理に正しい時期はない

最初に結論を言ってしまうと、遺品整理の時期には、明確な正解はありません。

具体的にいつまでにしなければならないという決まりもないので、自分にぴったりのタイミングで行うといいでしょう。

しかし、中には手続きが必要なものなどもありますので、それにさえ間に合うようにすれば大丈夫です。

すぐに遺族で分配しなければならないもの、手続きが必要なもの、いつ済ませてもいいものと、いくつかに分類するとスムーズに自分のペースで作業を進めていくことができるでしょう。

思い出の詰まったものなどはあとからゆっくり整理していくことで、故人を偲びながら遺品整理を行うことができますよ。

遺品整理におすすめの時期は?

遺品整理士のおすすめの時期は?

遺品整理の時期に正解はないと言えども、いつまでも放置しているわけにはいきませんよね。

放置することで家の状態も悪くなり、ほこり、害虫などが発生すると余計に手間がかかってしまいます。

どれくらいのタイミングで遺品整理に取り掛かるのがいいのか、一般的な目安をご紹介いたします。

こちらもかならずこの時期に行う必要はないので、自分のタイミングを見つけてみてくださいね。

法事のタイミング

四十九日、百日法要、一周忌など、法事のタイミングに遺品整理を始めるという方が多いです。

葬儀やその他の手続きでいっぱいいっぱいな状況から少し落ち着き、さらに区切りもよく、親族が集まるタイミングで、故人を思いながら遺品整理を行うようです。

遺品整理で大切なことは、一人きりで行わないこと。

中には遺族で分配しなければならない遺産もあるので、勝手に処分したり自分のものとして使うことであとからトラブルになる可能性もあります。

親族でよく相談しながら遺品整理を進めていくようにしましょう。

賃貸の更新時期

故人が賃貸物件に住んでいた場合は、一周忌など余裕のあることを言っていられません。

その間にも家賃が発生してしまうので、早めに遺品整理をして物件を明け渡すようにしましょう。

この場合、大家さんや管理会社に相談することである程度の猶予をもらえるケースもあります。

まずは賃貸契約を確認して、最短でいつまでに明け渡せば余計な費用がかからないか確認しましょう。

間に合いそうにないという場合は猶予をもらったり、一ヶ月余計に家賃を支払ってその間に遺品整理を進めていく必要があります。

親族とも相談して、できるだけ早めに集まれるようにしておきましょう。

諸手続きのあと

死亡届や賃貸の手続き、廃車手続き、遺産相続など、人が亡くなると様々な手続きが必要になります。

することが多くてぐったりしてしまうという方も少なくありませんが、その勢いのままに遺品整理を済ませてしまうのもおすすめです。

放っておくとつい億劫になってしまい、あとからトラブルが起きてしまうことも。

できるだけ早く済ませて、あとはゆっくりと故人を偲ぶ時間を作るようにするというのもおすすめの方法です。

相続税にも注意

遺品整理の際には、相続税にも注意しなければなりません。

相続税を支払うのは死亡してから10ヶ月以内と期限が決められており、これをすぎると余計に税金を支払わなくてはなりません。

あまりにゆっくりと遺品整理をしていると間に合わなくなってしまいますので、注意しましょう。

しかしこれは財産となる遺産が遺されていた場合に限ります。

写真や日記など、一般的には価値がなく、お金にならないようなものは対象になりません。

土地、車、現金など、税金がかかるものだけは早めに整理して、他のものはゆっくりと作業を進めるという方法でも構わないでしょう。

遺品整理が間に合わない時は業者に相談

遺品整理が間に合わない時は業者に相談

賃貸契約の問題や税金の問題などでどうしても作業が間に合わないという場合は、遺品整理業者を利用するのもおすすめです。

素人だと数日かかってしまう作業でも、経験豊富な遺品整理業者に手伝ってもらうことで短時間で済ませることが可能です。

料金はかかってしまいますが、きちんとした知識のもと正しい処理方法、手続き方法などを教えてもらうことができたり、面倒なこと、力仕事を代行してくれるので、高齢者や忙しい方にはぴったりのサービスと言えるでしょう。

遺品整理業者を利用する上での注意点をいくつかご紹介いたします。

早めに相談しよう

遺品整理を済ませなければならない期間が決まっているという場合は、早めに業者を見つけて相談するようにしましょう。

その時期に予約がとれなかったり、期限までに間に合わなかったりするとせっかく料金を支払ったのも無駄になってしまいます。

期限が間近に迫っている場合は、最初から遺品整理業者を利用するつもりでいた方がいいでしょう。

故人の遺志を尊重しよう

遺言書などがある場合は、故人の遺志を尊重した遺品整理を進めるようにしましょう。

遺品整理業者は客観的に不要なもの、必要なものを判断して処分してくれます。

第三者から見ると不要なものでも、故人にとっては思い入れのあるもの、遺族に使ってほしいものもあるかもしれません。

このようなものがある場合は事前に遺品整理業者に伝えておき、処分してしまわないようにしましょう。

悪徳業者に注意しよう

遺品整理業者は近年ニーズが高まってきており、それにともなって業者の数も増えています。

中には悪徳な業者もありますので、焦ってこのような業者に騙されないようにしましょう。

「この時期は高い」「この日にちは高い」などとそれらしい理由をつけて高額な料金を請求してくる業者もいます。

本当に適切な料金なのか、他の業者の見積りと比較してみることも大切です。

遺品整理の時期は自分の気持ち次第

遺品整理の時期は自分の気持ち次第

遺品整理の時期についてご紹介いたしました。

基本的には自分のペースで進めていい遺品整理ですが、期限がある場合は注意が必要です。

場合によっては遺品整理業者なども利用して、スムーズに作業を進められるように準備していきましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

TVCM特設ページへ