ただいま、台風19号の影響によりコールセンターの営業を一部変更させて頂いております。お問合せの対応につきましてご不便をおかけする場合がございますが、なにとぞご容赦願います。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

遺品整理を自分で行うことのメリットとデメリットを確認

遺品整理を自分で行うことのメリットとデメリットを確認
遺品整理を自分で行うことのメリットとは??

遺品整理は業者に依頼するという方も増えてきていますが、自分で行うことも不可能ではありません。

遺品整理を自分で行うことのメリット、デメリットを確認して、自分で最後まで賄うことができるか考えてみましょう。

さらに自分で遺品整理を行うための方法についてもご紹介いたします。

遺品整理を自分で行うメリット

遺品整理を自分で行うメリット

まずは遺品整理を自分で行うことのメリットについて確認していきましょう。

費用を安く抑えられる

遺品整理を自分で行うことの最大のメリットは、費用を安く抑えることができるという点です。

遺品整理業者に依頼すると、20万円以上もかかるケースもあります。

葬儀や相続税などで出費が大きい時期にこのような大金を支払うのは現実的に厳しいという方も多いですよね。

少しでも節約したいという方は、遺品整理を自分で行うことをおすすめします。

故人との思い出を噛みしめられる

遺品整理業者に作業を依頼してしまうと、事務的に作業が行われてあっという間に遺品整理が終わってしまいます。

自分で遺品整理を行うことで、故人との思い出を噛みしめながら作業を進めることができます。

故人が大切にしていたもの、考えていたことを知りながら、ゆっくりとした時間を過ごすことができるでしょう。

とくに家族など、大切な人が亡くなった場合にはこのように自分で遺品整理を行うこともおすすめです。

計画的に進めることができる

自分で遺品整理をすることで、計画的に作業を進めることができます。

遺品整理業者に依頼することでバタバタしてしまったり、付き添いのために仕事を休まなければならないという心配もありません。

仕事を抜けることができない、作業できる時間が限られているというような場合は、自分で遺品整理を行うことも検討してみましょう。

遺品整理を自分で行うデメリット

遺品整理を自分で行うデメリット

遺品整理を自分で行うのは、メリットだけではありません。

デメリットもきちんと把握した上で自分で行うかどうかを考えていきましょう。

時間がかかる

遺品整理を自分で行うと時間がかかってしまいます。

何日もかかることもあり、休みがすべて遺品整理の時間になってしまうということも。

故人と離れて暮らしていた場合は、何往復もしなければならずその分の時間や移動費もかさんでしまいます。

遺品整理業者に依頼すれば一日で作業が完了することもありますので、早く済ませたい、賃貸契約が切れる前に済ませたいという方には遺品整理業者を利用するほうがおすすめです。

現実的に不可能な場合も

遺品整理はこまごまとした遺品だけでなく、大型の家電や家具も持ち出す必要があります。

また、ごみを何度もまとめてゴミ捨て場に持っていくのも大変体力が必要な作業です。

高齢者や女性の場合は、現実的にこのようなことを行うのは不可能です。

遺品整理業者を利用することで、適切な方法で不用品を適切な場所に持ち出してくれますよ。

不用品回収業者などを利用するのもおすすめですが、遺品整理を手伝って欲しいという場合はやはり専門の業者を利用したほうがいいでしょう。

精神的な負担が大きい

遺品整理を自分で行うと故人との思い出を感じすぎてつらいという方もいます。

客観的な判断ができずなかなか荷物を捨てられない、遺品整理が進まないという場合もあるでしょう。

故人が大切にしていたものをごみとして処分するのは精神的につらいということもあり、精神的な負担も大きくなってしまいます。

遺品整理業者に依頼することで、このような精神的負担を軽減することも可能です。

遺品整理を自分で行う方法

遺品整理を自分で行う方法

遺品整理を自分で行う方法について、簡単にご紹介します。

スケジュールを決める

まずはスケジュールをきちんと決めていきましょう。

遺産として親族で分割しなければならないものから手を付け、大型家具や大型家電などは最後にまとめて処分するのがおすすめです。

また、故人が賃貸物件に住んでいた場合は賃貸契約を確認しましょう。

次の家賃を支払う前にすべて終わらせるのか、それが無理ならいつまでに作業を終わらせるのかを考えておいてください。

計画をきちんと立てることで、いつまでも後回しにしてしまうという問題を避けることができます。

遺品を分類していく

遺品整理のスケジュールを決めたら、次に遺品を分類していきましょう。

ごみとして処分するのか、親族で形見分けをするのか、専門の業者やリサイクルショップに買い取ってもらって現金にするのかなどなど…。

また、捨てられない写真、日記などを保管しておくことも大切です。

処分するものは再利用できるのか、ごみとして処分するかどうかも考えなければなりません。

なかなか作業が進まないという場合は、まずこのように「遺産」「思い出の品」「再利用できるもの」「不用品」に分類するだけでも作業が進めやすくなりますよ。

処分方法を確認する

ごみとして処分する際は、処分方法をきちんと確認する必要があります。

自治体などに連絡して処分する必要があるのか、地域のごみ捨ての曜日に合わせて出す必要があるのかなどなど。

処分方法を間違えるとあとから近隣のトラブルになり、気持ちのいい遺品整理ができなくなってしまいます。

遺産相続について考えておく

資産価値のあるものは、勝手に処分することでトラブルになってしまう可能性があります。

相続できるものは捨てずにとっておき、親族と話し合った結果どう処理するのかを考えるようにしましょう。

遺産は、そのアイテムを親族で分け合ってあとは自由に使うという方法と、すべて買い取ってもらってから現金を親族で分け合う方法があります。

よく話し合って、どのような選択が最適かを選んでください。

遺品整理を自分で行うことも考えてみよう!

遺品整理を自分で行うことも考えてみよう!

遺品整理を自分で行う方法についてご紹介いたしました。

事前に遺品整理を自分で行うことのメリット、デメリットを把握して、自分には向いているのかどうかを判断するようにしましょう。

遺品整理業者を利用するお金がないという方は、このように自分で行う必要があります。

どうしても持ち運べないものを処分したい、処理方法がわからないものがある、部屋の清掃をお願いしたいというときにのみ遺品整理業者を利用することで、料金を安く抑えることもできます。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

TVCM特設ページへ